酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖縁日〗新井薬師の「八の市」とどの角度から見てもかっこいい御朱印

今回は新井薬師として知られる梅照院の御朱印をご紹介します。新井薬師は西武新宿線の駅名になるなど都内でも屈指の有名な寺院で、中野区で最大の寺院でもあります。駅前から山門にかけては商店街の続く門前町となり、毎月8のつく日に「八の市」という縁日が開催されています。どの角度から見てもかっこいい、印象的な御朱印をいただくこともできます。

新井薬師の由緒

新井薬師は1586年に創建されました。もともとは鎌倉末期に行春という僧が、水が湧き出すこの地こそ真言密教の修行の場にふさわしいとして草庵を建てたのがきっかけです。
この草庵は、徳川初期頃になると廃寺同然の荒れ果て様でありましたが、庭に植わる梅の古木が夜毎に光るという現象が起こり、根元を掘ってみると薬師如来が現れました。
この薬師如来はかつて新田家代々の守護仏として城内で祀られ、戦乱の最中に消えてしまっていたものと確認されたため、新たに薬師堂を建ててお祀りしたのが新井薬師の起源です。
表側が薬師如来、裏側が如意輪観音という二仏一体の御本尊は秘仏で、寅年に限り御開帳が行われます。
江戸幕府2代将軍徳川秀忠の五女で後水尾天皇中宮の和子(東福門院)が当寺の薬師如来に眼病平癒を祈願したところ、たちまち回復したとされることから、特に眼病治癒の薬師として有名になりました。

新井薬師のかっこいい御朱印

御朱印所

御朱印は本堂脇の授与所で頂けます。

志納金300円

御朱印

御朱印どの角度から見てもかっこいい御朱印を頂きました。

スポンサードリンク

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」

毎月8の付く日に開催される「八の市」

八の市

八の市新井薬師では毎月8のつく日に「八の市」という縁日が開催されています。新井薬師や巣鴨のように月に数回定期的に縁日が行われるのは都内でも数カ所だけしかありません。

この日は境内に3カ所、山門の外に一か所でしたが、日によってはずらりと屋台が並ぶこともあるそうです。

新井薬師の境内

山門

山門新井薬師の山門です。提灯が印象的です。

不動堂

不動堂境内に入ると右手に不動堂があります。左手に弘法大師像、右手に願い地蔵尊があります。

願い地蔵尊

願い地蔵尊お地蔵さんの身体にひしゃくで水をかけ、治して欲しい部分をたわしやスポンジでこすりながら、治癒を祈るものです。

薬師堂

薬師堂

本堂

本堂この日は本堂に上がることができました。本尊にカメラを向けなければ撮影もOKとのことです。

本堂の内部

十二神将の像

十二神将の像

十二神将の像本堂内には明治元年の大火で焼失し、平成25年に145年ぶりに復活した十二神将の像も安置されています。十二神将とは薬師如来を守護するために魔障たちと戦った十二体の善神です。

スポンサードリンク 

※日本全国7,700以上の霊園を掲載しており、様々な特色・条件で検索・比較ができます。コールセンターで専任スタッフが無料で相談受付。詳しくはコチラ☟

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただくと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆西武新宿線沿線で頂ける御朱印の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

◆西武秩父線沿線で頂ける御朱印の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com