酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖鎌倉〗佐殿を助けた坂道だらけの佐助ヶ谷で頂く御朱印まとめ

今回は鎌倉の佐助ヶ谷(さすけがやつ)で頂ける御朱印をご紹介します。佐殿(すけどの)と呼ばれた源頼朝にゆかりの深い地域で、平家打倒に成功した頼朝がお礼に建てた神社が残されています。源氏山の西側に広がる谷あいの地域であるため、どうしても急な坂を上り下りしなければなりません。

管理人からのお知らせ
当ブログでご紹介した中で特にお勧めのスポットをご案内します。詳しくはコチラ👇

tabica.jp

佐殿を助けた「佐助ヶ谷」は坂道だらけ

佐助ヶ谷は源氏山の西側に広がる谷あいの地域です。観光客であふれかえる鎌倉の各地に比べると落ち着いており、佐助トンネルのおかげで鎌倉駅に楽に出られることもあって現在では相当な高級住宅地となっています。

佐助の最高額物件(私が19年間不動産業界で生きてきた中で実際に見た最も高額な物件は佐助にある)

源氏山は後三年の役で奥州に向かう源義家が山頂に白旗を立てて先勝祈願をした源氏ゆかりの地で、現在は源頼朝像が一帯を見下ろしています。

平治の乱で敗れて伊豆に流されていた源頼朝は日夜平家討伐を念じていましたが、このあたりにあったかくれ里の稲荷と名乗る老人が頼朝の夢枕に立ち、平家討伐の挙兵を促したという伝説があります。最終的に頼朝は平家を滅ぼして鎌倉に武家政権を樹立することに成功しますが、当時「佐殿(すけどの)」と呼ばれていた頼朝を助けたという事で、この地域一帯は佐助ヶ谷と呼ばれるようになりました。

谷あいの地であるためどうしても坂道が多くなります。

鎌倉最強の出世・開運のパワースポットといわれる佐助稲荷神社

念願かなって平家を打倒した頼朝は夢枕に現れた稲荷神に感謝してこの地に社殿を建設しましたが、それが佐助稲荷神社です。

下社銭洗弁財天へ向かうルートの途中で左折し、住宅街の中の道を進むと下社の社殿が現れます。

十一面観音下社の隣に位置するのは縁結び観音として知られる十一面観音で、毎年5月18日に御開帳となるそうです。

千本鳥居下社と拝殿の間は京都の伏見稲荷大社を思わせる千本鳥居で結ばれています。

拝殿流人だった頼朝を征夷大将軍にまで導いたということから佐助稲荷神社は出世稲荷として信仰されるようになり、今では鎌倉最強の出世・開運のパワースポットとまでいわれています。

本殿本殿は拝殿の後方に回り込んだ場所にあります。

f:id:minamimachida0706:20180825230409j:plainもともとこの地は田畑を潤す水源地でした。この水源を霊狐泉として讃えています。

霊狐泉お稲荷さんだけあって境内は狐で一杯でした。

御朱印御朱印所は下社と上社のいずれかで、神職が御霊神社と兼務しているということから不在の場合もあります。その場合は基本的には書置きで、御朱印帳への直書きを希望する場合はこちらで朱印だけ押してもらい、残りは御霊神社の社務所で完成させます。

スポンサードリンク

財布職人が作る開運の財布。開運財布だからこそ高品質に作りたい!

銭洗弁財天で洗った銭は使うことが大切

頼朝は夢枕に現れた稲荷神のお告げで平家打倒を決意し、同様に夢枕に現れた宇賀福神のお告げに従って佐助ヶ谷の岩壁に湧く霊水を見つけます。そこに洞を穿ち社を建てて宇賀神を祀りますが、それが現在の銭洗弁財天です。

銭洗弁財天のトンネル銭洗弁財天は源氏山に向かう急な坂の途中にいきなり現れます。このトンネルは戦後掘られたとのことです。

社殿社殿には神話に登場する水の神様である市杵島姫命が祀られています。

銭洗い1257年に、北条時頼がこの霊水で銭を洗って一族繁栄を祈ったのが銭洗の始まりだといわれています。

洗った銭洗った金はハンカチ等でよく拭き、保存するのではなく「使う」ことが大切です。それによって世の中にお金がまわり、再び自分の所に戻ってくるのです。

芸術的御朱印

これまで頂いてきた数多くの御朱印の中でも屈指の芸術的御朱印です。

縁結びの穴場スポットとして知られる葛原岡神社

大鳥居銭洗弁財天は源氏山公園へと昇っていく急な坂道の途中にありますが、葛原岡神社はその坂道をさらに登り切った場所に位置しています。

社殿葛原岡神社は後醍醐天皇の側近であった日野俊基を祀っています。

後醍醐天皇は再三にわたり討幕を企てますが、ことごとく事前に発覚します。全ての謀議に加わっていた日野俊基は一度目の正中の変では鎌倉に連行されたもの赦免されますが、二度目の元弘の乱で俊基は斬刑、後醍醐天皇は隠岐島に流されました。

後に明治天皇は俊基を明治維新の先駆けであると高く評価し、地元有志と全国の崇敬者の協力により明治20年に最期の地である葛原岡に俊基を御祭神とした神社が創建されました。

「日野俊基終焉の地」碑社殿の脇に「日野俊基終焉の地」碑が建てられています。当時この地は処刑場だったようです。

縁結び石の大黒様日野俊基は「建武の新政」に道を開いたという事で開運の神様、また優れた文章家であったことから学問の神様とされてきましたが、最近は縁結び石の大黒様の関係で縁結びの穴場スポットとしてテレビでも紹介されています。

f:id:minamimachida0706:20180825231141j:plain大変にシンプルな御朱印です。

スポンサードリンク

※「開運はお財布から」 財布製造50年以上!縁起がいいだけではありません!高品質高素材で財布職人が自信を持って作っています。詳しくはコチラ

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでお読みの方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆北鎌倉で頂ける御朱印まとめ

www.goshuinbukuro.com◆扇が谷で頂ける御朱印まとめ

www.goshuinbukuro.com

◆二階堂で頂ける御朱印まとめ

www.goshuinbukuro.com

◆金沢街道沿いで頂ける御朱印まとめ

www.goshuinbukuro.com

◆大町で頂ける御朱印まとめ

www.goshuinbukuro.com

◆材木座で頂ける御朱印まとめ

www.goshuinbukuro.com

◆長谷で頂ける御朱印まとめ

www.goshuinbukuro.com