全国の御朱印を制覇したい!!

酒・うどん・乃木坂46をそれぞれ独立させ、御朱印専門ブログに生まれ変わるべく作業中です。しばらくお待ちください。

白山神社(文京)の書置き御朱印とあじさいの名所

東京都文京区の白山神社では書置きの御朱印を頂けます。明治天皇が選んだ主要神社である「東京十社」の一つであり、あじさいの名所としても知られています。

御朱印は書置きのみ

御朱印所

白山神社の社務所

白山神社の御朱印は社殿向かって右手の社務所で頂くことができます。御朱印は1種類で書置き対応です。正月やあじさい祭りのときに期間限定で御朱印帳への墨書きをしていた時期もあったようですが、現在は行っていません。

受付時間 10:00~16:00 ※火曜日は社務所が休みのようです。

初穂料 300円

御朱印

白山神社の御朱印

東京十社の神社特有の御朱印です。

アクセス

交通

都営地下鉄三田線「白山」駅より徒歩3分

東京メトロ南北線「本駒込」駅より徒歩5分

地図

東京十社の神社

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

白山神社の境内

白山神社は東京都文京区に位置する神社で、東京近郊の主要な神社として明治天皇に選ばれた「東京十社」の一つです。創建されたのは948年で、白山信仰の総本社である石川県・白山比咩神社から勧請してきました。17世紀初頭に二代将軍秀忠の命で現在の小石川植物園の場所に移りましたが、後の五代将軍となる徳川綱吉の屋敷の造営のため1655年に現在の地に再び戻っています。

大鳥居

白山神社の大鳥居

旧白山通りから一直線に伸びる参道の突き当りにあります。東京ドームから徒歩で30分くらいの場所ですが、街並は下町風で周辺は庶民的な雰囲気に満ちていました。

標柱

標柱

社号標でも鳥居でもないこの一対の石柱は標柱(しめばしら)と呼び、そこに彫られた語句は 「宣揚文(せんようぶん)」 というそうです。

白旗桜

白旗桜

かつて江戸三名桜に数えられていましたほどの名木で天然記念物にも指定されていました、1936年に枯死してしまって現在の木は2代目です。

拝殿

白山神社の拝殿

現在の拝殿は1899年に建築されて1933年に改修されたものです。

白山神社の拝殿

菊理姫命・伊弉姫命・伊弉册命の三体を祭神として祀っており、縁むすび、商談成立、商売繁盛、受験、家内安全、航海安全、防災などのご利益があるといわれています。

本殿

白山神社の本殿

資料映像に取り上げられるのは拝殿よりもむしろこちらである場合が多いようです。

白山神社の本殿

一度見たら忘れない印象的な建築様式ですが、詳しい説明はどこを調べても見つかりませんでした。

孫文先生座石

孫文先生座石

1912年に中華民国を建国した初代臨時大統領、現在の中国でも「国父」と呼ばれている孫文の記念碑です。孫文は1910年の5月中旬に白山神社近くの宮崎滔天氏宅に寄遇しており、境内の石に腰かけて滔天氏と語り合っていた際に夜空に一条の流星を見て、祖国の革命を心に誓ったといいます。孫文がこの時に見たのはハレー彗星だと考えられています。

境内社

関東松尾神社

関東松尾神社

江戸時代に京都嵐山松尾大社の分霊を勧請してきた神社です。酒造の神様として奉られています。

浅間神社

冨士塚

本殿に隣接した富士塚の山頂に浅間神社があります。

浅間神社とあじさい

6月になるとあじさいが咲き誇り、毎年開催される文京あじさいまつりの期間中は富士塚が公開されます。

このブログのイチオシ記事

www.goshuinbukuro.com

「評価に値する」と思われたらワンクリックお願いします。読者登録とブックマークを頂けるともっと嬉しいです。