酒とうどんと御朱印の日々

うどんを食べて感動するという経験をしたい方は、サンライズ瀬戸に乗って香川に行きましょう

〖世田谷〗豪徳寺の御朱印と招き猫と井伊大老墓所

豪徳寺は招き猫と井伊大老墓所が最大の特色となっている寺院で、御朱印にもこの二つが記されています。広大な境内は落ち着いた雰囲気で満ちており、とても世田谷のど真ん中とは思えませんでした。

御朱印も招き猫と井伊大老墓所

御朱印所

豪徳寺の御朱印所は本堂右手にある庫裏です。

受付時間9:00~16:30

志納金300円

御朱印

「招猫福児発祥の地」という趣旨を記した豪徳寺の御朱印

仏教寺院らしい美しい書体の御朱印です。右上の「奉拝」の下には「招猫福児発祥の地」、左上は「井伊大老墓所」という趣旨を記した印が押されています。やはりこの二つが豪徳寺の特色のようです。

PR

豪徳寺の由緒

豪徳寺は1480年に世田谷城主である吉良政忠が叔母の住まいとして「弘徳院」という庵を結んだのが始まりで、当時存在した世田谷城の主要部分でした。しかし豊臣秀吉の小田原攻めにより北条氏が滅びると吉良氏は世田谷から逃亡してしまい、以後弘徳院はさびれます。

1633年に世田谷が彦根藩主井伊直孝の所領となると弘徳院は井伊家の菩提寺となり、これまでとは状況が一変して伽藍が整備されていきました。

鷹狩の帰りにたまたま弘徳院の前を通りかかった際、寺の猫が毛づくろいをしているのを見た直孝は猫に手招きをされていると感じ一休みすることにします。寺の住職にお茶の接待を受けていると天気が急変して雷雨となったため、直孝は「猫が手招きをしてくれたお陰でずぶ濡れにならずにすんだ」と喜びました。これが弘徳院が井伊家の菩提寺「豪徳寺」となったきっかけです。

豪徳寺という名前は直孝の戒名である「久昌院殿豪徳天英居士」からとったものです。

アクセス

交通

小田急線豪徳寺駅徒歩約10分

世田谷線宮の坂駅徒歩約5分

地図

PR

招き猫と井伊大老墓所が特徴の境内

参道入口

松の巨木が植えられた堂々たる参道の入口

松の巨木が植えられた堂々たる参道です。とても世田谷の中心部とは思えません。

山門

豪徳寺の山門

仏殿

豪徳寺の仏殿

直孝の妻春光院と娘掃雲院により1677年に建てられた仏殿です。

招猫殿

猫観音を祀る招猫殿の門

仏殿の隣に猫観音を祀る招猫殿があります。

猫観音を祀る招猫殿の社殿

吉良家の逃亡以来さびれていた寺が一転して井伊家の菩提寺として繁栄するきっかけとなったのは寺で飼っていた猫でした。寺ではこの猫を招福猫児と崇めるようになります。

境内を埋め尽くした無数の招き猫

境内に置かれた無数の招き猫

その結果今ではこうなっています。豪徳寺は「招き猫発祥の地」とされています。

三重塔

十二支の動物と猫が飾られた三重塔

いかにも由緒ありそうですが、2006年ということですからまだ新しい建物です。

1階の屋根の下の横木の部分に各面それぞれ3体づつ十二支の動物の彫刻が飾られているのですが、正面中央部の筆頭の場所には本来十二支に無いはずの猫が鼠を両脇に従えて鎮座しています。

本堂

豪徳寺の堂々たる本堂

国指定史跡「彦根藩主井伊家墓所」

井伊家墓所の案内板

境内の一角に井伊家の墓所があります。

井伊家関係者の墓所

この一角全てが井伊家の関係者の墓所です。

最も奥にある井伊直弼の墓

東京都の史跡である井伊直弼の墓です。驚くべきことに石室などの埋葬施設が墓の下3mまでには存在しないことが最近明らかになりました。墓石の傾きを治すため改修したところ地下1.5mまでの深さには石室が無く、その後レーダーで調査した結果深さ3m以内には見つからなかったといいます。どうやら水戸藩の襲撃を恐れ、寺の別の場所にひっそりと埋葬されたというのが真相のようです。

世田谷のど真ん中とは思えなかった

広大な境内は落ち着いた雰囲気に満ちており、とても世田谷のど真ん中とは思えませんでした。近隣には松陰神社があり、安政の大獄にまつわる二人が同じエリアに眠っているというのも因縁めいたものを感じました。

PR

★スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると写真がよくわかります。

左下のボタンでB!ブックマークをお願いします。

◆赤穂義士の墓地で有名な泉岳寺

www.goshuinbukuro.com

◆同じく招き猫で有名な今戸神社の記事 

www.goshuinbukuro.com

◆因縁のライバル吉田松陰が眠る松陰神社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆外様大名で最も家康と結びついていた藤堂高虎の記事

www.goshuinbukuro.com