酒とうどんと御朱印の日々

この1年でサンライズ出雲・瀬戸に3回乗りました。こんな素晴らしい列車を廃止させてはいけません。皆さん、乗って残しましょう。

風船を割って出てくるのは水滴?と疑うような不思議な和菓子

麺類

〖大井町〗麺壱 吉兆は際立った要素はないが全体として大変に美味しい

「麺壱 吉兆」は大井町駅からすぐの場所に位置する白河ラーメンの店で、のれんまでたどり着くのに1時間かかるような行列店です。どの部分を採っても際立ったものは特に感じられなかったのですが、スープと麺のバランスがとれており全体としては大変に美味し…

〖麺量〗ラーメン二郎横浜関内店のローカルルールとコールのタイミング

ラーメン二郎横浜関内店は次郎系の中では初心者向きの入りやすい店とされています。特有のローカルルールはあるもののそれほど難しいものではなく、コールもそれほど悩む必要はなさそうです。麺量は相当なものがあるので、最初は「小ラーメン」が必須です。

〖出雲そば〗「ほしえん」の割子そばは基本に忠実で味と香りがしっかりとしていた

「ほしえん」は出雲市駅近くにあるラーメン屋と蕎麦屋が合体した店です。こちらで提供される出雲そばは毎日店主がお店で完全手打ちしたもので、しっかりと氷水で締めた麺は味と香りがしっかりとした、コシがあるものでした。

〖出雲市駅〗ラーメン篠寛の担々麺は追い飯が必須

ラーメン篠寛は出雲市駅近くの一畑電鉄の高架下にある店で、担々麺が名物のラーメン屋です。居酒屋が中心で昼食をとる場所に困る駅周辺では貴重な存在で、辛さ控えめの担々麺には追い飯が必須です。

〖長谷〗HANABIの和風つけ麺は力強さと繊細さを兼ね備えていた味だった

「らーめんHANABI」は鎌倉の長谷にある有名店で、鎌倉大仏や長谷寺をお参りしてから立ち寄るのに適した場所に位置しています。リピート率がたかいという和風つけ麺はどっぢりとした力強さと繊細さを兼ね備えた味わいでした。

〖アクセス〗「築地場外で最も探しにくい」幸軒のラーメンは麺が美味かった

幸軒は築地場外市場のど真ん中に位置する「築地場外で最も探しにくい店」で、普通サイズの4倍くらいあるジャンボシュウマイで有名な店です。ラーメンはモッチリとした麺とあっさりしたスープがよく合っており、麺の美味さをスープがよく引き出していました。

〖追い飯〗麺屋こころの台湾まぜそばは「魚介系の油そば」というような味だった

麺屋こころ溝の口店は南武線の線路沿いにあり、台湾まぜそばが売りの非常に狭い店です。モッチリとした食感の極太麺は「魚介系の油そば」というような味わいで、「追い飯」は最後の締めとして最高でした。 台湾ラーメンの失敗から誕生した台湾まぜそば 名古…

〖成田〗らあめんcloverは透き通ったスープとツルツルの麺の組み合わせが素晴らしい

成田駅徒歩5分の「らあめんclover」は千葉県産の食材にこだわった店で、透き通ったスープとツルツルの麺の組み合わせには素晴らしいものがありました。成田山新勝寺の玄関口である成田には鰻屋しかないイメージがありましたが、調べてみると実はラーメンの激…

〖立川駅〗長田本庄軒のぼっかけオムそばは知らない間に大きく変わっていた

長田本庄軒は神戸を本拠地とする焼きそば専門店で、首都圏ではエキナカEASTのみに出店しています。名物のぼっかけオムそばは神戸・長田の味であるぼっかけを使った焼きそばの上にふんわりとしたオムレツをのせたもので、4年前とは外観が大きく変わっていまし…

〖二子新地〗らぁ麺みうらでは口の中が「心地よい油まみれ」になった

二子新地の「らぁ麺みうら」は新宿の有名店がプロデュースした知る人ぞ知る店で、地味で何もないというイメージがあった二子新地にこのような店があったとは驚きでした。大山どりの丸鶏を使用したスープは旨味たっぷりで、口の中が「心地よい油まみれ」にな…

