酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖富裕層〗ローヤルは味も香りもフルーティーだった

今回はローヤル(スリムボトル)をご紹介します。サントリーで長らく最高グレードに位置付けられていたウィスキーで、現在でもその名残をしっかりと残しています。フルーティーな味と香りはどの飲み方でもしっかりと感じることができました。

スポンサードリンク

 

かつては富裕層の贈答用の酒だった

ローヤルはサントリーの創業60周年を記念して昭和35年に発売されました。サントリーの創業者であり初代マスターブレンダーである鳥井信治郎は日本人が本当においしいと感じる味わいを求め続け、長年にわたるウィスキーづくりの過程で自身が培った香り・味・色の「黄金比」を体現化した最後にして最高の名作がローヤルとされています。

発売当時に最高級酒であったオールドよりも上のクラスであったことから途方もない値段がつき、一部の富裕層が主に贈答用として買うということが多かったようです。リビングの戸棚の中にある父のウィスキーを盗み飲みするところから私の酒歴はスタートしましたが、記憶をたどってみてもローヤルが置かれていたことはなかったと思います。

「山崎」や「響」の登場によりサントリーのラインナップの中では中堅どころとなり、また酒税法改正により以前よりも求めやすい価格になってはいますが、それでも超高級酒だった時代の名残をしっかりと残しています。

独得なボトルの形状には秘密があった

ローヤル今回購入したのは660mlの「スリムボトル」ですが、通常版のローヤルのボトルは発売開始から現在までの約60年間ほとんど変化していません。

「高級酒」という雰囲気をプンプンさせているその形状は漢字の「酒」のつくりの部分である「酉」をかたどっています。この文字は毎年11月の「酉の市」で知られる十二支の十番目の「とり」で、同時に酒の壺や酒器をも意味します。また、微妙なカーブを描く栓は、山崎蒸溜所の奥にある神社の鳥居にちなんだものです。

開封するためにはナイフでスパッと紐を切らなければならず、こんなところでも高級酒を演出しています。(スリムボトルにはそこまでの演出はありません.)

スポンサードリンク

希少部位である一本釣りのびん長まぐろの「とろ」のみを使用した1尾より1缶しか製造できないツナ缶。

ストレート

ストレートフルーティーな香りです。全体的にオールドをより強烈にしたような味わいで、ピリピリ感はあるものの舌先で甘さを感じます。飲み込むと口の奥に柑橘系の香りが広がりました。

ロック

ロック氷を入れることにより口当たりが滑らかになりました。フルーティーな味と香りは一層柔らかになったように思います。

水割り

南アルプスの天然水次いで水で割ります。合わせる水は南アルプスの天然水です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

トワイスアップ水を加えている時点で香りが漂ってきました。当然ながら何もかもストレートより柔らかくなりますが、水を加えることにより味と香りが活性化したようであり、ストレートやロックよりもフルーティーさを感じることができるようになりました。

それでいてストレートの時の強さはしっかりと残っています。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

ハーフロックスッキリ爽やかな「これぞサントリー」というような味わいといなりました。

ハイボール

ハイボール

炭酸のほろ苦さがウィスキーに合っており、味に厚みが加わりました。シャキッとした部分もあり、ゴクゴク飲むことができます。

スポンサードリンク

ツナ缶原料として最高級の日本で水揚げされた一本釣りのびん長まぐろとイタリア料理で最高級のエキストラバージンオリーブオイルを使用した究極のおつまみ。ウィスキーには動物性たんぱく質が合う

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

◆サントリーのウィスキー

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com