酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗浄土真宗の東本願寺(浅草)でもいただけた

今回は浅草の東本願寺の御朱印をご紹介します。

かっぱ橋道具街に隣接して巨大な寺院があることには以前から気付いていましたが、「本願寺」という名前が入っていることで、「じゃあ浄土真宗だ」ということでしばらく放置してしまっていました。

血脈と法脈が影響する浄土真宗の宗派

本願寺の正式名称としては「浄土真宗東本願寺派本山東本願寺」となっています。

浄土真宗本願寺教団は戦国時代に各地で一向一揆をおこすなど巨大な力を持っていましたが、豊臣秀吉や徳川家康による宗教政策によって東西に分裂しました。現在では京都の西本願寺を本山とする本願寺派と東本願寺を本山とする真宗大谷派という2つの大きな宗派を始めとする「真宗十派」と言われる宗派があります。

 

その他にも数多くの宗派がありますが、真宗大谷派の内部で発生した「お東騒動」と呼ばれる紛争により、1988年に独立して結成されたのが東本願寺派です。

浄土真宗では僧侶に肉食妻帯が公然と許されており、師弟関係によって発生する法脈に加えて血縁関係による血脈が影響します。浄土真宗における宗派のややこしさはこの点が関わっているように思えてなりません。

東本願寺の歴史

東本願寺は1591年に神田に創建し、その後京都の東本願寺の別院となりました。1657年の明暦の大火により焼失し、浅草に移転して浅草本願寺と呼ばれるようになります。

境内は1万5000坪の広さを誇り、その姿は葛飾北斎の富嶽三十六景にも描かれています。その後火災による焼失と再建を繰り返し、関東大震災による焼失の後、昭和14年に現在の鉄筋コンクリート造の本堂が竣工しました。

昭和40年に浅草本願寺から東京本願寺に改称し、平成13年より現在の名称となっています。

東本願寺の境内

正門

f:id:minamimachida0706:20171123235359j:plain

本堂

f:id:minamimachida0706:20171123235447j:plain

鉄筋コンクリート造の巨大な建物で、自動ドアを通って中に入ると、巨大な空間の正面に安置されている黄金の阿弥陀如来座像が目に飛び込んできます。

f:id:minamimachida0706:20171123235515j:plain

身障者用エレベーターもしっかりと設置されていました。

蓮如上人像

f:id:minamimachida0706:20171123235556j:plain
当時の民衆の成長を背景に講と呼ばれる組織を築くことにより、本願寺を急速に発展・拡大させた功労者です。

親鸞聖人像

f:id:minamimachida0706:20171123235530j:plain

浄土真宗の開祖です。

御朱印

一般的に浄土真宗では御朱印はしないというイメージが出来上がっています。

京都の東本願寺(真宗大谷派)のHPでは朱印をしない理由として「一度朱印をもらえば、二度とお参りすることはない。」「大事なのはお参りすることではなく、お参りして教えに出遇うこと。」「お寺を回ったというような達成感に腰を落ち着けてしまうのではなく、教えを聞き続けようと立ち上がる必要がある。」と述べられています。

しかし浄土真宗の寺院でも御朱印を頂けるところはあり、今回も本堂内の御朱印所で頂くことが出来ました。「御朱印をしない」ということを方針としているのは本願寺派と真宗大谷派の寺院に限られているようです。

f:id:minamimachida0706:20171123235631j:plain

「光雲無碍(こううんむげ)」と書かれています。これは、仏の光明が雲のように世界をおおい、あまねく照らすという意味なのだそうです。

◆浄土真宗でも御朱印を頂けた大宮の安楽寺の記事

www.goshuinbukuro.com

◆すぐ近隣にある矢先稲荷神社の記事

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

※はてブのところにポチっとしていただけると励みになります。