酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

東京モーターショーで自動運転について考えた

今回は現在東京ビッグサイトで開催中の東京モーターショー2017をご紹介します。

日本自動車工業会が主催する自動車業界最大のイベントであり、フランクフルト、パリ、ジュネーブ、北米と並ぶ世界5大モーターショーの一つでもある東京モーターショーですが、実はこれまで一度も見たことがありませんでした。

 

仕事が多忙でそれどころじゃなかった時期もありますし、そんな混雑するところに出かけるくらいならどこかに走りに行こうと思っていたこともあります。行列と渋滞と巨人が死ぬほど嫌いな私は、どちらかというと混雑必至のこの手のイベントはこれまで敬遠してきました。

しかし御朱印を集める際に各地で行列や混雑を何度も経験し、それによって私のアレルギーもかなり薄まってきたようです。また昨年より車を主要テーマの一つにしているブログも運営していることもあり、今回初めて見に行ってみようという気になりました。

 

若者の車離れや少子高齢化の進行により、国内における自動車の台数が今後減少していくことは確実であり、日本の自動車産業がこれからどうなっていくのか非常に興味深いものがあります。そういう状況下で迎えた今回のモーターショーですが、とりあえず今年は電気自動車と自動運転一色だろうというのが当初の予想でした。

 

◆会場はとにかく広くて混雑している

会場の東京ビックサイトにはりんかい線の「国際展示場」駅が最も便利かと思います。

f:id:minamimachida0706:20171103002342j:plain

f:id:minamimachida0706:20171103002412j:plain平日にもかかわらず大勢の来場者で入場券売り場には長い列ができており、駅の特設ブースで入場券を購入しておいて正解でした。

f:id:minamimachida0706:20171103002457j:plain

f:id:minamimachida0706:20171103002533j:plain

f:id:minamimachida0706:20171103002558j:plain今回東京ビックサイトに入るのも初めてでしたが、外からではわからないくらい内部は複雑で、その広さにただただ圧倒されました。トヨタとそれ以外が東西に分かれているという事しか頭に入りません。

f:id:minamimachida0706:20171103002630j:plain

f:id:minamimachida0706:20171103002659j:plain

f:id:minamimachida0706:20171103002728j:plain平日でこの混み方ですから、この週末の三連休は恐らく大変なことになると思います。

 

◆AIを利用した技術なら三菱

f:id:minamimachida0706:20171103002922j:plainAI(人工知能)を利用した技術の展示に注力していたのは三菱です。

f:id:minamimachida0706:20171103002957j:plain電気自動車の開発では最も先行しているイメージがありますが、それに加えてAIを利用した技術を導入することによりドライバーをサポートしようとしていました。

f:id:minamimachida0706:20171103003025j:plainこれまで見たことの無いトレッドパターンです。

f:id:minamimachida0706:20171103003102j:plain会場ではAIを利用した「MI Assistant」のデモンストレーションをしていたのですが、ドライバーがAIに話しかけることによりエアコンの調整やワイパーの操作や、AIの側からガス欠の警告や最寄りのスタンドへの誘導などが自動で行われました。

 

◆自動運転の展示は日産

f:id:minamimachida0706:20171103003150j:plain自動運転の展示に力を入れていたのは日産です。

f:id:minamimachida0706:20171103003506j:plainコンセプトカーの「NISSAN IMx」においてはまずスマホと顔認証により本人確認がなされるようです。

f:id:minamimachida0706:20171103003540j:plain

f:id:minamimachida0706:20171103003629j:plain自分で運転することもできますが、自動運転のスイッチを押すとハンドルが格納され、シートがリクライニングになり、その後は全て自動で、なんと縦列駐車まで機械がやってくれます。

f:id:minamimachida0706:20171103003703j:plain日産といえば何といっても「GTR」ですが、メーカー希望小売価格1170万円でした。

f:id:minamimachida0706:20171103003731j:plainタイヤは255/40ZRF20です。(このFって何だ?)私が自分で車を買うようになった頃18インチのタイヤが登場して驚かされたのですが、これからは20インチが普通になるのかもしれません。

