酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖長野駅前〗「らぁめんみそ屋」は信州みその本場にふさわしい味噌らぁめんだった

今回は長野駅前の「らぁめんみそ家」をご紹介します。

先日1泊2日で長野を旅行し、初日に上田の山家神社、眞田神社、二日目に戸隠神社をお参りしましたが、初日の夕食でたまたま入って気に入ってしまい、長野を離れる直前の夕食でも再度入った店です。

 

長野といえばやはり信州そばが有名で、これまで長野を訪れるたびに蕎麦屋に入っているのですが、どうにも気に入った店に出会うことができずにおりました。

日帰りだったこれまでと違って今回は泊まりであり、しかも戸隠は「出雲そば」、「わんこそば」と並ぶ日本三大そばの産地です。大いに期待し、初日、二日目と昼食は蕎麦屋に入りましたが、今回も当ブログでご紹介したいと思うような店には出会えませんでした。

 

初日の夜、戸隠方面行のバス停の位置を確認し、ガッツリ系の蕎麦屋がないかと駅前をうろついている際に何とも魅力的な看板を見つけてしまいました。

f:id:minamimachida0706:20171019214253j:plain

長野といえば信州そばもさることながら、信州みその本場でもあります。黄色地に赤の文字というのがラーメン屋の看板の基本だそうですが、いかにも味噌をイメージさせるオレンジ色のバックに赤の文字で書かれた看板は何とも素敵です。ついついそのまま矢印の方向に向かってしまいました。

f:id:minamimachida0706:20171019214323j:plain

特に行列はありませんでしたが、カウンターのみの店で私が座るとちょうど満席でした。「みそ屋」と名乗るだけあって、メニューは全て味噌味ばかりです。予想外の暑さの中で歩き回った後だったので生ビールも欲しかったのですが、瓶ビールしかありません。その他ラーメン屋につきものの餃子やチャーハンといったサイドメニューも無しという事で、その分だけラーメンに力を入れているということでしょう。

f:id:minamimachida0706:20171019214336j:plain

初めて訪れた店では一番基本的なメニューということで、「味噌らぁめん」大盛を注文しました。

f:id:minamimachida0706:20171019214350j:plain

しっかりと炒めているので野菜に甘さを感じます。スープは一口目には「薄い」と思ったのですが、食べ進むにつれてちょうどいい味わいになり、最後まで飲み干してしまいました。パンチのある味噌の風味が極太ちぢれ麺にからんでバランスの取れた味わいとなっていました。モチモチした食感と喉越しが素敵です。

 

気に入ってしまったので、翌日東京へ帰るバスに乗る前にもう一回入ることにしました。

f:id:minamimachida0706:20171019214415j:plain

今回は石臼味噌です。長野の帰りは横川SAで釜飯を買って自宅で食べることが恒例であるため、今回は普通盛にしておきます。

f:id:minamimachida0706:20171019214436j:plain

長野県産小麦を石うすで挽いた粉を使用した麺という事で、麺が茶褐色で色と味が強めとなっていました。(写真ではわからないですね)

 

長野は自然が豊かで善光寺、戸隠神社といった魅力的な寺社も数多くあります。信州みそは美味しく(前回は土産に買って帰った)、駅ビル内にある「信州くらうど」の利き酒セットで飲んだ3種類の日本酒はどれも素晴らしいものがありました。それなのにおいしい蕎麦屋にだけ出会えないのはどうしたことでしょう。

らぁめんみそ家

営業時間:11:00~25:00

定休日:無休

 

◆味噌ラーメンと幻の銘酒がセットになった「まる彦」の「みさみさセット」

www.goshuinbukuro.com

◆味噌ラーメンのあるべき凝縮した新宿「味八」

www.goshuinbukuro.com

◆印象的なお参りとなった戸隠神社の記事

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。