酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

「オークマスター樽薫る」は価格の割に驚くほど本格的味わいだった

今回はキリンの「オークマイスター樽薫る」をご紹介します。値上げされた富士山麓に代わる普及モデルの銘柄として発売開始となったブランドです。

f:id:minamimachida0706:20170917231247j:plain

キリンが御殿場に蒸留所を完成させてウィスキーの製造を開始したのが1973年です。サントリーの山崎蒸留所の開設が1923年、ニッカの余市蒸留所が1934年ですから約半世紀遅れてのスタートになります。ジャパニーズウィスキーの中ではシェア59%のサントリーと26%のニッカが圧倒的で、キリンはわずか6%とまだまだの存在ではありますが、輸入ウィスキーとしてはジョニーウォーカー、ホワイトホース、フォアローゼスといった有名ブランドを扱っており、ウィスキー会社としては相当なものであるといえるかもしれません。

 

キリンのウィスキーとして思い浮かぶのは「ロバートブラウン」ですが、最近見なくなったのは販売終了になったのでしょうか。「富士山麓」はおまけについていた「富士山麓グラス」めあてに飲んだこともあるのですが、50度という度数になじむことができずそれっきりになってしまい、昨年当ブログを立ち上げて以降キリンのウィスキーは一度もご紹介していませんでした。(富士山麓グラスは愛用していますが。)

 

昨年発売開始となった「オークマイスター樽薫る」が酒屋の店頭に並んでいるのは知っていましたが、640mlで1000円を切る価格帯に警戒心が湧きこれまで買う気になれませんでした。1本開ければ飲み切るのに4日かかります。酒を飲むという1日で最も大切な時間を過ごすのに4日も不味いウィスキーで我慢するのは辛いものがあります。これまで飲んだ1000円以下のウィスキーにロクなものが無かったので、1000円以上というのがウィスキー選びの一つの基準となっていたのです。

 

当ブログ開設以降、スコッチ・バーボン・アイリッシュ・ジャパニーズとウィスキーに関してこれまで31種類ご紹介してきました。気軽に飲める1000円台のウィスキーとしては酒屋の店頭に並んでいるもののほとんどご紹介しつくした感があり、ここらでひとつ冒険をしてみようと思い飲んでみることにしました。

まずはストレートで飲みます。

f:id:minamimachida0706:20170917231431j:plain

ゴテゴテした部分のない素朴さ満開のボトルで、何となく親しみやすさを感じました。飲んでみるととろりとした柔らかな舌触りで、アルコールのピリピリとした刺激はありません。とにかく「柔らか」という一言です。

ちなみにグラスは富士山麓グラスです。

f:id:minamimachida0706:20170917231503j:plain

次にロックで飲みます。

f:id:minamimachida0706:20170917231554j:plain

氷を入れて冷やすと梅酒を思わせる甘さが感じられるようになりました。さらさらした舌ざわりです。

 

次に水で割ります。水はトップバリュー天然水です。

f:id:minamimachida0706:20170917231637j:plain

まずはトワイスアップです。

f:id:minamimachida0706:20170917231713j:plain

ストレートの時の柔らかさとロックで感じた甘さを兼ね備えています。上質な和菓子のような甘さです。

 

最後にハーフロックです。

f:id:minamimachida0706:20170917231750j:plain

氷を入れて冷やすことにより味わいが全体的にシャープになりました。

元々『オークマスター』と言うのはキリンに吸収される前のメルシャンが軽井沢蒸留所のモルトを使ってブレンドしていた酒で、安価な割には本格的なウィスキーでもあった事から人気のあるブランドであったと言います。

今回の「オークマスター樽薫る」も昔の名前に負けないだけの本格的味わいではないかと思います。安い価格帯のウィスキーには一度飲んでそれっきりになったものばかりなのですが、これでまた少し選択の幅が広がったように思います。

 

◆コストパフォーマンスに優れているブラックニッカリッチブレンドの記事

www.goshuinbukuro.com

◆1000円台のウィスキーでは最強ではないかと思うティチャーズの記事

www.goshuinbukuro.com

 最後までお読みいただきありがとうございます。

未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎには注意しましょう。