〖南町田〗AFURIの塩ラーメンは優しく香ばしい味だった

今回は先日グランドオープンした南町田グランベリーパーク内のAFURIをご紹介します。店頭は連日の呆れるような行列となっていたため、プレオープンから10日以上経過してやっと訪れることができ、優しいく香ばしい味の塩ラーメンを堪能してきました。 予…

〖日ノ出町〗「たつ屋」の濃厚で甘みのある豚骨スープにクセや臭みは全くなかった

横浜・日ノ出町の「たつ屋」は自家製麺とじっくりと煮込んだ豚骨スープが自慢の博多長浜ラーメンの店で、濃厚でありながらスッキリとした、ほんのり甘さも感じられるようなクセのない味わいが印象的でした。

〖野毛〗「すみれ」横浜店の味噌ラーメンは濃厚でありながらスッキリとしていた

横浜・野毛の「すみれ」横浜店は新横浜ラーメン博物館で一躍有名になった札幌ラーメンの人気店が今年2月に電撃出店したもので、札幌以外で唯一「すみれ」のラーメンを食べることができる場所です。濃厚でありながらスッキリとしたスープとシコシコの麺が印象…

〖赤い悪魔〗蒙古タンメン中本町田店の北極ラーメンは辛さの奥に美味さがあった

今回は蒙古タンメン中本町田店の北極ラーメンは激辛で有名な店の看板メニューですが、店によって辛さの質が違っているように感じます。町田店の北極ラーメンは辛さの奥に美味さがありました。 蒙古タンメン中本の意外な歴史 店によって辛さの質が違うように…

〖伊勢佐木町〗玉泉亭のサンマーメンは野菜の甘さとスープの優しい味が印象的

今回は伊勢佐木町の玉泉亭(ぎょくせんてい)をご紹介します。神奈川のご当地麺のサンマーメンで有名な店で、ほどよく炒められた野菜の甘さと何とも優しい味のスープが印象的でした。 神奈川のご当地麺であるサンマーメン サンマーメン発祥の地として知られ…

〖横浜〗「麺場 浜虎」の醤そばはクセのないスムーズな味わいが特徴

今回は横浜の「麺場 浜虎」をご紹介します。私にとって麺類不毛の地である横浜駅周辺で唯一昔から通っている店で、仕事の関係で今でも定期的に訪れています。中華料理の技法を取り入れたスープと製麺工場のラインで使用するような製麺機で打たれた麺はバラン…

〖逆輸入〗ラーメン博物館で有名店の食べ歩きをしてみた⓶

今回は新横浜ラーメン博物館の第2弾として新たに3店舗ご紹介します。「全国各地のラーメンを飛行機に乗らずに食べに行ける」というコンセプトのラー博ですが、最近では海外の人気店を逆輸入のような形で出店させており、今回は博多の人気店に加えてドイツと…

〖鮫洲〗「ラーメン道楽」は免許更新の際に一度試してみるに値する

今回は鮫洲の「ラーメン道楽」をご紹介します。運転免許試験場で有名な街ですが、更新手続き終了後のランチという点でこれまで寂しさを感じてきました。新たな免許更新で訪れるに際して事前に調べたところ、意外な場所に人気のラーメン屋がありました。 きっ…

〖発見〗ココイチのメニューにカレーラーメンがあった

カレーハウスCoCo壱番屋の一部店舗ではメニューにカレーラーメンが入っており、マニアには大変な人気のようです。さすがココイチということでスープは麺よりもご飯の方が相性が良く、注文の際は追い飯が必須です。

〖新横浜〗ラーメン博物館で有名店の食べ歩きをしてみた。

今回は新横浜ラーメン博物館をご紹介します。ラーメン好きにとっては有名すぎるフードテーマパークで、各地の人気店が出店して「全国各地のラーメンを飛行機に乗らずに食べに行ける」ことができるようになっています。私自身はこれまで訪れたことがなく、乃…

〖狭小〗ラーメン二郎 三田本店はむしろあっさりとした味だった

今回はラーメン二郎三田本店をご紹介します。慶応大学三田キャンパスに隣接した有名店で、常に長蛇の列ができています。「二郎系」と呼ばれる超個性派ラーメンとして有名で、全国に約40店舗ある「ラーメン二郎」は全てこちらからのれん分けしたものです。見…

〖大和〗煮干しラーメンが見事な猫トラ亭の駐車場はここだ!

