酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

「大和トンネル拡がります」って一体どうやって?④

東名高速道路大和トンネル付近を起点とする渋滞緩和策として現在トンネル拡張工事が進行しており、進捗状況をご案内してきましたが、前回から2ヶ月経過してしまいました。

f:id:minamimachida0706:20171219195923j:plain

大和トンネルはアメリカ海軍と海上自衛隊の厚木基地の滑走路の延長線上にあります。

f:id:minamimachida0706:20171219200000j:plainそのため離陸直後や最終着陸態勢の飛行機がトンネルの真上を通ることになります。

東名高速道路建設前の1961年1月には離陸に失敗した米軍機の墜落事故が起きており、基地の北側を走る相鉄線の架線が切断される被害がありました。このため墜落事故に備え、被害を軽減させるために高速道路に蓋をする形でトンネルが設けられたのです。

この区間の渋滞緩和策の目玉として大和トンネル(280m)とその東京側の橋梁部(530m)を上下線とも1m拡幅したうえ路肩を削り、既存の車線を1車線当たり25㎝狭くして1車線分をひねり出すという工事が進行中です。

これまで見たところでは周囲の土を削ってトンネルの壁を掘り出し、その外側に新たにコンクリートの壁を設置しています。

上り線側

f:id:minamimachida0706:20171219200141j:plain

f:id:minamimachida0706:20171219200210j:plain

f:id:minamimachida0706:20171219200242j:plain

下り線側

f:id:minamimachida0706:20171219200646j:plain

f:id:minamimachida0706:20171219200723j:plain

f:id:minamimachida0706:20171219200749j:plain

現時点での状況

この2ヶ月の間に、新たに設けようとしている壁の長さが上り下り共随分と伸びたように思います。

現時点の進行状況から考えると今あるトンネルの外側に新しい壁を作り、蓋をかぶせ、内側の壁を壊すことにより道路を拡張するというものなのだと思います。

f:id:minamimachida0706:20171219201255j:plainしかしそうだとすると、前回発見した謎の壁の意味がわかりません。

また、高速を通行止めにすることなく内側の壁をいかにして壊すのか、興味深いものがあります。

とにかく工事の行方をもう少し見守りたいと思います。

◆最新の状況

www.goshuinbukuro.com

◆これまでの経過

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。