酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗金王八幡宮が位置する渋谷の語源は賊の名だった?

今回は渋谷の金王八幡宮の御朱印をご紹介します。

オフィス街で働く人々の憩いの場である金王八幡宮渋谷警察署の裏側に位置する金王八幡宮は「渋谷にこんな場所があったのか」と驚かされるような緑に満ちた空間で、周辺のオフィス街で働く人々の憩いの場となっています。

しかしそれだけではなく、渋谷という地名の由来となった場所であり、台地を渋谷川が削ってできた谷を堀として利用した渋谷城の城址でもあります。

天下人ともゆかりのある青山・渋谷の総鎮守の金王八幡宮源頼朝や徳川家光などの天下人ともゆかりのある金王八幡宮は、青山・渋谷の総鎮守として今でも人々の崇敬を集めています。

「渋谷」の起源は賊の名前だった?

八幡太郎義家として知られる源義家の部下であった河崎基家は、後三年の役での功により武蔵谷盛荘七郷(現在の渋谷、代々木、赤坂、飯倉、麻布など)を賜り、ここに城を築きます。これを八幡宮の御加護と信じた義家が1092年に基家の居城内に八幡宮を勧請したのが金王八幡宮の起源です。

基家の子の重家は御所の警備に当たっていた時、侵入した賊を生け捕りにします。賊の名は「渋谷権介盛国」といい、重家はこの功によって堀河天皇より賊の名字である渋谷の姓とその所領だった「相模国高座郡渋谷荘」(小田急江ノ島線の高座渋谷駅周辺)を賜りました。このことにより実家のある武蔵谷盛荘も渋谷と呼ばれることになり、その居城も渋谷城と呼ばれるようになりました。

現在でも金王八幡宮の境内に1点だけ残る渋谷城の砦の石現在でも境内には渋谷城の砦の石が1点だけ保存されています。

社名の由来となった金王丸とは?

金王八幡宮の社名は渋谷重家の子の渋谷金王丸に由来します。

重家にはしばらく子がなかったため、八幡宮に祈願を続けたところ、妻の胎内に金剛夜叉明王が宿る霊夢を見て、実際に子を授かる事ができました。そこで金剛夜叉明王の上下の二字を頂き金王丸と名付けました。

金王丸は源義朝、頼朝の二代にわたって仕え、頼朝と義経の対立に際して頼朝の命により義経の館に討ち入りますが、逆に義経と郎党に討たれ六条河原で晒し首にされました。

勇将らしい立派な最期を遂げた金王丸の名声により、当八幡宮を金王八幡宮と称するようになりました。

金王八幡宮の境内

神門

1612年の建立である金王八幡宮の神門神門および社殿は1612年の建立です。

神楽殿

金王八幡宮の神楽殿

金王丸御影堂

自らの姿を彫った木像を納めた金王八幡宮の金王御影堂保元の乱出陣の折、自分の姿を彫刻し母に残した木像が納められ、更に金王丸が所持した「毒蛇長太刀」も保存されております。

金王桜

江戸三名桜の一つとされる金王八幡宮の金王桜金王丸の死後、八幡宮に立ち寄った頼朝が金王丸の名を後世に残すよう厳命し、鎌倉の館の桜をこの地に移植させたものです。江戸三名桜の一つとされた金王桜はその後現在に至るまで実生により植え継がれています。

社殿

江戸初期の様式を現在に伝える金王八幡宮の社殿徳川家光が三代将軍に決定した1612年に家光の乳母春日局と教育役であった青山忠俊によって造営されました。権現造りで江戸初期の様式を現在に伝える貴重な建築物です。

三代将軍については秀忠の次男の忠長が継ぐという風説が流れ、春日局と青山忠俊は家光が継ぐよう八幡宮に祈願を重ねていました。

金王八幡宮の境内社

御嶽神社

「開運」「商売繁盛」の神である御嶽神社「開運」「商売繁昌」の神として、特に客商売を営む人々の信仰を広く集めています。

玉造稲荷神社

農耕をはじめ諸産業に御神徳がある玉造稲荷神社農耕をはじめ諸産業に御神徳があり、屋敷神としても多く祀られています。

道路の反対側にある豐榮稲荷神社

道路を挟んだ向かいに位置する豐榮稲荷神社金王八幡宮の道路を挟んだ向かいには豐榮稲荷神社があります。渋谷家の始祖である河崎基家の曾孫によって現在の渋谷駅の近くに創建され、昭和27年に豐澤稲荷神社を合祀し、昭和36年に現在地に移転しています。

正面鳥居

豐榮稲荷神社の正面鳥居

奉納鳥居

豐榮稲荷神社の奉納鳥居

社殿

豐榮稲荷神社の社殿

庚申塔

豐榮稲荷神社の庚申塔

御朱印

金王八幡宮と豐榮稲荷神社の御朱印は共に金王八幡宮の社務所で頂けます。

金王八幡宮のオーソドックスな御朱印オーソドックスな御朱印を頂きました。

◆渋谷周辺の神社の御朱印

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

 最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると写真がよくわかります。

※はてブのところにポチっとしていただけると励みになります。