酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

藤沢の「白い惑星うどん粉星の王子」はうどんのコシのお手本だった

本日は藤沢の「白い惑星うどん粉星の王子」という何とも怪しい名前のうどん屋をご紹介します。ちなみに「うどんこほしのおうじ」ではなく「うどんこせいのおうじ」と読むようです。

 

御朱印集めであちこちの神社や寺院をまわりながら、併せて各地のうどんやラーメンも楽しんできました。ここしばらく鎌倉に特化してきましたが、どうやら主要な寺社はまわり尽くしたと言ってもいいような状況です。次のターゲットとして三浦半島を考えたのですが、ここはまたいろいろ複雑そうで事前の調査に少し時間が欲しい所です。そのためまずは自宅から手っ取り早く行ける藤沢エリアと思い、神社や寺院だけでなく駅周辺のうどん屋やラーメン屋も調べて引っかかってきたのがこの店です。

 

頭がくらくらしてくるほど日差しが強烈な日に神社を2社まわり、ふらふらになっていったん藤沢駅に戻ってきました。こんな日は冷たいぶっかけうどんが最高に美味い日です。藤沢駅徒歩7分という店を目指してよたよたと歩き始めました。

店名から少し大きめのきれいでおしゃれな店を想像していましたが、確実に店に近づいているにもかかわらずそれっぽいものが一向に姿を現しません。しかしよく見ると「うどん」と書かれた幟が一本立っています。幟が無ければ気付かずに素通りしたはずのその店は、大きめでもなくおしゃれでもない、見るからに怪しそうな雰囲気を漂わせていました。

f:id:minamimachida0706:20170729223046j:plain

怪しげな店をこれまで数多く経験していた私でも入るのを少し躊躇しました。すると立ち尽くしている私の前をいかにも近隣住民と思しき人が通り抜け、スーッと店内に消えていくではないですか。かくてはならじと思い後に続きました。

 

店内はコの字型の10席くらいのカウンターのみで、店の奥でおっちゃんが一人でひたすらうどんを打ち、もう一人おばちゃんがその他のもろもろのことをしています。ということはあのおっちゃんがうどん粉星の王子ということなのでしょう。

カウンターの上に数種類の天ぷらが並んでいますが、どうやらこれは勝手に取って、会計の時に数を申告する仕組みのようです。メニューの中で一番気になった「梅しそぶっかけ大」を注文しました。うどんと梅の組み合わせというのは初めてで興味があったのです。

f:id:minamimachida0706:20170729223138j:plain

しその香りが漂ってきます。うどんは半透明でピカピカしていて、見ただけで「これは当たり」と言えるものでした。柔らかいけれどもしっかりとした弾力があり、噛むのも飲み込むのも快感です。徳島産のすだちがサービスというのもありがたいものでした。すだちは醤油を使う料理には何にでも合います。

 

「うどんのコシについて知りたかったらこの店に行け」と言いたくなるような店でした。これから藤沢で乗り換える時は常に利用する店になりそうです。

白い惑星 うどん粉星の王子

住所:藤沢市藤沢89

営業時間:11:00~15:00※うどんが無くなり次第終了

定休日:不定休(Facebookで店主がお知らせするそうです)

 

◆鎌倉エリアでお勧めの「みよし」と「美水」

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると写真がよくわかります。