酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗水天宮とブリヂストン創業者の意外な関係とは?

今回は日本橋蛎殻町に鎮座する水天宮の御朱印をご紹介します。

水天宮は甘酒横町で知られる人形町のすぐ近隣に位置しており、勤務先が岩本町にあった時にはよく近くを通りましたが、当時は明治座のそばに仮宮を設けて建て替え工事中でした。三年に渡る工事も終わったようであり、「平将門の首塚」目当てに大手町まで出た機会を利用してお参りすることにしました。地下鉄の駅名になるくらいの神社ですが、お参りするのは今回が初めてです。

半蔵門線の水天宮前駅で下車して地上に上がると、以前とは全く違った光景になっていました。

f:id:minamimachida0706:20170821234106j:plain

近代的ビルと一体化した堂々たる社殿がそこにはありました。

f:id:minamimachida0706:20170821234142j:plain

建て替え後の水天宮は何と最新式の免震構造の建物となっています。「安産祈願を安全に」という事なのだそうです。

f:id:minamimachida0706:20170821234232j:plain

免震構造とは地震の際に地盤の揺れを建物本体に伝わらないようにすることによって建物の被害を食い止めようとするもので、建物と地盤を切り離して間に免振ゴムやオイルダンパーのような素材を挟み込みます。

免震・制震・耐震の違い | THK免震ウェブサイト

車のサスペンションのように地震の振動を免振ゴムが吸収することにより建物の揺れを最小限にするというもので、揺れを吸収させるための隙間を植栽でカバーしています。

f:id:minamimachida0706:20170821234527j:plain

下を覗き込みたい衝動を辛うじて抑え込みました。

f:id:minamimachida0706:20170821234644j:plain

エキスパンションジョイントと呼ばれる金属製のカバーの下は隙間があいています。地震で大きな揺れが発生しても最小限の破損で済ませるための工夫です。

f:id:minamimachida0706:20170821234730j:plain

表参道にあたる正面の階段です。

f:id:minamimachida0706:20170821234806j:plain

階段の両脇には人形が置かれていました。

f:id:minamimachida0706:20170821234839j:plain

これが何の人形かはついにわかりませんでした。

f:id:minamimachida0706:20170821234909j:plain

堂々たる狛犬の像です。

f:id:minamimachida0706:20170821235131j:plain

こんな所でブリヂストンの創業者の名前を見ることになるとは思いませんでした。

f:id:minamimachida0706:20170821235202j:plain

神社に寄進といえば松下幸之助氏の名前ばかり見ていましたが、石橋氏も美術館だけじゃなくてこんな所にも金を使っていたのですね。

 

安産子育河童です。足もと・胸・肩に赤ちゃんの河童がしがみついています。

f:id:minamimachida0706:20170821235234j:plain

境内社の寶生辨財天です。学業・芸能・財福の御利益があるといわれています。

f:id:minamimachida0706:20170821235308j:plain

子宝犬の像です。お産が軽く多産であるいぬにあやかったもので、周囲を取り巻く十二支のうち自分の干支を撫でると安産、子授け、無事成長など様々なご利益があるといわれております。

f:id:minamimachida0706:20170821235338j:plain

水天宮の本殿です。

f:id:minamimachida0706:20170821235416j:plain

東京の水天宮はもともと九州の久留米藩主が代々崇敬してきた久留米水天宮を江戸でもお参りできるように勧請したものです。

全国各地にある水天宮の総本宮は久留米水天宮で、意外なことに源平の壇ノ浦の戦いと関係がありました。

安徳天皇の母である高倉平中宮に使えていた女官の伊勢は壇ノ浦の戦いで生き残って現在の筑後川のあたりに落ちのび、平家一門と共に入水した安徳天皇、高倉平中宮、二位の尼(平清盛の正室)を祀った祠を建てたのが水天宮の起源です。伊勢は後に剃髪して名を千代と改め、周辺の民に請われて行った加持祈祷が霊験あらたかであったため尼御前と称えられ、水天宮は当初尼御前神社と呼ばれていました。

 

1818年に赤羽橋の久留米藩有馬家上屋敷内に勧請された水天宮は人々の信仰が篤く、塀越しにお賽銭を投げる人が後を絶たなかったといいます。そのため時の藩主は毎月5日に限りお屋敷の門を開き、人々のお参りを許しました。

その後も水天宮は有馬家と共にあり、明治4年に青山、翌5年に日本橋蛎殻町に移転して現在に至っています。

 

久留米に総本宮がある神社の分社ということならブリヂストンの創業者が狛犬を寄進したこともよくわかります。今や世界最大のタイヤメーカーとなったブリヂストンですが、基本的には石橋正二郎氏が久留米の地下足袋製造業者からスタートさせた九州ローカルな会社です。工場長の中でも久留米工場長は常に別格扱いです。そして各工場の近隣には九州ラーメンの店があり、どこの事業所でも九州弁を話す者が一番威張っているような会社なのです。

 

本殿から振り返ると表参道である階段の上に建つ超近代的なビルが良く見えました。

f:id:minamimachida0706:20170821235541j:plain

虎ノ門の金刀比羅宮や六本木の出雲大社東京分祀のように、都心部の神社はこのような形でビルと共生することが避けられない時代なのかもしれません。

御朱印はビルの中で頂けます。

f:id:minamimachida0706:20170821235626j:plain

美しい筆跡の御朱印を頂きました。

◆水天宮のお参りを終えたら甘酒横丁を散策してみよう

www.goshuinbukuro.com

◆近代的ビルと共生している虎ノ門金刀比羅宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆分譲マンションのテナントとなっていた出雲大社東京分祀の記事 

www.goshuinbukuro.com

 最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると写真がよくわかります。