酒とうどんと御朱印の日々

新型コロナの感染拡大が止まりません。夜は自宅でウィスキーやカクテルを楽しみませんか?

日経平均株価この1年で1万円上昇!

〖海老名〗有鹿神社の御朱印とTwitterで話題の「パンダ宮司」

海老名の有鹿神社(あるかじんじゃ)は最近では「パンダ宮司」がTwitterで取り上げられて話題になっています。境内の至る所にパンダが置かれており、御朱印にも登場しています。

有鹿神社の御朱印

御朱印所

有鹿神社の御朱印所である社務所

有鹿神社は神社から少し離れた場所にある事務所に神職が常駐しており、電話で連絡を入れれば神社まで書きに来てくださいます。(電話番号は貼り紙に書かれている。)

書置き御朱が入った箱印

箱の中の書置き御朱印この日は都合が合わなかったため、社務所前に置いてある書置きを頂きました。

初穂料300円

御朱印

有鹿神社のパンダが描かれた御朱印

パンダ宮司で有名な有鹿神社は御朱印にもパンダが描かれていました。

御朱印の愛好者にお勧め!伊勢神宮の御神米「イセヒカリ」は青テキストをクリック☟

コシヒカリに代わり伊勢神宮の神嘗祭で神様に捧げられている「イセヒカリ」。2度の台風襲来で伊勢神宮の御神田の稲がなぎ倒された中、すっくと立つ二株の稲から誕生しました。平成8年まで門外不出だった伊勢が誇るおいしいお米をぜひご賞味ください。

Twitterで話題の「パンダ宮司」

有鹿神社では水色の狩衣と白袴に身を包み、パンダのかぶり物をかぶった謎の宮司が度々目撃されてTwitterで話題になり、「パンダ宮司」としてテレビで紹介されるまでに有名になっています。

パンダ宮司は頭がパンダ、身体は神職という有鹿神社のキャラクターで、パンダの被り物で登場するのは宮司が不在の時に出現する「パンダ宮司代理」です。宮司が色白タレ目メガネでパンダっぽいということからもともと「パンダ宮司」と呼ばれており、パンダの優しい外見にあやかり、優しい神社、優しい神道を目指すという意味も込めて神社のキャラクターとしています。

有鹿神社は神社と事務所が少し離れていて、神社は無人であることが多く、パンダ宮司に確実に合うには事前に連絡を入れておく必要がありそうです。

神楽殿のパンダ

石燈籠の中のパンダパンダ宮司は不在でしたが、境内の要所要所にパンダがいました。

有鹿神社の由緒

有鹿は、古代語の水の意味であり、相模川支流の鳩川沿いに形成された地域を有鹿郷といいますが、この地域に豊かな恵みをもたらす豊かな泉は水神として人々の信仰の対象となりました。有鹿神社の創建年代は不明ですが、この地域の農耕の豊穣と安全を祈って「水引祭」が起り、それによって創建された神社だといわれています。飛鳥時代の664年に国家的な祭礼を行った記録が遺っています。

平安から鎌倉にかけて地元の武士団である海老名氏の崇敬を受けて大いに繁栄し、広大な神領に美麗な社殿を構え、神宮寺である総持院と合わせて十二の坊舎が立ち並んでいたといいます。そのため現在のJR相模線社家駅まで参道が延びるほどでした。

鎌倉幕府滅亡の際に新田義貞によってことごとく焼き尽くされ、社領も略奪されることにより有鹿神社は衰退します。その後室町幕府滅亡直後の1575年に海老名耕地の用水を守る「水引祭」が復活し、それ以降海老名総鎮守として少しずつ再興して現在に至っています。

アクセス

交通

小田急線海老名駅徒歩約15分

地図

伊勢神宮の御神田で偶然生まれた最高に縁起がいい米「イセヒカリ」はコチラから☟

コシヒカリに代わり伊勢神宮の神嘗祭で神様に捧げられている「イセヒカリ」。2度の台風襲来で伊勢神宮の御神田の稲がなぎ倒された中、すっくと立つ二株の稲から誕生しました。平成8年まで門外不出だった伊勢が誇るおいしいお米をぜひご賞味ください。

有鹿神社の境内

車は敷地内の社務所脇に停められるようです。

一の鳥居

あり鹿神社の一の鳥居

鐘楼

有鹿神社の鐘楼「神社でなぜ鐘楼?」と思いましたが、いくら調べてもわかりませんでした。神仏混交時代の名残かもしれません。

拝殿

有鹿神社の拝殿

本殿

有鹿神社の本殿

境内社

三社様

境内社の三社様日枝神社・稲荷神社・諏訪神社を祀っています。

有鹿天神社

境内社の有鹿天神社

「神がまいた奇跡の米」が300g864円から。詳しくは青テキストをクリック☟

コシヒカリに代わり伊勢神宮の神嘗祭で神様に捧げられている「イセヒカリ」。2度の台風襲来で伊勢神宮の御神田の稲がなぎ倒された中、すっくと立つ二株の稲から誕生しました。平成8年まで門外不出だった伊勢が誇るおいしいお米をぜひご賞味ください。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆1万円以上前から人々の祈りであった伊勢原周辺エリア

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com