酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗成子天神社では御朱印帳をすぐに閉じてはいけない

今回は西新宿の成子天神社の御朱印をご紹介します。

成子天神社は新宿駅から徒歩11分で青梅街道に面した立地の良い神社です。

f:id:minamimachida0706:20180122000746j:plain再開発事業を行うことにより社殿の建て替えを実施した、今後の神社のありようを示したモデルケースの一つとなるのではないかと思います。

実は大変に古くからある神社だった

成子天神社の創建は903年で、菅原道真の死を悲しんだ家臣が生前に彫られた像を平安京から持ち帰って祀ったことがきっかけとされています。鎌倉時代には源頼朝が社殿を造営するほどの神社でしたが、江戸時代に発生した火災により全ての記録や社宝を焼失してしまい、そのまま現在地に移転してきました。

先の大戦における空襲でも社殿を焼失したため、昭和41年に鉄筋コンクリート造にて社殿を再建したのですが、老朽化のため、大手不動産会社による再開発計画の一環として社殿の建て替えと敷地内の施設の整備を実施しています。

成子天神社の境内

表参道

f:id:minamimachida0706:20180122000931j:plain

七福神

f:id:minamimachida0706:20180122001010j:plain成子天神社では境内の各所に七福神が祀られており、一社で七福神巡りができます。

水準点

f:id:minamimachida0706:20180122001049j:plain明治24年に現在の千代田区永田町1丁目に「日本水準原点」が設置された際、水準原点の変動監視のため5か所に設置された一等水準点の1つで、当時の標高は36.2248mでした。この水準点は既に廃点となっていますが、現在も毎年、東京都により測量を続けられています。

大鳥居

f:id:minamimachida0706:20180122001159j:plain

楼門

f:id:minamimachida0706:20180122001238j:plain

神楽殿

f:id:minamimachida0706:20180122001326j:plain都内の神社の神楽殿としては有数の広さです。

神輿庫

f:id:minamimachida0706:20180122001413j:plain

撫牛

f:id:minamimachida0706:20180122001504j:plain天満宮に撫牛は欠かせません。

狛犬

f:id:minamimachida0706:20180122001601j:plainど新品の撫牛と違い、狛犬は古くからのものが残されていました。

力石

f:id:minamimachida0706:20180122001643j:plain祭礼の際に力比べで用いられました。

拝殿

f:id:minamimachida0706:20180122001726j:plain

本殿

f:id:minamimachida0706:20180122001808j:plain

境内社

大鳥神社

f:id:minamimachida0706:20180122001848j:plain

大神宮

f:id:minamimachida0706:20180122001927j:plain天満宮を祀る以前からこの地に祀られていました。

鳴子稲荷神社

f:id:minamimachida0706:20180122002020j:plain

水神宮

f:id:minamimachida0706:20180122002129j:plain

f:id:minamimachida0706:20180122002201j:plain井戸の神として知られています。井戸からは現在でも水を汲み上げることが出来ます。

区内最大規模の富士塚

f:id:minamimachida0706:20180122002248j:plain境内にあった小山に富士山の溶岩を配して大正9年につくられたもので、高さ12mで区内最大規模です。東日本大震災で被害を受けましたが、社殿と同様に再開発事業の中で整備されました。

f:id:minamimachida0706:20180122002339j:plain山頂近くの足場がかなり悪く、注意しないと滑落の危険があります。

浅間神社

f:id:minamimachida0706:20180122002417j:plain富士塚に隣接していて、富士山の神様である此花咲耶姫を祀っています。

大手不動産会社による再開発を利用した神社の再生

成子天神社では先の大戦における空襲により社殿が焼失し、昭和41年に鉄筋コンクリート造の社殿を再建しました。

f:id:minamimachida0706:20180122002649j:plainしかし築後50年近く経過して老朽化したため、神社の敷地内に分譲マンション及び賃貸マンションを建て、それに合わせて社殿の建て替えや境内の整備を行う再開発事業によりまっさらの神社に再生されました。

いわば鎮守の森の中に高層マンションが建つわけですから近隣ではかなり激しい反対運動が行われたようですが、老朽化した神社の再生策としてはやむを得ないものではないかと思います。

富岡八幡宮で起こった宮司の殺人事件により一部の有力神社の金満ぶりが明らかになりましたが、時代の流れの中でほとんどの神社の経営が悪化しており、存続すら危ぶまれているところも多いようです。

f:id:minamimachida0706:20180122002945j:plain

マンションに隣接した地上27階建ての分譲高層マンションは70年の定期借地権付きで、毎年地代が入ってくる上に期限が来れば土地は神社に戻ります。また賃貸マンションからは賃料収入があるため、この再開発により神社は財務面でかなり助かるのではないかと思われます。

f:id:minamimachida0706:20180122002759j:plain近代的なビルやマンションと共生することにより、金をかけずに不動産会社の力で神社を再生するというのは、都心部の神社のありかたとして今後も増えてくると思われます。

御朱印

御朱印は社務所で頂けます。

f:id:minamimachida0706:20180122003026j:plain墨をたっぷりと筆に含ませたと思われる豪快な書体ですが、墨がまだ乾いていない状態で押さえ紙なしに御朱印帳を開いたまま渡され、非常に困惑しました。

仕方なく墨が乾いたことが確認できるまで、御朱印帳を開いたまま境内を散策しましたが、これは何とかならないものかと思います。

◆日本橋周辺の再開発の中で再生した福徳神社

www.goshuinbukuro.com

◆最新鋭免振構造の建物として生まれ変わった水天宮

www.goshuinbukuro.com

◆超高層ビルと共生している虎ノ門金刀比羅宮

www.goshuinbukuro.com

◆タワーマンション建設と共に再生された御穂鹿嶋神社

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。