酒とうどんと御朱印の日々

新型コロナウィルス第三波襲来中!各地の神社・仏閣で悪疫退散を祈願しませんか

〖人気〗デュワーズ12年はフルーティーさが印象的だった

デュワーズは「アメリカでスコッチといえばデュワーズ」と言われるほど世界的に人気のウィスキーで、その中でも12年は日本において「バーテンダー支持No.1スコッチウィスキー」という称号も持っています。飲んでみるとシングルモルトウィスキーを思わせるフルーティーさが最大の特色でした。

アメリカでスコッチと言えばデュアーズである

デュアーズはラム酒の世界最大手であるバカルディ社によって扱われているスコッチウィスキーで、販売数量で世界屈指の人気を誇っています。その中でも特にアメリカでは大きなシェアを誇っており、スコッチと言えばデュアーズであるとまで言われています。

ジョン・デュワーによって創業されたのが1846年で、ウィスキーをボトルに詰めて売ることに成功し、それによって大躍進を果たすことに成功しました。

事業を引き継いだ息子のトミー・デュワーは巨大なネオンや映画などを利用した大規模なキャンペーンを展開し、デュワーズを世界的なウイスキーブランドに押し上げることによりその名声を不動のものとしています。

バーテンダー支持No.1スコッチウィスキー

デュワーズで最もベーシックなタイプであるホワイトラベルは1本1000円台前半というお手頃価格ですが、飲んでみるとバニラのようなほのかな甘みを感じるなかなかの優れもので、私がかつてまとめた「安ウィスキー」ランキングでも上位にランクしています。

デュワーズ12年

デュワーズ12年はさらにワンランク上の商品で、12年以上熟成された40種類以上の原酒をブレンドし、再び樽に戻して6か月程度熟成させるという大変に手間のかかる手法で生産されています。

カクテル協議会入賞バーテンダー100名を対象とした聞き取り調査で堂々の第一位を獲得した「バーテンダー支持No.1スコッチウィスキー」でもあり、1本2000円台半ばという若干高めの価格帯ではありますが大いに期待するものがありました。

普段居酒屋に行かれる方、家庭の事情でなかなか行けない方、 自炊に疲れた方にもお勧め。 お酒がススム塚田牧場の家飲みセット

ストレート

ストレート

グラスに注いだ際に甘い香りが立ち上ってきました。飲んでみるとシングルモルトのグレンフィディックを思わせるフルーティーさが印象的で、ホワイトラベルとは随分と違った味わいとなっていました。

ロック

ロック

氷を入れたことにより滑らかさが増し、随分と口当たりが良くなりました。フルーティーさは崩れていません。

水割り

デュワーズ12年と秩父山系の天然水

次いで水で割ります。合わせる水は秩父山系の天然水です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない水割り)

トワイスアップ

水で割ることで刺激が和らげられ、柔らかでまろやかな口当たりになりました。フルーティーさはそのまま残っており、味わいが一番よくわかる飲み方ではないかと思います。

ハーフロック(1対1で氷を入れた水割り)

ハーフロック

氷を入れて冷やすことによりシャープで異様にスッキリとした味わいになりました。しかし最大の特色であったフルーティーさが消えてしまいました。

ハイボール

某元グルメタレントのCMで有名なソーダストリームを使用してつくった私好みの炭酸水を使用します。

ハイボール

炭酸の甘みと酸味に加えてほろ苦さのようなものも感じられました。全体としてスッキリ爽やかな味わいになりました。

※ソーダストリームに関し詳しくはコチラから

www.goshuinbukuro.com

フルーティーさが印象的だった

ホワイトラベルとは全く違ったフルーティーさが印象的でした。様々な飲み方を試しましたが、トワイスアップが最も特徴を活かしていたと思います。

届いた料理を温めてお気に入りの食器に盛りつければ、 自宅に居ながら居酒屋「塚田農場」。ご注文翌日にお届け!

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

 参向になったという方ははてブのところをポチっとして頂きますと幸いです。

◆デュワーズ・ホワイトラベルの記事

www.goshuinbukuro.com

◆デュアーズを高く評価した「安ウィスキーランキング」

www.goshuinbukuro.com

◆よく似た味わいだったグレンフィディック

www.goshuinbukuro.com

◆どんな飲み方をしても美味かったイチローズモルト

www.goshuinbukuro.com

◆柿に似たフルーティーさが印象的だったマルスウィスキー

www.goshuinbukuro.com