酒とうどんと御朱印の日々

新型コロナウィルス再び増殖中!個性的な神社仏閣を巡って悪疫退散を祈りませんか?

〖夫婦岩〗二見興玉神社の力強い御朱印と境内の見どころ

今回は夫婦岩で有名な二見興玉神社の御朱印をご紹介します。有名な夫婦岩や蛙の像など境内には見どころも多く、大変に男性的で力強い御朱印を頂けます。

御朱印は男性的で力強い

御朱印所

御朱印は社殿右横の授与所で頂けます。

初穂料300円

御朱印

今回の旅で頂いた最後の御朱印男性的で力強い書体の御朱印です

境内の見どころ

カエルだらけの境内

満願蛙

手水舎の満願蛙に水をかけると願いか叶うといわれます。

境内の蛙像

境内の蛙像

猿田彦大神の使徒が蛙であり、御利益のあった者がお礼に蛙の像を献納するため境内は蛙だらけになっています。

夫婦岩

夫婦岩

男岩は高さ9m、女岩は高さ4mあります。夫婦岩を結ぶ大注連縄は1本の長さ35mで男岩に16m、女岩に10m張られており、その間は9mあります。

夫婦岩周辺の岩々

夫婦岩周辺では様々な岩々が海面上に現れています。

蛙岩

蛙岩

その中でも烏帽子岩は神威のせいか近年蛙に似てきたため「蛙岩」(親子蛙)とも呼ばれています。(蛙と言うより亀じゃないかと思うのですが・・・)

二見興玉神社の由緒

海中に沈む興玉神石を拝む神社

二見興玉神社は夫婦岩の沖合700mの海中に沈む興玉神石(おきたましんせき)を拝む神社です。興玉神石は東西216m×南北108mの霊石で、「みちひらき」の神である猿田彦大神の化身とも猿田彦大神が立たれた場所ともいわれています。

この興玉神石を拝むための鳥居の役割を果たしているのが夫婦岩です。

注連縄を張ったのは倭姫命

伊勢神宮の創建者であり倭姫宮の御祭神でもある倭姫命がここに船を停めて注連縄を張って遥拝所を設けたといわれています。その際あまりの風景の美しさの二度振り向いたという言い伝えから「二見」という地名ができました。

その後天平年間に行基により境内に興玉社が創建されました。

地震で海底に沈んだ興玉神石

宝暦年間に発生した地震のため興玉神石は海底に沈みましたが、1960年のチリ地震津波の引き波の際に一時的に姿を現しました。

行基の創建した興玉社は明治43年に三宮神社と合祀して現在の社名である二見興玉神社となりました。昭和20年に栄野神社を合祀して現在にいたっています。

必見!コロナショックの今あえて株を買うべき6つの理由とは?

アクセス

交通

JR参宮線二見浦駅徒歩約15分
JR・近鉄「伊勢市駅」・近鉄「宇治山田駅」から「鳥羽」行きバス「夫婦岩東口」下車徒歩5分

地図

二見興玉神社の境内

大鳥居

大鳥居

天の岩屋

天の岩屋

もともと三宮神社が祀られていた場所ですが、天照大御神が隠れた岩戸ともいわれています。

社殿

社殿

二見浦は古来からお伊勢参りの際して事前にみそぎを行う場所でした。現在はそれに代わって二見興玉神社で霊草無垢塩草での祓い清めを受けることができます。

「日の神」及び「皇居」遥拝所

「日の神」及び「皇居」遥拝所

夏至の前後約4か月は夫婦岩の間から御来光が拝めます。

伊勢市の景観計画で内宮と同格の二見興玉神社

伊勢市の景観計画において重点地区というのは2か所ありますが、一つは「内宮おはらい町地区」で、もう一カ所がこちらの「二見町茶屋地区」となっています。二見浦・夫婦岩表参道を中心に木造旅館や店舗等が見られる歴史的まちなみを形成していることから、これらの景観の保全・継承に努めるために重点地区に指定されているのです。

つまり二見興玉神社の参道は伊勢神宮内宮周辺と同レベルで評価されている貴重な場所なのです。

表参道の表示

駅前の通りを渡ると参道のスタートです。

歴史のありそうな旅館

歴史のありそうな旅館が並んでいます。

松並木

両側の松並木が印象的です。

重要文化財の寶日館

重要文化財の寶日館です。皇族や各界の要人が多数宿泊した施設です。

二見浦の看板

二見浦

二見浦は伊勢志摩国立公園に属し、国の名勝に指定されています。

神社の社号標

二見興玉神社までたどり着きました。

必見!コロナショックの今あえて株を買うべき6つの理由とは?

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆伊勢神宮もお参りしよう

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

◆伊勢神宮とセットでお参りしやすい猿田彦神社

www.goshuinbukuro.com