 

◆佐藤琢磨がインディで使用した車とタイヤ、表彰式で飲んだミルクボトル

F1モナコグランプリ、ルマン24時間と並び世界3大レースの一つに数えられるインディ500で今年優勝した佐藤琢磨に関する展示も行われていました。

f:id:minamimachida0706:20171103004053j:plainホンダのブースではレースで使用された車が展示されています。

f:id:minamimachida0706:20171103004150j:plain

f:id:minamimachida0706:20171103004216j:plainコックピット内部をここまで近くから見ることが出来たのは初めてです。

f:id:minamimachida0706:20171103004253j:plain

f:id:minamimachida0706:20171103004322j:plainインディ500では優勝者は表彰の際にミルクを飲むことが恒例で、今回はその時のボトルも展示されていました。

f:id:minamimachida0706:20171103004414j:plain一方ブリヂストンのブースではレースで使用されたタイヤが展示されていました。(車も展示されていたが、ホンダの方が実車と思われる)

f:id:minamimachida0706:20171103004447j:plainレーシングカーのタイヤは熱で表面のゴムが溶けて路面に食い込むことによりグリップを得るのですが、そのことが実に良くわかります。

 

インディ500における佐藤琢磨の優勝はこれこそ「歴史的勝利」いう名にふさわしく、バレーボールの番狂わせなどで「歴史的」という言葉を軽々しく使用してほしくないものです。

 

◆その他の展示

上記以外ではとにかく車がたくさん並んでいたという印象しかありません。

f:id:minamimachida0706:20171103004816j:plainマツダのブースでは最新鋭車のスイッチの多さに驚かされました。

f:id:minamimachida0706:20171103004857j:plain現在私もマツダユーザーですが、私の車とのこの差は一体何でしょうか。

f:id:minamimachida0706:20171103004933j:plain最新のロードスターです。

f:id:minamimachida0706:20171103005002j:plain

f:id:minamimachida0706:20171103005030j:plain

f:id:minamimachida0706:20171103005056j:plainスイッチを押すだけで自動的に屋根が閉まるようになっています。

f:id:minamimachida0706:20171103005123j:plain渾身の力で屋根を引き出し、金具で力づくで留める私の車とはえらい違いです。

f:id:minamimachida0706:20171103005201j:plain近未来を思わせる車の展示が目立つ中、トヨタのセンチュリーには何とも言えない貫録を感じました。

電気自動車に関する展示も数多くありましたが、部品を見ただけではどうしてもイメージができず、自動運転ほど印象にも残っていません。

 

◆最後に考える

自動運転には様々なレベルがあり、あくまで運転支援にとどまるレベル1から完全自動運転のレベル5までの5段階に分かれているといいます。ある程度以上のレベルになると事故の責任を自動車メーカーが負わなければならず、そのようなリスクが生じる技術開発など絶対にやらないと思っていました。しかし世の中の流れは私の想像以上に激しいもののようです。

 

昭和に免許をとり、ほとんどの期間MT車に乗ってきた古いタイプのドライバーである私にとって、AIに話しかけてワイパーやエアコンを調整し、自動運転のスイッチを押したらあとは車に全て任せ、リクライニングになったシートで同乗者との会話を楽しむという光景は異様と言っていいものでした。そこまで車に任せてしまった運転は、果たして楽しいものなのでしょうか。

そのような技術が開発されることを待っている人がいることは否定しませんが、技術が完成した際に車の値段が一体どのくらいになるものなのか気になります。

自動運転もいいですが、現在私が乗っている車のように、必要最小限のスイッチしかないような車もいつまでも残してほしいものだと思います。

 

◆最近話題の「煽り運転」について考える

www.goshuinbukuro.com

◆夜間のハイビーム義務化なんてとんでもない

www.goshuinbukuro.com

◆ハンドルの持ち方で10時10分は基本なんかじゃない

www.goshuinbukuro.com

◆AT車の左足ブレーキは全然危険じゃない

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると写真がよくわかります。