酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖光圀〗大洗磯前神社の御朱印と荒波の中に立つ「神磯の鳥居」

今回は大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)の御朱印をご紹介します。荒波の中に立つ「神磯の鳥居」が有名な神社で、茨城を代表する初日の出スポットとなっています。境内には水戸光圀が造営を命じた社殿が遺されており、江戸初期の建築様式を現在に伝えています。

様々な魅力を持つ大洗

大洗は太平洋に面した茨城県の海岸線のほぼ中央に位置しており、北海道の苫小牧と定期フェリーで結ばれた交通の要衝であるだけでなく、海にまつわる様々な施設を有する県内でも屈指の観光地でもあります。

アンコウ料理

大洗や那珂湊で水揚げされた新鮮な魚介類を使った料理を提供する店が神社周辺に数多くあり、その中でも特にアンコウ料理が名物となっています。

鹿島臨海鉄道

アクセスとしては水戸から鹿島臨海鉄道を利用することになります。2両編成・ディーゼル・単線・ワンマン運転という典型的なローカル鉄道で、水戸を出るとすぐに車窓は一面の田園風景となり、旅をしているという気分を心底味わうことができます。(本数が少ないので要注意)

神社までは周辺の観光地を巡る循環バスや茨城交通バスの路線があるようですが、本数が少ないので50分ほどかけて歩きました。

大洗磯前神社の由緒

伝説によれば平安時代の856年に大洗の海岸に大己貴命と少彦名命が降臨したとされており、このうちの大己貴命を祀ったことが神社の起源とされています。

室町時代に戦乱により境内が荒廃しますが、水戸藩2代目藩主の徳川光圀により1690年に再び造営が開始され、3代藩主の綱篠の代に現在の本殿・拝殿・随神門が完成しました。

大洗磯前神社の御朱印

御朱印所

御朱印所

御朱印は隋神門を入って右手の社務所でいただけます。

初穂料500円

御朱印

御朱印

海岸に打ち寄せる荒波を思わせる豪快な書体の御朱印です。

クリアファイル

A5サイズのクリアファイルも併せて頂きました。

究極の縁起物。龍の胴体部分を一筆で描いた一筆龍の「額縁御守」。必見です。

荒波の中に立つ「神磯の鳥居」

大洗海岸

大洗磯前神社は太平洋に面した岬の丘上に鎮座しており、すぐ前が大洗海岸となっています。

神磯の鳥居

海岸の岩の上に立つ鳥居は「神磯の鳥居」と呼ばれており、ここが大己貴命と少彦名命が降臨した場所とされています。

荒波の中に鳥居という光景

海の中の鳥居というのは鹿島神宮や厳島神社などあちこちで見ることができますが、荒波の中に鳥居という光景というのはなかなか珍しいものではないかと思います。

神磯の鳥居は県内でも屈指の初日の出スポットとされ、当日は大洗駅から「初日の出バス」が運行され、また宮司以下の神職は神磯に下りて太平洋に昇る初日の出を奉拝します。

水戸光圀が整備した大洗磯前神社の境内

一の鳥居

一の鳥居

サンビーチ通りと大洗海岸通りの交差点に建てられており、かつてはここから先が神社の境内でした。鉄筋コンクリート造で高さ15.60m、笠木の長さ22.42mという誠に堂々たるもので、昭和38年の竣工です。

二の鳥居

二の鳥居

石段

長くて急な石段

二の鳥居をくぐると愛宕神社の「出世の石段」を思わせる長くて急な石段が待ち構えています。

大洗磯前神社は人気アニメ「ガールズ&パンツァー」劇場版の舞台となっており、神社から大洗シーサイドホテルへ向かってこの石段を戦車が駆け下りるシーンが描かれています。そのためこちらはファンにとっての聖地巡礼の舞台となっているようです。

隋神門

隋神門

拝殿

拝殿

拝殿

徳川光圀が1690年に造営を命じ1730年に竣工した建物で江戸初期の建築様式を現代に伝えています。

眠り猫を思わせる彫刻

日光東照宮の「眠り猫」を思わせる彫刻が施されています。造営時期が同じであったということで、何かと影響される部分があったようです。

本殿

本殿

ガマガエル

ガマガエル

参拝者が無事帰れるようにと奉納されたそうです。

究極の縁起物。龍の胴体部分を一筆で描いた一筆龍の「額縁御守」。必見です。

境内社

大杉神社・水神社・八幡宮

境内社

大神宮・静神社・水天宮

境内社

究極の縁起物。一筆龍の「額縁御守」はギフト・お祝いに最適。まずはコチラから

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見て頂きますと写真がよくわかります。

 「参考になった」という方ははてブのところをポチっとして頂きますと幸いです。