酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖大阪万博〗リザーブは水割りに適したサントリーらしいウィスキーだった

今回はサントリーリザーブをご紹介します。

どこの酒屋を覗いてみても2,000円台前半という価格帯となっており、角瓶やオールドと比べるとやや格上で、ニッカで言えばスーパーニッカと同レベルではないかと思われます。

大阪万国博覧会のために開発されたウィスキーだった

サントリーリザーブのボトルサントリーリザーブが誕生したのは昭和44年です。翌年に開催される大阪万博においてサントリーはパビリオンを出展することが決まっており、「海外から来たお客さんが見ても、見劣りのしないウイスキー」を開発する必要がありましたが、それは同時に「日本人に愛される日本人のためのウィスキー」を追求し続けてきたサントリーにとっての大きな変革であったと思います。
まだ白州蒸留所が竣工前であったため全て山崎蒸留所のモルトを使用していましたが、当時超高級酒であったオールドよりも求めやすい価格帯となり、リザーブは新たなサントリーの看板商品になりました。

いつの間にかオールドより格上になっていた

発売直後は求めやすさが売りだったリザーブですが、私が酒を飲み始めたころには既にオールドより格上になっていたと思います。
リザーブは平成8年からは10年物にリニューアルし、平成10年になると「リザーブ10年・シェリー樽仕上げ」が発売されます。この時代はちょうど私がビール党からウィスキー党に変わった時代でしたが、リザーブの黒いボトルとシェリー樽仕上げの銅色のボトルが酒屋の棚に並んでいる様子が実に印象的であったことを覚えています。
その後リザーブは12年物となって一段と高級路線に走りますが、平成20年からは年数の表記が消えています。(これをノンエイジウィスキーと呼ぶ)
現在では白州蒸留所のモルトがキーモルトとなっているということなので、当初のものとはかなり違う味わいになっているのではないかと思われます。

ストレート

サントリーリザーブのストレートとにかく滑らかな味わいで、アルコールによるピリピリした刺激はほとんどありません。口の中全体に甘い香りが広がりますが、全体的には平べったい味であったように思います。

ロック

サントリーリザーブのロック氷で冷やすことによりとろみが出てきたように思います。ストレートの時より甘みが強くなり、スッキリとした味わいになりました。

ハーフロック用のグラスちなみに今回使用しているグラスは山崎蒸留所の売店で購入したハーフロック用のグラスです。

ハーフロック用グラスの底底に「HALFROCK」と刻まれているのがお分かりいただけますでしょうか。

水割り

リザーブといろはすの天然水次いで水で割ります。合わせる水はいろはすの天然水です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

サントリーリザーブのトワイスアップバランスはとれていますが、はっきり言ってゆるくて柔らかすぎであるように感じます。ちょっとこの飲み方はないようです。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

サントリーリザーブのハーフロックゆるゆるだったトワイスアップに氷を入れると俄然味が引き締まりました。すっきり爽やかでありながら適度なコクと味わいがあり、これぞ日本の水割りであるように感じます。
リザーブに関してはハーフロックが最も適した飲み方であるようです。

水割りに適したサントリーらしいウィスキーだった

本場の味を再現することにこだわったニッカに対し、サントリーは日本人に合ったウィスキーを追求してきたことはよく知られています。
「ブレンドに際して何より心血を注いできたのは、水割りにしたときに、決してくずれることのないバランスの良さを生み出すことにありました。」とサントリー発行のWHISKYBOOKに書かれていますが、リザーブはまさにサントリーらしさが表れたウィスキーではないかと思います。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆サントリーの代表ブランドである角瓶の記事

www.goshuinbukuro.com

◆同じくサントリーの代表ブランドであるオールドの記事

www.goshuinbukuro.com

◆ニッカのライバル商品であるスーパーニッカ

www.goshuinbukuro.com

◆ニッカを代表するノンエイジウィスキーである竹鶴

www.goshuinbukuro.com