酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖神保町〗丸香の行列とこれまで食べてきたどのうどんとも違った味

今回は神保町の丸香をご紹介します。いつも行列ができる超人気店で、東京に居ながらにして本格的な讃岐うどんを味わうことができます。異次元の麺と出汁が一体化し、これまで食べてきたどのうどんとも違った味でした。

いつも行列ができる超人気店

丸香は東京のうどん好きの間では知らない者がいないほどの超人気店で、神保町の靖国通りから一本裏通りに入った店の前にはいつも長蛇の列ができています。

丸香高松出身の店主は大学進学に伴って上京してそのまま就職しますが、当時の東京には香川で食べていたようなまともなうどん屋がなかったことから一念発起して一旦香川に戻り、「釜玉」発祥の店として知られる「山越」で修業して平成15年に丸香を開店しました。

現在では香川にも存在し得ない特殊な讃岐うどん屋とまで評価されるようになり、ミシュランガイド東京においてうどん屋として初めてビブグルマンを取得したことでも知られています。

丸香を誕生させた東京のうどんの不味さ

私は平成7年8月から平成9年2月まで期限付きの出向で四国に行っておりましたが、その内で最初の半年間は高松に住んでいました。

すっかりうどん好きになって帰ってきて東京のうどんの不味さを思い知るのですが、丸香の店主が東京でサラリーマンをしていたのもこの時期ではないかと思います。はなまるうどんが東京に進出する平成14年まで東京のうどんは恐ろしくレベルが低かったのです。

そのことがきっかけとなって丸香が誕生し、同時にはなまるうどんや丸亀製麺が大量出店することにより東京のうどん屋は急速にレベルアップしました。

お中元、お歳暮、自分へのご褒美につるわの「THE讃岐うどんセット」 かけ、ぶっかけ、釜玉、色んな讃岐うどんを自宅で楽しんでいただきます。

これまで食べてきたどのうどんとも違った味

丸香の行列お昼時を外していたにもかかわらずやはり行列ができています。しかし客の回転が速いので20分ほどで店内に入ることができました。

かけうどん超定番のかけうどんです。(ドンブリの奥にかしわ天が隠れている)イリコが効いた出汁は確かに讃岐風ですが、はなまるうどんや丸亀製麺のものとは全く違う優しい味わいでした。大阪道頓堀の今井、大手町の二〇加屋長介と並ぶ出汁の美味さだと思います。

麺は全体的には柔らかでありながらモチモチとした弾力があり、表面がツルツルというよりもしっとりとしています。これまで食べてきたどのうどんとも違った食感で、出汁とよく絡んでいました。

麺も出汁も異次元で東京最強のうどん

丸香は麺も出汁も異次元で、その二つが一体化することにより極上の味わいとなっていました。当ブログでうどんを取り上げるようになってから数多くの店で食べてきましたが、私の知る限りでは東京で最強のうどんだと思います。

味覚のレベルを維持するためにも丸香のような店にたまに入っておくことは大切であると思いました。

うどん 丸香

営業時間11:00~16:00 17:30~19:30【平日】

11:00~14:30【土】※うどん玉が無くなり次第、閉店

定休日:日・祝・振替休日

熟練の職人が丁寧に生地を練り上げ、一晩寝かせて熟成させました。創業から28年、うどん県香川で可愛がられ鍛えられた「手打ちうどん つるわ」の公式サイトはこちら

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆出汁の美味さが際立っていた両店

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com