酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗戸隠神社五社参拝のアクセスとみどころ(中社編)

今回は戸隠神社中社へのアクセスと御朱印をご紹介します。

五社で唯一冬季も有人である中社

戸隠神社五社の文字通り中心に位置する中社には戸隠神社の社務所も置かれ、奥社と宝光社の御朱印所が閉鎖になる冬季においても唯一御朱印が頂ける場所になります。また常時無人の火之御子社の御朱印はこちらで頂きます。

火之御子社から中社へ

火之御子社のお参りを終えて中社に向かいました。神道は二本杉の横を上った場所にある事に気付かず、正面の鳥居から外に出たため、中社にはまたしても車道を歩いて向かうことになりました。

戸隠神社五社参拝の案内図遠く戸隠連峰の山々が望めます。ネットで調べてみると魅力度と共に難易度も高く、どの山をとっても「山岳経験者のグループ登山が望ましい」となっていました。

戸隠神社から望む戸隠連峰。山の威容が秋の空に映えている。御朱印集めで妙法ヶ岳(三峯神社奥宮)や子の権現に登ったくらいの登山歴では手も足も出せそうにありません。(YouTubeで「蟻の塔渡り」「剣の刃渡り」と検索してみてください。凄い映像が出てきます。)

戸隠神社中社周辺の紅葉。まだ緑の色づいていない部分もある。火之御子社より高度が上がることにより紅葉も色濃くなっているように感じます。

三本杉を中心とした戸隠神社中社の境内

中社の境内案内図

戸隠神社中社の境内案内図

大鳥居

うっそうとした森の前に立つ中社の大鳥居。境内は木々の下に隠れて見えない。

三本杉

戸隠神社中社では鳥居を中心にして、樹齢800年以上の大きな杉の木が三本、一辺がおよそ72mの正三角形状に並んで立っていて、拝殿側から時計回りに「い」「ろ」「は」と名付けられています。

「ろ」の杉

戸隠神社中社の三本杉の内の「ろ」の杉

「は」の杉

戸隠神社中社の三本杉の内の「は」の杉

「い」の杉

戸隠神社中社の三本杉の内の「い」の杉。石段を昇った場所に立っている。

戸隠神社中社の三本杉の内の「い」の杉。根元から3本に分かれている。「い」の杉の裏側です。

戸隠神社中社の三本杉の内の「い」の杉の裏側。大勢の人が触るため表面がツルツルになっている。両手で触っていると「願いは叶う!」という気持ちが腹の底から沸き上がってきたことが印象的です。

石橋

落ち葉の間を流れる水路。伊勢神宮の堀川のように見える。

水路に掛けられた石橋。伊勢神宮の火除け橋のように見える。さざれ滝からの流れが伊勢神宮の堀川と火除け橋のように見えました。

拝殿への石段

戸隠神社中社の拝殿への石段。紅葉が色づき始めたうっそうとした木々に覆われている。

「天の岩戸開きの神事」を立案した神を祀る中社

拝殿

戸隠神社中社の拝殿。背後にうっそうとした森が見える。中社の御祭神はアマテラスが天岩戸に隠れて世界が闇になってしまった際に、「天の岩戸開きの神事」の策を立案した天八意思兼命です。知恵の深い神様であることから、学業成就、試験合格、商売繁盛、開運、家内安全にご利益があるとされています。当初は奥社の相殿として創建され、1087年に現在の地に遷座されました。

拝殿の「龍の天上絵」は、平成15年に復元した狩野派の天才絵師といわれている河鍋暁斎(かわなべきょうさい)の作品です

樹齢約700年の御神木

石段の横に立つ樹齢約700年の御神木。周囲の木々より一回り太い。

さざれ滝

戸隠神社中社のさざれ滝。森を抜けてきた流れが約5mの高さから落ちている。何やら神々しい雰囲気が漂っていました。

境内全景

西鳥居から見渡した戸隠神社中社の全景。奥から青龍殿、拝殿、社務所の順に並んでいる。西鳥居付近からは社務所~拝殿~青龍殿と境内が見渡せます。ちなみに戸隠神社のおみくじは満年齢と性別を伝えると神職が選んだおみくじを渡されるというもので、名物の一つなのだそうです。

戸隠神社中社の境内社

戸隠神社中社の境内社は「い」の杉から拝殿に向かって右手奥にあります。

日吉社

戸隠神社中社の境内社である日吉社。緑を背景にした赤い社殿が印象的。

五斉社

戸隠神社中社の境内社である五齊社。白い社殿と赤い屋根が特徴的。

天神社

戸隠神社中社の境内社である天神社。背後に杉の巨木が立っている。

宣澄社

戸隠神社中社の境内社である宣澄社。石の祠を石仏が囲んでいる。神仏習合時代の戸隠神社では天台宗と真言宗の間で激しい法論がありましたが、その中で1468年に暗殺された天台宗大先達宣澄阿闍梨を祀る神社です。

御朱印

御朱印は社務所で頂けます。

戸隠神社中社の御朱印これまで見たことの無いような書体の御朱印を頂きました。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると写真がよくわかります。

 ※はてブのところにポチっとしていただけると励みになります。

◆戸隠神社宝光社の記事(五社参拝➀)

www.goshuinbukuro.com

◆戸隠神社火之御子社の記事(五社参拝②)

www.goshuinbukuro.com

◆戸隠神社奥社の記事(五社参拝④)

www.goshuinbukuro.com

◆戸隠神社九頭龍社と絶景と紅葉の記事(五社参拝⑤)

www.goshuinbukuro.com

◆真冬に訪れた戸隠神社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆長野の象徴である善光寺の記事

www.goshuinbukuro.com