酒とうどんと御朱印の日々

ワクチンを2回打ち終わりました。まだまだ油断禁物ですが、ホッとしています。

〖評価〗バランタイン12年 5種類の飲み方を徹底比較

バランタイン12年を5種類の飲み方で徹底比較してみました。日本市場向けに開発されたウィスキーで水割りで飲むことを意識しているということで、バランタインファイネスト(バラファイ)とは全く違った味わいでした。

全ての原酒が12年以上熟成されている

バランタイン12年のボトル

ここで言う12年というのは最低で12年ということです。「バランタイン12年」は40種類以上の原酒をブレンドしていますが、その全てが12年以上樽の中で熟成されているということになります。

サントリーの山崎蒸留所の貯蔵庫を以前見学したことがありますが、窓を開け放ち完全に周辺の空気と一体化した貯蔵庫内に多くの樽が置かれていました。樽は呼吸しますから貯蔵庫が置かれた場所の気候風土はウィスキーの品質に重大な影響を及ぼすのです。

サーバーのレンタル用は無料!毎月のビール代だけ!

ストレート

バランタイン12年のストレート

柔らかな口当たりと甘さの伴ったスモーキーさが特徴となっています。スモーキーなシーバスリーガルといった印象です。

ロック

バランタイン12年のロック

ストレートの時よりもスモーキーさと甘さがよりくっきりとしてきたようです。口当たりも一層滑らかになりました。

水割り

次いで水で割ります。

バランタイン12年とはまっ子どうし

合わせる水は横浜市の水源のひとつである道志川の清流水を詰めた横浜市オフィシャルウォーター「はまっ子どうし The Water」です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない水割り)

バランタイン12年のトワイスアップ

水で割ることによりいい感じに柔らかくなりました。滑らかな味わいでスモーキーさと甘さがまだ残っています。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

バランタイン12年のハーフロック

氷を入れて冷やすと味が引き締まってスッキリとしたバランスの取れた味わいになり、日本人向けの「水割り」となりました。

スコッチの中には氷を入れるとぶち壊しになるものが幾つもありますが、バランタイン12年にそういった要素はありませんでした。

ハイボール

上戸彩さんのCMで有名なソーダストリームで作った完全に私好みの炭酸水を使用します。

バランタイン12年のハイボール

スッキリ爽やかで実にさっぱりとした味わいです。酸味とともに若干の苦みもありますが、全体としてはバランスの取れた味となっていました。

バランタイン12年は氷を入れても美味い

聞いたところによるとバランタイン12年は日本市場向けに水割り用として開発されたと言います。氷をいれて美味いと思えたのにはそのような背景もあるのかもしれません。

スコッチウィスキーに強烈な個性を求める人にとっては少し物足りないかもしれませんが、恐らく誰からも嫌われない味わいではないかと思います。美味しい日本酒を形容して「水のようにすいすい飲める」という表現がありますが、バランタイン12年にもこの表現があてはまるのではないでしょうか。

近所のドン・キホーテでは1本1880円で買えました。コストパフォーマンスとしては素晴らしいものがあります。1ランク上のバランタイン17年は「ザ・スコッチ」とまで呼ばれていますが、これは1本5480円でした。これはとても手が出せません。

全国各地のビールを家庭用本格ビールサーバーで楽しむ。費用はビール料金のみ!

★最後までお読みいただきありがとうございます。

未成年の飲酒は法律で禁じられています。健康のため飲過ぎには注意しましょう。

「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

◆ソーダストリームを使って完全に私好みの炭酸水を作ってみた

www.goshuinbukuro.com

◆バランタインファイネストはトワイスアップが美味かったという記事

www.goshuinbukuro.com

◆スコッチウィスキーの原点であるザ・グレンリベット

www.goshuinbukuro.com

◆琥珀色のオーラが出ているシーバスリーガル

www.goshuinbukuro.com

◆同じく日本市場専用に開発されたホワイトホース12年

www.goshuinbukuro.com