酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗秩父神社は左甚五郎作の彫刻で有名である

今回は秩父神社の御朱印をご紹介します。

霊場秩父の総鎮守である秩父神社

秩父といえば長瀞や秩父鉄道のSL、セメントの原料である石灰石の採掘場である武甲山等で有名ですが、御朱印関係では秩父三十四ヶ所の観音霊場や秩父三社が置かれたような日本を代表する霊場です。札所巡りは一度ハマるとしばらく抜けられなくなるので、今回は秩父三社の一つである秩父神社にお参りしてきました。

秩父神社は実在が確認できる最初の天皇である崇神天皇の時代に、初代知地夫国造である知知夫彦命が八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)を祀ったことに始まります。秩父という名前はこの知知夫彦命からきています。それ以降秩父の総鎮守として現在に至っています。

レトロな街並みが続く馬場町商店街

f:id:minamimachida0706:20171206115507j:plain西武秩父駅から秩父神社に向かっていると、参道がいつの間にかレトロな商店街になっていましたが、ここが番場町商店街です。

f:id:minamimachida0706:20171206115553j:plainかつて絹織物の「秩父銘仙」が人気ブランドとして全国的に広まったため、この辺りは大正から昭和にかけて大変に栄えた場所でした。その当時の建物が数多く残されているため、番場町商店街は独特なレトロな雰囲気のある商店街となっています。

小池煙草店(登録有形文化財)

f:id:minamimachida0706:20171206120513j:plain

旧大月旅館別館(登録有形文化財)

f:id:minamimachida0706:20171206120709j:plain

どこいくべぇ

f:id:minamimachida0706:20171206120748j:plain街のあちこちに建てられた案内板の「どこいくべぇ」です。「どこに行こうか」の秩父弁を名前にしています。

f:id:minamimachida0706:20171206120817j:plain単純に行き先だけを表示するのではなく、案内板の中に縁起の良い「開運グッズ」を安置し、周囲の歴史・文化の由縁などの紹介をしています。

街の空洞化を防止し、少しでも活性化させるために秩父市では様々な策を打っていますが、「どこいくべぇ」もその中の一つです。

f:id:minamimachida0706:20171206120855j:plainいよいよ秩父神社の鳥居が見えてきました。

秩父神社の境内

大鳥居

f:id:minamimachida0706:20171206120937j:plain

境内案内図

f:id:minamimachida0706:20171206121020j:plain

朱塗りの神門

f:id:minamimachida0706:20171206121059j:plain

社殿

f:id:minamimachida0706:20171206121129j:plain1592年に徳川家康が寄進しました。本殿・幣殿・拝殿が1つにまとめられた権現造の形式です。

神降石

f:id:minamimachida0706:20171206121206j:plain

神門を入って左手にある「神降石」です。境内案内図にも神社HPにも名前は書かれていますが説明は一切ありません。

どうやら、「近くにあった大きな石が珍しかったので、地元の人がここに納めたんだ」ということらしいです。

乳銀杏

f:id:minamimachida0706:20171206121242j:plain女性の乳房のような形に育った「乳銀杏」です。

御神木

f:id:minamimachida0706:20171206121328j:plain御神木である樹齢約400年の大銀杏です。

柞の禊川

f:id:minamimachida0706:20171206121406j:plain

秩父神社の彫刻

秩父神社の社殿は日光東照宮の眠り猫でも有名な左甚五郎の作とされるものを含む多くの彫刻で飾られています。

子宝、子育ての虎(左甚五郎作)

f:id:minamimachida0706:20171206121459j:plain虎を徳川家康の威厳と御祭神を守護する神使として彫ったとされています。

お元気三猿

f:id:minamimachida0706:20171206121552j:plain日光東照宮の三猿と違い、「よく見て、よく聞いて、よく話す」元気な三猿が彫られています。

北辰の梟

f:id:minamimachida0706:20171206121650j:plain

本殿北側中央に彫られています。「見返り美人」のように体は本殿の方を向き、顔は正反対の真北を向くことで御祭神を守っています。

つなぎの龍(左甚五郎作)

f:id:minamimachida0706:20171206121731j:plain近くの池に住む龍が暴れるため、こちらの龍の彫刻を鎖でつなぎとめたところ、それ以降龍が現れなくなったと言います。

境内社

柞稲荷神社

f:id:minamimachida0706:20171206121824j:plain商売繁盛の神様です。

諏訪神社

f:id:minamimachida0706:20171206121916j:plain長野の諏訪大社が御本社です。

日御碕宮

f:id:minamimachida0706:20171206122008j:plainスサノオを祀っています。

豊受大神宮

f:id:minamimachida0706:20171206122054j:plain伊勢神宮外宮に祀られる神です。

f:id:minamimachida0706:20171206122144j:plainしっかりと神明造になっていました。

天神地祇社

f:id:minamimachida0706:20171206122244j:plain全国の一ノ宮を中心とした75座の神様を祀っています。

皇大神宮

f:id:minamimachida0706:20171206122318j:plain伊勢神宮内宮に祀られる神です。

東照宮、天満天神社、禍津日社

f:id:minamimachida0706:20171206122410j:plain

ユネスコ無形文化遺産に登録された秩父夜祭

毎年12月1日から6日にかけて行われる秩父夜祭は、300年以上の歴史のある日本屈指の豪華な祭りで、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。

f:id:minamimachida0706:20171206122756j:plain

特に2日の宵宮、3日の大祭りでは提灯で飾り付けられた山車の曳きまわしや花火大会で大変に賑わいます。

関東最強パワースポットと呼ばれる三峯神社に近いこともあるせいか、街全体にどことなく神々しい雰囲気がありました。西武秩父駅周辺にはいろいろと楽しめる施設もと整っています。皆様も一度お参りされてみてはいかがでしょうか。

御朱印

御朱印は授与所で頂けます。

f:id:minamimachida0706:20171206122846j:plain素朴な美しさの御朱印を頂きました。

◆秩父が世界に誇るイチローズモルトの記事

www.goshuinbukuro.com

◆秩父三社の一つである三峯神社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆秩父三社のもう一つである寶登山神社の記事

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると写真がよくわかります

※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。