酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖1608〗ブッシュミルズは世界最古の免許を持つ蒸留所で製造された

今回はアイリッシュウィスキーのブッシュミルズをご紹介します。世界に現存するウィスキー蒸留所の中で最も古い免許を持つ蒸留所で製造され、スムーズで口当たりの良さが印象的な大変に飲みやすいウィスキーでした。

アイリッシュウィスキーとは

世界五大ウィスキーといえばスコッチ、バーボン、アイリッシュ、カナディアン、ジャパニーズですが、日本でアイリッシュウィスキーはまだまだマイナーな存在のようで、当ブログでもタラモアデューとジェムソンの2種類しかまだご紹介していません。

アイリッシュウィスキーは発芽していない大麦、小麦、ライ麦を大麦麦芽で糖化・発酵させるのですが、石炭がふんだんに使用できるため大麦麦芽の乾燥にピートを使っておらず、スモーキーさの全くない口当たりの良さが特徴となっています。

現存するウィスキー蒸留所では最古の免許を持つ蒸留所

「ウィスキー」という言葉の由来は、「命の水」を意味するアイルランド語の「イシュケ・バーハ」に由来するとされ、アイリッシュウィスキーはスコッチよりも歴史が古いという説もあります。

ブッシュミルズブッシュミルズは北アイルランドのブッシュミルズ蒸留所で製造されていますが、現存するウィスキー蒸溜所としては世界で最も古く1608年にジェームズ1世から免許を受けており、ラベルやらボトル(正面一番下)やら要所要所でこの「1608」をアピールしています。

ウィスキー製造において蒸留は通常2回行われますが、アイリッシュウィスキーの多くが3回実施しています。1回目の蒸溜で20%のアルコール度数になり、2回目の蒸溜で約70%にまで純度を高め、もう一度蒸溜することでアルコール度数を70%から85%に上げるのですが、これにより軽やかでフルーティーな花の香りと滑らかな味わいを生み出すことができます

1889年のパリ万国博覧会において、ブッシュミルズはウィスキーで唯一の金賞を受賞しています。

毎月2本のワインとテキストでイタリアワインを学習

ストレート

ブッシュミルズのストレートスモーキーさやアルコールによるピリピリとした刺激はなく、滑らかで柔らかな味わいで、ほんのりとした甘さを感じます。ストレートでもスムーズで飲みやすいウィスキーです。

ロック

ブッシュミルズのロック滑らかな味わいですが、氷を入れることによってシャープになり、それによって甘さがはっきりとしてきました。

水割り

ブッシュミルズとボルヴィック次いで水で割ります。合わせる水はボルヴィックです。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

ブッシュミルズのトワイスアップ水を加えることによりさらに柔らかく滑らかになり、甘さもさらりとしたものになりましたが、他のウィスキーと比べると少し弱いかもしれません。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

ブッシュミルズのハーフロックさらりとしつつしっかりとした味わいもどことなく残されています。ほんのりとした甘さを感じます。

スムーズで飲みやすいウィスキー

スムーズで滑らかというアイリッシュウィスキーの特色を見事に体現していますが、少し弱いと感じる人もいるかもしれません。それでもストレートかロックなら大いにありだと思います。

 

※毎月2本のワインとテキストが届きます。基礎知識だけでなく、文化・歴史・生産地域などイタリアワインの多様性を北から南まで学べます。詳しくはコチラ

イタリアワイン通信講座

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆アイリッシュウィスキーのタラモアデュー

www.goshuinbukuro.com

◆アイリッシュウィスキーのジェムソン

www.goshuinbukuro.com

◆バーボンウィスキーのフォアローゼス

www.goshuinbukuro.com

◆カナディアンウィスキーのカナディアンクラブ

www.goshuinbukuro.com