酒とうどんと御朱印の日々

新型コロナウィルス第三波襲来中!各地の神社・仏閣で悪疫退散を祈願しませんか

〖調布〗布多天神社の御朱印と酉の市

今回は調布の布多天神社の御朱印をご紹介します。伊勢神宮内宮と同年代に創建された歴史のある神社で、現在では調布の総鎮守となっています。毎年11月の酉の日には境内社の大鳥神社で酉の市が開催され、当日は御朱印を2種類頂けます。

布多天神社の御朱印

御朱印所

御朱印は社殿向かって左側の社務所でいただけます。

初穂料300円

御朱印

御朱印11月の酉の日には大鳥神社の御朱印も頂けます。

布多天神社の酉の市

境内社の大鳥神社では毎年11月の酉の日には酉の市が開催されています。

大鳥神社・金刀比羅神社

酉の市とは毎年11月の酉の日に各地の鷲神社や大鳥神社で開催されるお祭りで、「縁起熊手」を売る賑わいは年末の風物詩となっています。

縁起熊手の露店

この日はちょうど三の酉であったため、布多天神社でも参道に露店が出ていました。

御朱印所

酉の市の日は通常の御朱印に加えて大鳥神社の御朱印もいただけます。

伊勢神宮に匹敵する歴史をもつ布多天神社

布多天神社の創建年代は不明ですが、垂仁天皇の時代だと言われています。垂仁天皇は実在が確認できる最初の天候である崇仁天皇の次代で、伊勢神宮内宮が創建されたのもこの時代です。

927年に制定された「延喜式」という法典にその名を連ねる、多摩地方有数の古社です。

1477年に多摩川の洪水を避け、古天神(現・布田5丁目、古天神公園)より現在地へ遷座され、その際に菅原道真を配祀されました。

江戸時代に甲州街道ができるとこのあたりに上石原、下石原、上布田、下布田、国領の五宿ができ、布田五宿と呼ばれましたが、布田五宿の鎮守であった布多天神社は現在では調布の総鎮守となっています。

水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」の舞台としても知られています。

必見!コロナショックの今あえて株を買うべき6つの理由とは?

アクセス

交通

京王線調布駅徒歩約7分

地図

布多天神社の境内

大鳥居

大鳥居昭和39年に記載された東京オリンピックのため作られた国道20号線により分断される前は、旧甲州街道から参道が続き、江戸時代の頃には参道脇に梅の木が植えられ、江戸市中から多くの人々が訪れたと言われています。

参道

参道境内では毎月第2日曜日に骨董市が開催され、20~30ほどの店が出ます。

神楽殿

神楽殿

撫で牛

撫で牛菅原道真を祀る神社には欠かせません。

拝殿

拝殿昭和60年に造営されたものです。

本殿

本殿拝殿の奥にあり、1706年に造営されたものです。

社殿裏の森は「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪たちが暮らす森のモデルなのだそうです。

境内社

稲荷神社(倉稲魂命)

稲荷神社(倉稲魂命)

稲荷社

稲荷社

御嶽神社・祓戸神社・疱瘡神社

御嶽神社・祓戸神社・疱瘡神社

厳島神社

厳島神社

必見!コロナショックの今あえて株を買うべき6つの理由とは?

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆京王線沿線で頂ける御朱印

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com