酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖砂糖楓〗ジャックダニエルは「ドライ」な後味が印象的だった

今回はジャックダニエルをご紹介します。角ばったボトルに黒いラベルが貼られた酒売り場でも一際目立つ存在で、バーボンウィスキーでありながらそれ以上にテネシーウィスキーであることを主張しています。ジャックダニエルの主力銘柄「オールドNo.7」が単一銘柄のウィスキーでは世界一の売り上げであるともいわれています。

7歳から働き始めたジャックダニエル

テネシー州の貧困な家庭で生まれ育ったジャックダニエルは7歳からウィスキーを製造・販売していた宣教師のもとに働き始めますが、そこでウィスキーの製造技術を習得し、1863年に弱冠13歳で牧師よりウィスキー事業のすべてを引き継ぎます。蒸留した原酒を樽詰めする前にサトウカエデの炭で濾過するチャコール・メローイング製法でのウィスキーの造りは、この時に伝授されたといわれています。

ジャックダニエル1866年には自分で造ったウィスキーを自分の名前を刻んだ陶器のボトルに詰めて販売を開始し、1904年のセントルイス万国博覧会に現在のブラックラベルである「オールドNo.7」出品します。ここで世界各国のウィスキーの中で唯一金賞を獲得し、これによって世界的に認められる存在となりました。数多くの試作品の内、7番目のレシピを使用しているので「オールドNo.7」なのだそうです。

蒸留済みの原酒をサトウカエデの炭で濾過するテネシーウィスキー

ジャックダニエルはバーボンウィスキーですが、それ以上にテネシーウィスキーであるとされています。

アメリカの連邦アルコール法によるとバーボンとは

1.原料にトウモロコシを51%以上使用(80%以下)
2.アルコール度数80度以下で蒸留
3.内側を焦がしたホワイトオークの新樽に62.5度以下で樽詰めする
4.水以外を加えずに、アルコール度数40度以上でボトリングする

とされています。テネシーウィスキーではこれに加えて

1.テネシー州で生産されていること
2. 蒸留した原酒を樽詰めする前にサトウカエデの炭で濾過する
という2つの条件が加わります。そのためエネシーウィスキーは全てバーボンでもあるのです。

工場内に大型消防車を配備しているジャックダニエル

ジャックダニエルでは製造の肝である炭まで自社で製造しています。

製材所で約4cm角に切断したサトウカエデを約2〜3週間をかけて櫓状に組んで乾燥させ、蒸溜したての原酒を振りかけて一気に燃やします。

およそ2時間かけて焼いた炭を細かく砕いたら、深さ約4メートルある専用の濾過槽に敷き詰め、蒸溜したばかりの原酒を垂らします。濾過は、数日かけて行いますが、そうすることで、ウィスキーから雑味が取り除かれ磨きがかかるのです。

大量のアルコールを貯蔵し、それに加えて炭焼きまで行っていることから、火災対策として工場内に大型消防車を配備しています。

ストレート

ジャックダニエルのストレート分厚く力強い味わいで、アルコール分が口の中にこもり、最初の一口はブホッとむせてしまいました。「何だこりゃ」というのが第一印象で、二口目以降は特に何という事もありませんでしたが、今まで飲んできたどのウィスキーとも違っていたと思います。ほんのりとした甘さの後に強めのドライ感がありました。

ロック

ジャックダニエルのロック一瞬だけ果実の風味を感じます。氷を入れて滑らかになり、甘さがより分かるようになったと思いますが、後味は基本的にドライです。

水割り

ジャックダニエルと南アルプスの天然水次いで水で割ります。合わせる水は南アルプスの天然水です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

ジャックダニエルのトワイスアップアルコール感が弱まり、ふんわりと柔らかい味わいとなりました。ほんのりと甘く、それでも後味はしっかりとドライで、ストレートに比べるとずいぶんと飲みやすくなっています。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

ジャックダニエルのハーフロック爽やかではありますが、まとまり過ぎに感じます。これまで感じてきたドライさが無くなりました。

「ドライ」な後味が印象的だった

四種類の飲み方の中ではロックが一番であったように思います。これまで飲んできたウィスキーはどれも甘さをどのように表現するか苦労してきたのですが、ジャックダニエルではドライな後味が印象的で、これまで感じたことの無い味わいにとにかく驚かされました。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆代表的バーボンのジム・ビームの記事

www.goshuinbukuro.com

◆個性的な名前と味わいだったジムビーム・デビルズカット

www.goshuinbukuro.com

◆松田優作が愛したバーボンのアーリータイムズ

www.goshuinbukuro.com

◆歴代大統領が愛したワイルソターキー

www.goshuinbukuro.com