酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖朗報〗ブラックニッカスペシャルは千円台国産ウィスキーで最上級

今回はブラックニッカスペシャルをご紹介します。ブラックニッカといえばニッカウィスキーの超定番商品ですが、そのラインナップの中に「スペシャル」というものがあることをうかつにもこれまで全く知りませんでした。今回たまたま発見しましたが、千円台国産ウィスキーで最上級といってよい味わいです。

どこの酒屋でも売っていなかったブラックニッカスペシャル

ブラックニッカスペシャルその中で真っ黒で角ばった見慣れないボトルが目につきました。お馴染みの「キングオブブレンダーズ」の顔が見えるからにはブラックニッカなのでしょうが、今までどこの酒屋でも売っていなかったものです。ブラックニッカスペシャルとあったので何はともあれ飲んでみることにします。

スポンサードリンク

世界最大の炭酸水ブランド、ソーダストリームが提案する『生ハイボール』。作りたての新鮮生炭酸の爽快さと美味しさは抜群!

ストレート

ストレート甘い香りがします。口に入れた第一印象は「これは梅酒か?」というものでした。とろりとしていて甘く、口当たりもまろやかです。ウィスキーをストレートで飲む際いつも感じるピリピリ感がありません。それでも42度ありますから喉の奥が熱くなりました。

ロック

ロック氷を入れることにより甘さが引き締まったと思います。ストレートがちょうどいい具合に和らぎ、滑らかになったように感じます。

水割り

次いで水で割ります。

ヴォルヴィック合わせる水はヴォルヴィックです。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない水割り)

トワイスアップ適度になめらかになり飲みやすくなりました。上質の和菓子に使用される和三盆糖のシロップを掛けたかき氷を思い出す甘さです。

ハーフロック(1対1で氷を入れる水割り)

ハーフロック

トワイスアップに氷を入れてよく冷やすと味が引き締まります。ジャパニーズウィスキーはトワイスアップより氷を入れてよく冷やした方が美味いと思っていますが、ブラックニッカスペシャルも同様でした。

ハイボール

ハイボール炭酸の甘みや苦みが加わることによりファンタグレープそのものと言ってよいような味わいとなりました。これも大いにありだと思います。

熱伝導率が低いステンレスのダンブラーは冷たいものを冷たいままで味わうことが可能で、キンキンに冷えたハイボールを楽しむことができます。

千円台国産ウィスキーで最上級

ディープブレンドの時に感じた薬臭さ寸前のピリピリした刺激もなく大変美味しく感じました。45度と42度でこうも違うのでしょうか。いずれにしても1,000円台のジャパニーズウィスキーとしては最上級のものだと思います。

しかしそれだけのウィスキーが酒屋に店頭に並んでいないというのはどういうことでしょう。ニッカのHPを見るとブラックニッカとしてはディープブレンド、リッチブレンド、クリアの3種を前面に出していてスペシャルなどどこにも見当たりません。これはブラックニッカ8年と同様に販売中止になったのかもしれません。今後は店頭で見つけたら何を置いても買っておかなければならない商品であるようです。

スポンサードリンク

世界最大の炭酸水ブランド、ソーダストリームが提案する『生ハイボール』。作りたての新鮮生炭酸の爽快さと美味しさは抜群!

★ 最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁じられています。健康のため飲み過ぎには注意しましょう。

◆ブラックニッカの限定品シリーズの記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

◆高級和菓子を思わせる味わいだったグレンエリス


www.goshuinbukuro.com