御朱印とうどんを極めたい!!

乃木坂46のライブ映像を見ながらウイスキーを飲む時間が至福です。

〖注意〗難波には「松屋」という名のうどん店が2軒ある

難波には「松屋」を名乗るうどん屋が2軒あり、なんば南海通の松屋できつねうどんを食べました。関西風の出汁に柔らかな麺、甘く煮込まれた揚げとイメージ通りのきつねうどんでした。

大阪は「松屋」が多い

大阪では「松屋」と名乗る店が多いように思います。

言わずと知れた牛丼の松屋はもちろん展開しており、大阪府内に168店あります。また関西を中心に肉料理の店をチェーン展開する松屋グループというものがあり、肉匠松屋・大阪焼肉松屋・黒毛和牛焼肉松屋といった店が属しているようです。

うどんに関しても「松屋」を名乗る店が難波にあってけっこうな人気店であることはすぐに気が付きましたが、まさか難波に「松屋」といううどん屋が2店あったとは東京に帰ってきてから知りました。私が食べに行った「松屋」とは違う「松屋」が比較的近くにあったのです。ひょっとするとYouTube動画で事前に見ていたのはもう一つの松屋だったのかもしれません。

ネットで検索すると、「松屋‐難波(南海)/うどん‐食べログ」が二つ並んで登場しますが、単に同じ店がダブっているのだとばかり思っていました。これが全く別々の店だなんて、東京モンの私にはわかりません。

「なんば南海通」にある松屋

松屋は「なんば南海通」にある店となんばグランド花月の南の難波千日前にある店の二つがあり、どちらも「早朝」「激安」「出汁」を売りにしています。

なんば南海通の入口

私が訪れたのはなんば南海通にある松屋で、朝食をとることが目的でした。

土曜日の早朝のなんば南海通

難波駅前からミナミのど真ん中を貫くアーケード商店街である「なんば南海通」ではありますが、土曜日の朝7時過ぎということでほとんどの店が閉まったままです。まだ人通りは少なく周辺は閑散としていました。こういう状況だと懸垂幕のド派手さが逆に引き立ちます。

大阪のうどん

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

赤い看板と提灯が目印

松屋の外観

土曜日の早朝に開いている店はやはり目立ちます。赤地に白抜きで「松屋」と書かれた看板に赤ちょうちんと、全体的に赤が基調となっています。ちなみに難波のもう一つの松屋の看板は青がアクセントとなっています。

松屋のメニュー

こうしてみると激安で有名な「なんばうどん」より更に安くなっています。うどんやそばもさることながら、天丼・カツ丼・親子丼といった丼物とのセットメニューが人気の店であるようです。

店内の様子

店内はカウンター席・テーブル席に加えて立ち食いのスペースもありました。

出汁のタンク

出汁はセルフサービスです。

イメージ通りの関西のきつねうどんだった

松屋のきつねうどん

こちらで注文したのはきつねうどんで、細かな海苔が多めにふりかけられています。関西風の出汁と海苔の取り合わせがいい感じでした。

松屋の麺

麺はふんわりとした柔らかさに加えてねっとり感もあり、口当たりの良さが感じられます。揚げもしっかりと甘く煮込まれており、まさにイメージ通りの関西のきつねうどんだったと思います。

「わなか」の外観

松屋からなんば南海通を5分くらい進むとたこ焼きの超人気店である「わなか」があります。

「わなか」のたこ焼き

「飲み物か!」と思うほどトロトロのたこ焼きを味わうことができますので、併せて訪れてみては如何でしょうか。

松屋について

主なメニュー

かけうどん          240円

はいからうどん   250円

きつねうどん       310円

肉うどん              440円

油かすうどん       490円

地図

店舗概要

大阪府大阪市中央区難波3-1-17

営業時間 6:30~22:30

このブログのイチオシ記事

www.goshuinbukuro.com

「評価に値する」と思われたらワンクリックお願いします。読者登録とブックマークを頂けるともっと嬉しいです。