酒とうどんと御朱印の日々

うどんを食べて感動するという経験をしたい方は、サンライズ瀬戸に乗って香川に行きましょう

〖風鈴市〗川崎大師の4箇所で頂いた4種類の御朱印と厄除けのご利益

川崎大師として有名な平間寺で御朱印は境内の4箇所で計4種類いただくことができます。厄除けのご利益でも有名な寺院で、風鈴市には多くのファンが訪れます。名物のくず餅はこちらでは久寿餅と書きます。

御朱印は4種類、御朱印帳は7種類頂ける

川崎大師の御朱印マップ

川崎大師の御朱印は大本堂、不動堂、薬師殿、自動車交通安全祈祷殿の4か所で頂けます。

自動車安全運転祈祷殿の案内図

その中で自動車交通安全祈祷殿のみ少し離れた場所にあります。

大本堂

御朱印所

御朱印所の護持志納受付所

大本堂の御朱印所は護持志納受付所で受け付けています。

受付時間 6:00~17:30

志納金300円

御朱印帳

川崎大師の7種類の御朱印帳

川崎大師の御朱印帳は全部で7種類あります。全て小型サイズで、紙質は良好です。

価格1000円~1300円

御朱印

川崎大師大本堂の芸術的御朱印

芸術的書体の御朱印です。コロナ禍でも直書きで頂けるのは愛好者にとってありがたい限りで、風鈴市開催中は各御朱印所で「風鈴市参拝記念」の印を押してもらえます。

不動堂

御朱印所

不動堂の御朱印所

不動堂の御朱印はお堂向かって左手で頂けます

受付時間 9:00~16:00

志納金300円

御朱印

不動堂の御朱印

薬師殿

御朱印所

薬師殿の御朱印は堂内で頂けます
受付時間 9:00~16:00

志納金300円

御朱印

薬師殿の御朱印

自動車交通安全祈祷殿

御朱印所

御朱印は敷地内にある建物の受付で扱っています。

受付時間 9:00~16:00

志納金300円

御朱印

自動車運転祈祷殿の御朱印

過去に頂いた御朱印

全て平成28年7月6日付です。

大本堂

川崎大師大本堂の平成28年7月6日付御朱印

不動堂

川崎大師不動堂の平成28年7月6日付御朱印

薬師堂

川崎大師薬師堂の平成28年7月6日付御朱印

自動車安全運転祈祷殿

川崎大師自動車安全運転祈祷殿

国内旅行にJAL(日本航空)で行くお得な個人向けパッケージツアー

歴史と厄除けのご利益

川崎大師の創建は1128年です。川崎で漁師をしていた平間兼垂が海中で網にかかった弘法大師像を発見してそれを供養していましたが、旅の途中に訪れた高野山の尊賢上人が兼乗と力をあわせ大師像を祀る平間寺を建立しました。

江戸時代には徳川11代将軍の徳川家斉が厄除けに川崎大師を参拝したのですが、その前日に住職が亡くなるという突発事態に直面しました。急遽代役を立てて厄除け祈願は無事執り行われましたが、将軍の厄を住職が身代わりになって引き受けたという噂が庶民の間に拡がり、それ以降多くの人々がお参りするようになります。現在でも西新井大師、観福寺と並んで関東厄除三大師の一つとされています。

先の大戦における1945年の空襲で境内のほとんどを焼失しましたが、戦後になって再建が進みました。

川崎大師への人々の輸送を目的で開業した大電気鉄道が現在の京浜急行線の基となるほど参詣客の数は多く、特に初詣客は神奈川県で1位、全国でも3位に入るほどです。

アクセス

交通

京急大師線川崎大師駅徒歩約8分

地図

北海道から九州・沖縄まで日本全国からホテル・レンタカー・アクティビティーを厳選

境内の見どころ

大山門

川崎大師の大山門

開創850年の記念事業として1977年に建立されました。

大本堂

川崎大師の大本堂

1964年に再建された建物で、毎日厄除けの護摩修行が行われています。また新型コロナウィルス感染症の終息宣言が出されるまで疫病退散、 無病息災を祈願しています。

不動堂

川崎大師の不動堂

1964年に落慶したもので、成田山新勝寺の本尊の分体を勧請して祀っています。ここではお堂に上がって心行くまでお不動様を拝むことが出来ました。

八角五重塔

八角五重塔

1984年に建てられたもので、境内の建物との調和を考慮し、さらに真言の様式にかなうよう華麗にして格調ある「八角」としています。

薬師殿

薬師殿

2008年に建てられました。旧自動車交通安全祈祷殿で、大師河原に新祈祷殿が完成移転したため、薬師殿として落慶しました。

自動車交通安全祈祷殿

自動車安全運転祈祷殿

2005年に大師河原に新たに新祈祷殿が建てられ、本尊の弘法大師像も遷されました。大本堂とは少し離れた場所にあります。

風鈴市

川崎大師の風鈴市は全国の都道府県から900種類、 約3万個の風鈴を集めて毎年7月下旬に開催されているもので、夏の風物詩として関東近郊はもとより全国の人に親しまれています。

参道に立ち並ぶ協力店

協力店の店頭につるされた風鈴

新型コロナウィルス感染拡大防止策として2022年は川崎大師境内での風鈴販売は行なわず、期間を7月1日(金)~8月7日(日)に変更して参道の協力店舗に各地の風鈴が登場しています。

www.youtube.com

猛暑の中で参道のあちこちからは涼しげな音が聞こえてきました。

名物のくず餅は「久寿餅」と書く

川崎大師の参道ではくず餅を売っている店が目立ちます。江戸時代に大師河原村に住んでいた九兵衛が蓄えていた小麦粉が濡れてしまったことがきっかけで誕生したもので、手を加えてみたらなんとも風変わりな餅ができあがったといいます。

くず餅屋の看板

その後、九兵衛の「久」と長寿の「寿」をとり、「久寿餅」と名付けられました。

ホテルが選べてフライトもJAL!格安国内旅行のJ-TRIP

★スマホで御覧の方はPCでも見て頂きますと写真がよく見えます。

◆関東厄除け三大師の一つである西新井大師

www.goshuinbukuro.com

◆やはり漁師の網にかかった仏像を祀った浅草寺

www.goshuinbukuro.com