酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗品川神社の富士塚からレインボーブリッジが見えた

今回は品川神社の御朱印をご紹介します。

東京十社の一つであり都内最大の富士塚がある品川神社

根津神社や神田神社といった東京十社の一つであり、都内最大の富士塚がある場所でもあります。

品川神社の由緒

1187年に源頼朝が海上交通の安全と祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である天比理乃咩命を勧請し、品川大明神と称したことが品川神社の起源となっています。

1319年に鎌倉幕府最後の執権北条高時の家来であった二階堂道蘊が、産業の守護神として宇賀之亮命を勧請し、さらに1478年に太田道灌が、風水害、疫病、歌謡の守護神として素戔雄命を勧請しました。

江戸時代には徳川家の手厚い保護を受け、建物の再建・修復などは全て幕府が賄う「御修復所」となり、1694年、1850年の火事で焼失した際にはいずれも徳川将軍家の命で再建されています。

明治2年に富士塚が造られ、神仏分離令により一時破壊されましたが明治5年に再築し、大正11年の第一京浜国道建設の際に現在地に移築されました。昭和50年に定められた東京十社の一つとなっています。

品川神社の境内

一の鳥居

東京三鳥居の一つである品川神社の一の鳥居石造りの双龍鳥居で、見事な龍が彫刻されています。双龍鳥居は杉並区の高円寺と馬橋稲荷神社にもあり、品川神社の鳥居と合わせて「東京三鳥居」ともいわれています。

大黒天

品川神社の大黒天品川神社が「東海七福神」の大黒天を担っているため建てられました。

二の鳥居

品川神社の二の鳥居参道は初詣客でいっぱいです。

三の鳥居

1648年に寄進された三の鳥居1648年に寄進されたものです。

神楽殿

周辺で餅つきが行われていた神楽殿周辺では餅つきが行われていました。

社殿

昭和39年に建替えられた品川神社の鉄筋コンクリート造の社殿品川神社は空襲の戦火から逃れることが出来ましたが、老朽化が進行したため昭和39年に鉄筋コンクリート造の新社殿に建替えられました。

本殿

品川神社の本殿

寶物殿

品川神社の寶物殿

境内社

阿那稲荷神社(上社)

阿那稲荷神社は上社と下社に分かれています。

阿那稲荷神社上社の千本鳥居

天の恵みの霊を祀る阿那稲荷神社上社『万物は「天・地・水」の恵みを受けて生成化育し、米は一粒の種より萬倍の稲穂となる』という「一物萬倍」の中で、上社は天の恵みの霊を祀っています。

阿那稲荷神社(下社)

阿那稲荷神社下社下社は地の恵みの霊とご神水を祀っています。

地の恵みの霊とご神水を祀る阿那稲荷神社下社ここで銭を洗うと万倍になると伝えられており、洗った銭は北品川の商店街で使用すると吉なのだそうです。

祖霊社

品川神社境内社の祖霊社

御嶽神社

品川神社境内社の御嶽神社木曽御嶽山を祀る御嶽信仰によるものです。

都内最大規模の富士塚

富士塚は富士山信仰において富士山を遥拝する場所であり、あるいは富士山に登れない人が代わりに登るための築山です。各所にありますが、品川神社の富士塚は高さ約15mで都内のものでは最大規模とされています。

浅間神社

山開きの儀式を行なう品川神社境内社の浅間神社毎年7月1日に近い日曜日に、品川神社の富士講全員による山開きの儀式をこちらで行ないます。

富士塚に登ってみる

品川神社の富士塚

品川神社の富士塚品川神社の富士塚は富士山の溶岩で作られており、登れば本物の富士山に登ったのと同じご利益を受けられるとされています。

品川神社の富士塚からの眺望頂上部分からの眺めは抜群です。

品川神社の富士塚から見たレインボーブリッジ主塔の先端部分だけですが、レインボーブリッジも見えました。

御朱印

品川神社の御朱印所御朱印は社務所でいただけます。

品川神社のオーソドックスな御朱印オーソドックスな御朱印を頂きました。相当な待ち時間を覚悟していたのですが、瞬く間に頂くことができました。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆将棋会館に隣接した鳩森八幡神社の富士塚も大きかった

www.goshuinbukuro.com

◆田町の御穂鹿嶋神社も印象的な神社だった

www.goshuinbukuro.com

◆元禄時代の姿をそのまま残す根津神社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆東京十社の一つである神田明神の記事

www.goshuinbukuro.com