酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

紅葉が見頃の日光いろは坂をフルオープンのMT車で走ってみた

秋が深まるにつれて紅葉前線も南下しますが、今回はちょうど見頃であった日光いろは坂の紅葉をご紹介します。秋の気配を全身で満喫すべく先日愛車で走ってきました。

f:id:minamimachida0706:20171027225139j:plain

日光いろは坂は日光市馬返と中禅寺湖畔を結ぶカーブの多い坂道で、下り専用の第一いろは坂と登り専用の第二いろは坂に分けられ、この二つの坂に存在するカーブの数を合計すると「いろは」と同じ48ある事からいろは坂と呼ばれています。(ちょうど48になるように工事をしたらしい)

一方通行の道路であるためUターンができず、また途中に抜け道がないので渋滞にはまると大変なことになります。(特に上りの第二いろは坂)

紅葉の名所でもあるため秋になると大変に混雑し、特に週末には東武日光駅前で職員が、「渋滞中、中禅寺湖まで5時間」などとプラカードを掲示することもあるそうです。

 

さて当ブログでこれまでご紹介している通り、私の愛車は6速MTのマツダ・ロードスターです。

f:id:minamimachida0706:20171027230216j:plain

「彼氏に乗ってほしくない車」というアンケートをすれば必ずベスト5に入ってくるのがオープンカーですが、「安い・走りが楽しめる・MT車」という私の車選びの3条件を満たすものがもはやロードスターしかないからで、決して「風を切る感覚はできる男のステイタス」などと無駄にカッコつけている訳ではありません。そのため車に乗る場合の99%以上屋根を閉めて乗っています。

 

ところでオープンカーの真価が発揮できるのは実は冬であることを皆様ご存知でしょうか。

f:id:minamimachida0706:20171027230312j:plain

実は窓を閉めて走ると冷気の直撃を受けるという事はなく、オープンカーのエアコンは強力なので車内はポカポカしているのです。顔のあたりに冷気が当たることがあるのですが、ちょうど露天風呂に入っているような感覚で逆に心地よさを感じます。頭寒足熱とはこういうことをいうのでしょう。しかも真冬は日焼けの心配をする必要がありません。

 

ウェザーニュースによるといよいよいろは坂も紅葉が見頃になったようで、せっかくですからオープンで走ってみたいと思いました。いくらいろは坂といえど平日の夕方なら渋滞もたいしたことは無いでしょう。終盤に926mの明智第二トンネルがありますが、その前に明知平の駐車場で屋根を出せばいいということで日光へ向かいました。

f:id:minamimachida0706:20171027230411j:plain

日光二社一寺でまだ訪れたことのなかった逍遥園や瀧尾神社を巡り、「鳴龍」で8冊目の御朱印帳を入手して駐車場の戻ったのが午後3時半です。

f:id:minamimachida0706:20171027230444j:plain

スマホの道路情報を確認しましたが、中禅寺湖方面に特に渋滞の様子はないことから、愛車の屋根を畳んでいざいろは坂へ向かいます。

f:id:minamimachida0706:20171027230516j:plain

この時刻で日光山中は少し暗くなりかけていましたが、山の上の方はまだまだ明るいようです。

f:id:minamimachida0706:20171027230554j:plain

左側の「一方通行」の標識が第二いろは坂の入り口であり、右側の「車両進入禁止」の標識が第一いろは坂の出口です。

予想通り渋滞はなく、右に左にと立て続けに現れるカーブを小気味よく抜けていくことが出来ました。MT車に乗る以上ヒール&トゥはできた方がいいと思いますが、せっかく覚えた技術を忘れないようこういう道をたまに走った方がいいように思います。

f:id:minamimachida0706:20171027230643j:plain

スムーズに走れた分だけ写真を撮れずにいたのですが、ちょうどいい具合に黒髪平の駐車場に車を入れることが出来ました。

f:id:minamimachida0706:20171027230756j:plain

f:id:minamimachida0706:20171027230813j:plain

f:id:minamimachida0706:20171027230831j:plain

走りながらでも思わずにやけてしまうような紅葉でしたが、車を停めてじっくり見るとそれはそれは見事な光景でした。この先の明智平が楽しみです。

 

さて車に戻って再スタートしたのですが、しばらくして様子が変わってきました。黒髪平で紅葉を楽しんでいた時に先に行っていたはとバスが止まっています。

f:id:minamimachida0706:20171027230855j:plain

どうやら渋滞が始まったようですが、この時は「渋滞で車が止まれば写真も撮れる」くらいの感覚でした。

f:id:minamimachida0706:20171027230918j:plain

渋滞中でなければこんな角度でじっくりと景色をながめることはできません。まだまだ余裕です。MT車であるため上り坂での渋滞は坂道発進の連続で、それだけが大変でした。

f:id:minamimachida0706:20171027231023j:plain

しかし進むスピードがだんだんと遅くなっていくにつれて、さすがの私でも余裕がなくなります。

f:id:minamimachida0706:20171027231041j:plain

明知平が近づいたので右側に車線変更したのですが、ここで完全に止まりました。帰りの時間を考えるとどうやら明智平は断念した方が良さそうです。

 

寒い時期のオープンカーは基本的に快適なのですが、いくつか致命的な弱点があります。排気ガスを浴びることになるので長いトンネルはNGですし、渋滞で止まってしまうと車内に冷気が流れ込んできます。

日中の日光山輪王寺周辺は温かいくらいでしたが、高度が上がり時間が遅くなるにつれて気温も下がります。ある程度の寒さ対策はしてきましたがそれでは限度がある上、この先926mの明智第二トンネルがあります。こんな道路状況で屋根を開いたままトンネルに入ったら排気ガスでえらいことになります。

その後も右車線はピクリとも動かないため、その場で屋根を閉めて左車線に戻り、明智平は通過しました。

f:id:minamimachida0706:20171027231133j:plain

正面に男体山を仰ぐ終点の二荒橋に到着した時は周囲は薄暗くなっており、紅葉も満喫していたことからそのまま交差点を右折し、第一いろは坂を通って山を下りて帰ることにします。第一いろは坂も混み合っていましたが、下りだったせいか途中で止まるという事はありませんでした。

 

最後にいろいろありましたが、いろは坂で見頃の紅葉を満喫できて十分に満足しております。しかしオープンカーはやはり無謀であったようです。来年は路線バスを利用して景色を眺めることに徹しようかと思います。

 

◆頻発する「煽り運転」の対策について考える

www.goshuinbukuro.com

 ◆オープンカーの楽しさに関する記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

◆MT車の楽しさに関する記事

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると写真がよくわかります。

いろは坂の紅葉の写真はぜひ大きな画面でご覧ください。