今回は大和の猫トラ亭をご紹介します。東名高速大和トンネルのすぐ近くにある店で、拡張工事のレポートで現地に向かう際にこれまで何度も近くを通っていました。濃厚でありながら柔らかな味わいのスープが特徴の店で、車で行くしかないような立地でありなが…

〖後楽園〗MENSHO TOKYOのラム豚骨つけ麺はよくできたカレー味に近い

今回は「自家製麺MENSHO TOKYO」をご紹介します。御朱印集めの際にたまたま見つけた店ですが、実はこれまで様々な媒体で取り上げられてきた超有名店でした。おしゃれな内装の店内で食べるラム豚骨つけ麺はよくできたカレー味に近かったと思います。 御朱印集…

〖淵野辺〗中村麺三郎商店は極上の麺とスープが口の中で一体化する

淵野辺の中村麺三郎商店は町田と相模原の中間のマイナーな街の中央に位置する印象的な名前の店で、テレビや雑誌といった数多くの媒体で紹介されています。独特の食感の麺にスープがよく絡み、口の中で極上の味わいとなりました。

〖藤沢駅〗「大船軒」のかき揚げそばは甘いつゆとしなしなの天ぷらの取り合わせが最高

鰺の押寿司で有名な大船軒は立ち食いそばでも知られており、藤沢駅ホームの階段の下で営業を続けています。(大船駅は閉店)その独特な味わいは東神奈川駅の日栄軒と同様に熱狂的ファンを抱えており、甘いつゆとしなしなの天ぷらを取り合わせたかき揚げそば…

〖我孫子駅〗弥生軒の唐揚そばは唐揚がどんぶりを埋め尽くしていた

JR常磐線我孫子駅のホームにある立ち食いそば屋「弥生軒」は巨大な唐揚で有名な店で、それに加えて画家の山下清が働いたこともある店としても知られています。通常の4倍サイズの唐揚が2個トッピングされたそばは唐揚がどんぶりに蓋をしたようになっていま…

〖乃木坂〗まる彦の「豚味噌らーめん」は食べても食べても肉が湧いてくる

今回は乃木坂らーめん東京食品まる彦の「豚味噌らーめん」をご紹介します。訪れるたびに新しい味わいのラーメンに出会える店ですが、今回も驚きの新メニューが待っていました。食べても食べてもドンブリから新たな肉が湧き出てくるようなラーメンは1200円と…

〖三ノ輪〗「トイ・ボックス」は濃厚でありながらすっきりとした味わいが特徴

「トイ・ボックス」は仕事や趣味で何度も訪れてきた三ノ輪にあり、ミシュランでビブグルマンを獲得するような人気店です。濃厚でありながらもすっきりとした透明感のある味わいのスープが特徴です。

〖さがみ野〗「博多どんたく」のちゃんぽんは見た瞬間目を疑った

さがみ野の「博多どんたく」はネット上の記事でたまたま見つけた大盛ちゃんぽんが売りの店ですが、実際に目の当たりにすると一瞬目を疑いました。じっくり味わえたのは最初だけで途中からは完食のために必死にならざるを得ず、挑戦する方はそれなりの覚悟が…

〖店長〗ラーメン二郎相模大野店で必須の「暗黙のルール」とは?

ラーメン二郎相模大野店は最低限の「暗黙のルール」さえ知っていれば怖いということはありません。初回はぜひ「ラーメン少なめ」で「そのまま」とコールすることをお勧めします。「スモジ」の異名で知られる二郎系の中でも超個性派店長がいる面倒な店という…