酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖花の寺〗東慶寺の御朱印と縁切寺としての歴史と役割

今回は東慶寺の御朱印をご紹介します。北鎌倉の縁切寺として知られる東慶寺は他の寺院にはない歴史と役割がありました。また花の寺としても知られ、一年を通して何かしらの花を楽しむことが出来ます。

縁切寺としての歴史と役割

東慶寺の歴史

北条時宗夫人が建立した東慶寺

東慶寺は鎌倉幕府の第8代執権であった北条時宗夫人の覚山尼により1285年に建立されました。江戸時代の文献によると、不憫な境遇の女を三年間寺で召し抱え縁切りして身軽になれるという寺法の成立を、息子である第9代執権の貞時に願ったとされています。

5世住持であった用堂尼は後醍醐天皇の皇女で、兄である護良親王の菩提を弔うために東慶寺に入ったとされます。そのため明治になって鎌倉宮が創建されるまで、護良親王が殺された二階堂一帯は東慶寺が領有していました。

40万石の大名をはねつけ東慶寺の権威を確立した20世住持

江戸時代になると、豊臣秀頼の側室の娘である天秀尼が千姫の養女として東慶寺に入るのですが、この時に発生した会津藩のお家騒動に巻き込まれてしまいます。

会津藩では家老・掘主水が主君の加藤明成と対立して脱藩し、妻子を鎌倉の東慶寺に預け自身は高野山に逃げたのですが、高野山では匿いきれず本人は会津藩に引き渡されて処刑されました。

さらに会津藩は家臣を東慶寺に差し向け掘主水の妻子を捕縛しようとしましたが、これに対して天秀尼は千姫を通じて幕府に抗議して助命を実現し、最終的に加藤家は改易となってしまいます。40万石の大名をはねつけたことにより、これ以降東慶寺の権威と特権は確立されました

明治になって尼寺としての歴史を閉じる

20世住持であった天秀尼以降の東慶寺は住持不在の時期が度々あり、22世住持の後は明治になるまで約130年間も住持は空席状態となります。

明治35年に東慶寺は尼寺としての歴史を閉じ、それ以降は禅寺として新たに歩み続けています。関東大震災で鐘楼を除く全ての建物が倒壊し、現在の建物はそれ以降再建されたものです。

縁切寺の役割

東慶寺は縁切寺として知られていますが、この制度は明治になって女性からの離婚請求権が認められるようになるまで続きました。

話がつけば女性からでも離婚できた

江戸時代以前に庶民にはそもそも「家」という概念がなく、そのため結婚・離婚といったものが発生するのは徳川家康によって儒教が取り入れられて以降だとされています。
江戸時代の離婚は「夫側からの離縁状交付にのみ限定されていた」と良くいわれますが、実際は話がつきさえすれば女性からでも離婚できたそうです。


話がつかないと「駆け込み」が必要


問題は話がつかなかった場合で、その時は「夫の手に負えぬ場所」に駆け込み、そこで3年過ごすことが必要でした。「夫の手に負えぬ場所」といえば武家屋敷のような庶民にとって権威のある場所です。
しかし江戸時代中期になると武家屋敷で駆け込みを認めなくなり、そのためかつて40万石の大名すらはねつけた東慶寺が最後の砦となったのです。


家庭裁判所のようなことまでやっていた


実際に駆け込みがあった場合は一旦境内の御用宿で預かり、家庭裁判所における離婚調停のようなことが行われました。どうしても男が離婚に応じない場合のみ足掛け三年女性を寺で預かって離婚を成立させました。

 

東慶寺の御朱印

御朱印所

御朱印は山門脇の受付でいただけます。

志納金300円

御朱印

美しい御朱印ミシュラン三つ星にふさわしい美しい御朱印です。

金運アップ・勝負運向上・無病息災祈願に白蛇財布(本物の蛇の抜け殻付き)あなたも白蛇の力を信じてみませんか。熟練の職人の手作りだから使いやすさも抜群。

「花の寺」でもある東慶寺

見頃になった東慶寺境内の花

見頃になった東慶寺境内の花

見頃になった東慶寺境内の花

見頃になった東慶寺境内の花「花の寺」として知られる東慶寺は一年を通して何らかの花を楽しむことが可能で、特に春は様々な花が咲き誇り大変に見事です。

東慶寺の境内

山門

東慶寺の山門狭い階段と狭い山門から女性を守る最後の砦としての気構えがうかがえます。

参道

梅が見頃になった東慶寺の参道本堂に向かう参道の両側には梅の木が植えられています。

鐘楼

見頃の梅と鐘楼1350年の物です。

茶室「寒雲亭」

東慶寺の茶室「寒雲亭」非公開なのが残念です。

本堂

東慶寺の本堂本尊の釈迦如来坐像を祀る本堂は昭和10年に建立されました。

水月堂

見頃の白梅の奥にある水月堂水月観音菩薩をお祀りするお堂で、拝観には事前予約が必要です。

金仏

参道の奥に置かれた金仏

茶室「白蓮舎」と菖蒲畑

茶室「白蓮舎」と菖蒲畑

松ヶ岡宝蔵

東慶寺の松ヶ岡宝蔵東慶寺伝来の寺宝を展示する宝物館です。

熟練の財布職人の卓越した技術が生み出した「白蛇財布」。細かいエッジの処理やファスナーの仕上げが全然違う。普通の長財布とちょっと違う「財布屋」の公式サイトはこちら

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると写真がよくわかります。

 「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆もう一つのミシュラン三ッ星である報国寺の記事

www.goshuinbukuro.com

◆魅力が一杯の北鎌倉の寺院

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com