酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖ドライ〗ジョン・ハミルトンは初心者が楽しむ入門編の酒ではない

今回はバーボンウィスキーのジョン・ハミルトンをご紹介します。黎明期に活躍した人物の名前をとっており、「バーボンの入門編として初心者にも手軽に楽しめる。」というのが一般的評価のようです。しかし実際に飲んでみるとドライさが印象的な超個性的なウィスキーで、決して初心者が楽しむような「入門編」ではありませんでした。

黎明期に活躍した人物の名前をとった

ジョン・ハミルトンとはケンタッキーにおいて蒸溜初期の時代に活躍した人物の名前で、何を見ても「独立戦争直前の1774年に、レッド・リカーを初めて蒸留した人」と説明されています。

レッド・リカーとは世界で最初に誕生したバーボンの原酒のことで、蒸留したウィスキーを焼いたオークの樽に入れたまま放置してしまい、数年後に開けてみると赤味を帯びていたことからこのような名がついたといいます。

バーボンウィスキーの起源としてはアメリカ合衆国が独立した1789年にエライジャ・クレイグ牧師によってつくられたという話が通説のようですが、いずれにせよ黎明期に活躍した人物の名前をとったということで間違いないようです。

「バーボンの入門編」が一般的な評価

ジョン・ハミルトンは現在ではヘヴンヒル蒸留所の原酒を独自に熟成、ブレンドすることにより製造しています。ジム・ビームやフォアローゼスといった銘柄に比べれば全くと言っていいほど無名で、私もつい先日までその存在を知りませんでした。ドン・キホーテの酒売り場で膝くらいの高さの位置に1列だけ置かれており、当ブログのネタ用に注意深く棚を見ていなければ見落とすところでした。

ジョン・ハミルトン「ライトでドライな味わいでありながら、独特な個性を持ち、バーボンの入門編として初心者にも手軽に楽しめる。」というのが一般的評価のようです。

本物の国産やまとしじみを煮込んで濃縮した「しじみエキスWのオルニチン」。 まじりっけの無い天然成分で体に優しく健康に導きます。しじみの濃さを実感するにはコチラから

ストレート

ストレート確かにドライの一言で、40度とはとても思えぬ刺激に一瞬ですが「ブフォッ」とむせました。ドライが強すぎてそれ以外の味わいが隠されてしまっていますが、慣れてくるとドライの奥に甘さを感じることができるようになります。

ロック

ロック氷を入れることにより様々な要素が花開いたようで、ステアしていると甘い香りが立ち上ってきます。ストレートと同様にアルコールのドライな刺激が強いのですが、ストレートの時よりも甘さが前面に出てきたように感じます。

水割り

次いで水で割ります。

ヴォルヴィック合わせる水はヴォルヴィックです。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない水割り)

トワイスアップ水で割ってもやはりドライのままで、とても40度の酒のトワイスアップとは思えぬ強さです。それでもドライさの裏側にしっかりとした甘さが控えているのがわかります。

ハーフロック(1対1で氷を入れる水割り)

ハーフロック水で割って氷を入れると一気に柔らかな味わいになりました。ドライさもやんわりとしたものとなり、甘さもほんのりと感じられます。

ハイボール

ハイボール炭酸の甘みと酸味がドライをくるみ、バランスの取れたふくらみのある味わいになりました。

決して入門編の酒ではない

ジム・ビームやフォアローゼスといった王道とは全く異なる超個性派のバーボンで、初心者が楽しむような「入門編」の酒ではないというのが印象です。

個人的にはハイボールが最も好みの味わいでした。

しじみを丸ごと摂っていただく真面目なサプリ「しじみエキスWのオルニチン」。手作業で煮詰める製法は130年変わっていません。しじみの濃さを是非ご実感ください。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

 「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆安ウィスキーランキングをまとめてみた

www.goshuinbukuro.com

◆本格スコッチの入門編として最適だと思うティーチャーズセレクト

www.goshuinbukuro.com