酒とうどんと御朱印の日々

過ごしやすくなりました。GoToキャンペーンで各地の個性的な神社仏閣を巡りませんか

〖悟りの窓〗明月院の御朱印と境内の様々な見どころ

※最終更新日2020年6月30日

今回は明月院の御朱印をご紹介します。北鎌倉のこじんまりとした静かな寺院ですが、境内は様々な見どころがてんこ盛りです。特にあじさいの時期はとんでもないことになります。

明月院の御朱印

御朱印所

明月院の御朱印所は拝観受付裏や本堂左手等々、混雑の状況に応じて変わるようです。私は紫陽花が見頃の時期に頂きましたが、平日にもかかわらず本堂前に大変な行列ができていました。5人くらいの書き手で対応していましたが、それでも一時間半くらい並んだ記憶があります。

受付時間9:00~16:00(11:20~12:00、14:10~14:30は休憩時間)

志納金300円

御朱印を頂く際の心得と注意点

御朱印の心得

御朱印の注意点

御朱印を頂く際の心得や注意点が住職より示されています。御朱印は本来自分や家族の祈願のために写経を納めた証として受けるものであること、記念スタンプではないこと、転売目的と思われる場合は断ること等々、ごくごく当たり前のことばかりですが、あらためて注意するようにしましょう。

御朱印

明月院の最新の御朱印

柔らかな美しい書体の御朱印です。平成28年6月15日は平日でしたが、御朱印は1時間半待ちだったと記憶しています。

境内の様々な見どころ

悟りの窓

明月院の本堂は表参道を進み、中門をくぐった先にあります。

明月院の本堂中央部に本尊の聖観音菩薩坐像を祀り、向かって右手に「悟りの窓」と呼ばれる丸窓があります。

明月院の有名な丸窓閑散期には本堂の縁側の右端に置かれているユニセフの募金箱に300円募金すれば、中に入って窓の奥の縁側のところまで出ることができます。

丸窓から見た本堂後庭園悟りや大宇宙を表しているという丸窓は大人が通り抜けることが出来るくらいの大きさで、その奥にある縁側からだけ非公開の本堂後庭園を鑑賞できます。

「立ち入り禁止」の表示

しかし週末や混雑時は入ることが出来ないようです。

並ぶ人向けの注意文

丸窓の前に並んでいる人々その場合、行列に並んで窓を撮影するだけで我慢するしかありません。

本堂後庭園

特別公開の看板

明月院の本堂後庭園は花菖蒲と紅葉の時期に特別公開されます。

丸窓の奥に見える庭園

この時期だけは丸窓の奥を存分に満喫できますので、このチャンスを逃す手はありません。

本堂後庭園の美しい紅葉長寿寺と並んで鎌倉でもトップクラスの美しい庭園と紅葉だと思います。鎌倉でこれだけ綺麗な色を見ることが出来る場所は他にありません。

庭園側から見た丸窓特別公開中の庭園を歩く際は、手前から丸窓の撮影をしている人の邪魔をしないよう、立ち位置に十分注意するようにしてください。

明月院やぐら

明月院やぐら

「やぐら」とは岩を削って設けられた横穴式の墓地または供養塔で、鎌倉特有の光景です。開山堂左手には鎌倉最大のやぐらといわれる明月院やぐらがあります。間口約7メートル、奥行き6メートル、高さ3メートルあり、中央に建てられた宝篋印塔は上杉憲方のものと伝えられています。

茶寮「月笑軒」

明月院の境内には茶寮「月笑軒」があり、落ち着いた雰囲気の中で抹茶と和菓子が頂けます。

茶寮「月笑軒」の抹茶と和菓子和菓子の「出雲三昧」は干菓子と粒餡と求肥を3層にしたお菓子で、和三盆糖のまろやかな甘みが特徴です。

平安時代が起源である明月院の由緒

明月院は平安時代にこの地の武将である山内俊道の供養のために建てられた明月庵が起源です。

鎌倉幕府第5代執権の北条時頼は、北条氏嫡家による独裁体制を確立させた後、出家して隠居生活を送るため明月院の近くに最明寺を創建しますが、その際に明月院は筆頭の塔頭となりました。

時頼の廟所

時頼の墓所

明月院の境内には時頼を祀る廟所と墓所が残されています。

禅興寺は明治になって廃寺となりましたが、独立した寺領をもっていた明月院は生き残り、現在まで続いています。

アクセス

交通

横須賀線北鎌倉駅徒歩約9分

地図

あじさいの時期は避けた方がいい

明月院のアジサイ明月院は境内にはおよそ2500株のアジサイが植えられていて、「あじさい寺」として全国に名を馳せています。明月院の紫陽花は日本古来の「姫アジサイ」で、濃い青色が特色となっています。

明月院のアジサイと表参道を歩く人々

見ごろになると境内はとんでもなく混雑し、たとえ平日であってもラッシュ時の渋谷駅のようになります。そのためこの時期の明月院はあまりお勧めできません。

ちなみに明月院でアジサイを植えたのはさほど古い事ではなく、戦後の物不足の時代に「手入れが比較的楽だから」という理由で杭の代わりに植えたものが次第に有名になったといいます。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆鎌倉の寺院で楽しむ美しい庭園まとめ

www.goshuinbukuro.com

◆鎌倉の寺院で楽しむ抹茶と和菓子まとめ

www.goshuinbukuro.com

◆見どころいっぱいの北鎌倉の寺院

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com