酒とうどんと御朱印の日々

今冬は大暖冬の予感がします。第6波が来る前に各地の神社や寺院を巡りませんか?

〖讃岐うどん〗「これぞセルフ」なかむらのかけうどんは感動的美味さだった(動画あり)

「なかむら」は「客が裏の畑へ行って自分でネギを抜いて刻む店」という伝説的なうどん店です。讃岐うどんブームで客が押し寄せるようになった現在でも、受け取った麺を客が自分でテボを使って温める「これぞセルフ」というような仕組みが残っています。しなやかなコシのある麺とイリコの味と香りが効いただし、サクサクした天ぷらの組み合わせは感動的でした。

客が自分でネギを抜いて刻む店

現在の讃岐うどんでは「はなまるうどん」や「丸亀製麺」のようにカウンターの最初で注文し、天ぷらやおでん、いなり等を取りながら進むとその先で完成されたうどんが出てくるというタイプが主流で、これが「セルフ」と呼ばれています。

しかし私が高松に住んでいた1995年~1996年頃は、「セルフ」といえば麺を茹でることと冷水で締めること以外のほとんどを自分でやらなければならない店のことを指しており、そのため客は渡されたうどん玉をテボに入れ、自分で湯煎して温める必要がありました。

ここで「最も極端な場合、裏の畑に行って自分でネギを抜いて刻むという店もあったといいます。」と何度も書いてきましたが、その店こそ今回紹介する「なかむら」です。

「恐るべきさぬきうどん」の編集者も驚いた

四国新聞によればなかむらの創業は1972年12月で、「店の人間がとやかく言わず、客が自分で食べたいように食べる」をモットーにしていたといいます。店のHPにも「ネギを入れたいお客さんは、となりの畑で必要な量だけとってきてご自分で包丁で刻んでトッピングしていましたし、卵に至っては、となりの鶏舎からご自分でとってきてパかっとと割って召し上がっていたほどです。」と書かれています。

「恐るべきさぬきうどん」第一巻

なかむらは1993年に初版が発行された讃岐うどんの伝説的ガイドブック「恐るべきさぬきうどん」第1巻で紹介されており、そこには「中村は、我々の期待をはるかに上回った。のれんをくぐるとウワサに聞いた通り、目の前の台にマナ板があり、そこにネギと包丁が置いてある。我々が到着したのが1時半頃(だいぶロスした)。おそらくラッシュも終わった後で、客は我々だけであったが、前の客がきざんで余したネギが残っていた。もちろん、残っていなければ自分できざむのだ」(この当時は「中村うどん」と表記していた)と紹介されています。

その余りにもマニアックなスタイルが様々な媒体で紹介され、現在では遠方から客が押し寄せるような店となっています。

「これぞセルフ」という仕組

讃岐冨士の名で知られる飯野山

なかむらは「讃岐冨士」の名前で知られる飯野山の麓で、ブラタモリで「水がほとんど流れていない一級河川」と紹介されていた土器川沿いにあります。ここまで讃岐冨士が綺麗に見える場所を私は他に知りません。

こちらは「恐るべきさぬきうどん」の編集者が何度も迷ったり行きすぎたりしてようやくたどり着いた場所ですが、現代ではナビを利用してスムーズに来ることができます。かつて川沿いの道から店につながる10mの道は「まるで『来るな』と言わんばかりのシビアな道幅」だったといいますが、現在ではすんなり入れるようになり、駐車場も広々としています。平日の開店直後だったこともありまだまだ空いていました。

小屋にしか見えない店舗

彼らが納屋と間違えた建物は今でも怪しさいっぱいで、綺麗になったとはいうもののそれでも小屋にしか見えません。1960年代に初代店主がこの辺りで養鶏を営んでいたこともあって、あの小屋は昔「鶏小屋だった」という話がマニアの間で伝わっていますが、もともとは鶏のエサや道具を入れる倉庫だったそうです。

店頭に張り出されたメニュー

なかむらのメニューです。

店の裏のネギ畑

店の裏の畑です。以前はこちらでネギを抜いたのでしょうか。

薬味を入れた容器

こちらでだしをかけ、薬味を加えます。各地から客が殺到したせいなのか、現在では自分でネギを刻まなくても良くなりました。それでも受け取った麺を客が自分でテボを使って温める、「これぞセルフ」とでもいうような仕組みはしっかりと残っています。

なかむらの食事スペース

昔はその辺で適当に座って食べていたようですが、現在は屋根の下で食べることができます。

www.youtube.com

店に入って注文し、うどんを受け取って自分で温め、会計を済ませて薬味とだしを加えてから席に着くまでの動画です。本来のセルフがどのようなものかわかって頂けると思います。

感動的な美味さだった

なかむらのかけうどん(小)

かけうどん(小)です。

かけうどんとちくわの天ぷら

ちくわの天ぷらもとりました。

麺はさぬきうどんにしては細めで、モチモチツルツルとしており、柔らかな食感である一方でノビもあってしなやかなコシがあります。さかむらのうどんはよく「グミのよう」と言われますが、それよりもはるかに上品です。

だしはイリコの味と香りがプンプンしており、優しい細麺とよく合っていました。ちくわの天ぷらもサクサクしていて最高の味です。

最高の麺、だし、天ぷらが組み合わされ、全体として感動的な美味さでした。今回の旅では2日間で10店舗巡りましたが、なかむらはその中でもっとも印象に残っています。宮川製麺所に続いてこの日2件目。次はブラタモリにも登場した山ともに向かいます。 

〖讃岐うどん〗ブラタモリに登場した山ともの「ひやあつ」はぷるんぷるんとしていた - 酒とうどんと御朱印の日々

〖讃岐うどん〗宮川製麺所のうどんは「昔ながらのうどん」だった - 酒とうどんと御朱印の日々

なかむら

香川県丸亀市西坂元1373-3

営業時間

9:00~14:00

定休日 火曜

広告【2021年おとりよせ大賞・ごはんのお供部門】入賞『ニシダやの定番お漬物セットF』

看板商品のおらがむら漬と、京都らしさが大変人気のゆず大根、

昆布の旨みをまとったハリハリ大根漬、

ゴマの香ばしさが効いたご飯がすすむごましそ漬、

ご試食購入率?1のきくらげのつくだ煮、

大根の薄切りを梅肉と梅酢に漬けた、

彩り豊かな梅ふぶきを詰め合わせたニシダやの1番人気のセット商品となっております。

お歳暮や、御年賀にも大変おすすめでございます!

『ニシダやの定番お漬物セットF』はこちらから

★スマホでご覧の方はPCでも見て頂きますと写真がよくわかります。

「参考になった」と思われたらはてブの所をポチっとして頂きますと幸いです

◆四国にはサンライズ瀬戸の琴平延長運転で行った

www.goshuinbukuro.com

◆前回の旅での食べ歩き

www.goshuinbukuro.com

◆今回印象深かった店

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com