酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖飯能〗浅見茶屋は見るからに硬そうなうどんだったがそれが良かった

今回は飯能の浅見茶屋をご紹介します。選び抜いた1等級の小麦粉を使い、その粉と最も合う特別な塩で毎日「手ごね足ふみ」で練り上げられたうどんが評判で、子の権現へと向かう山道の中腹というような立地にもかかわらず客足が途切れることがありません。見るからに硬そうなうどんでしたが、逆にそれが良かったと思います。

吾野駅と子の権現の中間に位置する浅見茶屋

浅見茶屋は吾野駅と子の権現の中間に位置しています。飯能の小殿バス停からスタートして「奥武蔵の古刹を訪ねるみち」を歩き、竹寺と子の権現のお参りを終えて浅見茶屋を目指しました。

子の権現からの山道最初は車も通れるような舗装された道でしたが、途中から分岐してそれ以降延々とこのような下り坂が続きます。

山というものは登るのも大変ですが下るのも同じくらい大変で、勢いがついてしまう分だけ地面からの衝撃で足にダメージが蓄積し、途中から左太ももの前の方に痛みを感じるようになりました。気持ちははやれどもなかなか前に進まずどうなることかと思いましたが、途中から道も歩きやすくなったこともあってなんとか浅見茶屋までたどり着くことができました。

幕末に建てられた古民家を改装して昭和7年に創業した浅見茶屋

幕末に建てられた古民家を改装した浅見茶屋浅見茶屋は昭和7年にうどん屋として開業し、現在まで3代続く老舗となっています。店は幕末の1856年に建てられた古民家を改装したもので、もともとは林業と養蚕を生業としていたといいます。

山小屋風の外観外観は完全に山小屋風ですが店内はレトロ感満載の古民家カフェといった雰囲気で、椅子は畳敷きでした。

「当店からのお願い」客のほとんどが登山客という店ですから、普通の店にはない苦労もあるようです。この日は多めにタオルを持っていたため、「当店からのお願い」に従って一枚畳の上に敷いて座ったところ、店員から無茶苦茶に感謝されました。

スポンサードリンク

通常より0.3気圧高い圧力炊飯によるモチモチ食感で噛めば噛むほど甘さが膨らむ

見るからに硬そうなうどんだったがそれが良かった

この時期の看板メニューである肉汁つけうどん大盛です。見るからに硬そうなうどんです。

肉汁つけうどん大盛じっくり煮込んで甘くなった玉ねぎに加え、群馬の上州豚がたっぷりと入った熱々のつけ汁に冷水で締めたうどんをくぐらせて食べます。うどんはコシがかなり強く力強い食感が特色で、甘からず辛からずのつけ汁を纏ったうどんを豚肉や玉ねぎと共にしっかりと噛んで食べることになります。

典型的な武蔵野うどんで、特有の力強い食感がつけ汁や豚肉、玉ねぎとよく合っていたように思います。

しっかりと噛んで食べるうどんの良さを知ることが出来た

浅見茶屋讃岐うどんをきっかけとしてうどんにはまった私にとって、うどんは「喉で味わう」ものでしたが、そのような食べ方ではこの味わいは分からないかもしれません。浅見茶屋のうどんからはしっかりと噛んで食べるうどんの良さを知ることが出来ました。「絶対に硬い」というイメージからこれまで敬遠し続けてきた吉田うどんにも、そのうち挑戦してみようと思います。

浅見茶屋

営業時間:11;00~16:00

定休日:毎週水曜日、第4木曜日

スポンサードリンク

※最新の火力調整による高圧対流炊き。高圧力だからモチモチつやつやで一粒一粒に重みがある。「ご飯が本当に立つ」 詳しくはコチラ☟

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆しっかりと噛み締めて食べる吉田うどんに初挑戦した

www.goshuinbukuro.com

◆だしの美味さを十分に味わううどんだった博多うどんと関西うどん

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

 ◆東京で一番美味い讃岐うどんだと思う丸香

www.goshuinbukuro.com