酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗戸隠神社五社参拝のアクセスとみどころ(九頭龍社と絶景と紅葉編)

今回は戸隠神社九頭龍社へのアクセスと御朱印をご紹介します。

宝光社から始まった戸隠神社五社参拝もいよいよ最後です。

戸隠神社五社参拝の案内図

戸隠山の守護神を祀る九頭龍社

天岩戸伝説において下界に投げ捨てられ日本の真ん中に落ちた岩戸こそが戸隠山だという言い伝えがあり、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々を祀っているのが戸隠神社です。

しかし戸隠神社五社の中で九頭龍社だけは神事とは無関係の九頭龍大神を祀っています。

神社の創建が「学問」という僧が現在の奥社の地を発見し、修行を始めた849年だとされていますが、その時には既に九頭龍大神は戸隠山の守護神として奉斎されていました。九頭龍大神は戸隠山の守護神で、奥社の御祭神である天手力雄命を戸隠に迎えたという大神とされています。

生命の源の水を司る神とされる九頭龍大神は、古来より雨乞いの神、虫歯の神、縁結びの神として信仰され、現在も毎朝神饌所で炊いたご飯を本殿にお供えする儀式が行われています。

奥社に隣接した九頭龍社

奥社参拝の案内図戸隠神社九頭龍社は奥社入口バス停から大鳥居、隋神門と続く参道を抜けて石段を昇り、最後の踊り場で右の階段を上がれば奥社、左の階段を上がれば九頭龍社というような位置関係になります。

奥社へ上がる階段。上部に鳥居がありその奥に奥社の社殿が見える。奥社への階段を上がらないで左に向きます。

"戸隠神社九頭龍社への最後の階段。九頭龍社社殿の屋根も見える。この階段を上がると九頭龍社です。

戸隠神社九頭龍社の社殿。九頭龍社の社殿です。

紅葉の奥に見える戸隠連峰の山々戸隠連峰の山々がすぐ近くに見えます。

木々の間から見える戸隠スキー場御朱印所前からは戸隠スキー場も見えました。

御朱印

御朱印は奥社と共通の御朱印所で頂けます。

戸隠神社九頭龍社の御朱印龍神様にふさわしい御朱印を頂き、これで戸隠神社五社の御朱印が揃いました。

戸隠神社五社全てそろった御朱印御朱印が揃うと記念に栞が頂けるようなのですが、あいにく欠品中という事でした。

戸隠神社以外の見どころ

鏡池周辺案内図戸隠山のみどころとしては戸隠神社の他に小鳥ヶ池と鏡池があり、中社から奥社へ向かう車道からわき道に入ると見ることが出来ます。

小鳥ヶ池

小鳥ヶ池は中社から奥社へ向かう車道から少しだけ森の中に分け入った場所にあります。

神社や蕎麦屋とは関係なく、鏡池ほど有名ではなく、さらに車で入れない場所にあるため訪れる人もほとんどなくひっそりとしていました。

小鳥ヶ池の絶景。中央の池の周囲を紅葉が美しい木々が囲んでいる。紅葉の奥に戸隠山の威容しかし池の周辺は自然豊かであり、紅葉や戸隠連峰の美しさは素晴らしいものがありました。

鏡池

有名な鏡池は小鳥ヶ池から山道を1時間くらい歩いた場所にあります。

途中にある硯石です。

鏡池への途中にある硯石。群棲している笹の葉の中にある。戸隠連峰の麓にある鏡池は、その名の通り気象条件に恵まれれば水面に鏡のように写された戸隠連峰を見ることができます。車道もつながっているためこちらはかなりの人出でした。

鏡池の絶景。見事に紅葉した木々が池を囲んでいる。紅葉の奥に西岳の威容。池の水面が鏡のようになっており、山の姿が写り込んでいる。この日はちょうど紅葉が見頃であったため、見事な景観を楽しむことが出来ました。私の生涯においても屈指の見事な眺めだったと思います。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆戸隠神社宝光社の記事(五社参拝➀)

www.goshuinbukuro.com

◆戸隠神社火之御子社の記事(五社参拝②)

www.goshuinbukuro.com

◆戸隠神社中社の記事(五社参拝③)

www.goshuinbukuro.com

◆戸隠神社奥社の記事(五社参拝④)

www.goshuinbukuro.com

◆真冬に訪れた戸隠神社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆長野の象徴である善光寺の記事

www.goshuinbukuro.com