酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖三大うどん〗「うどん茶屋水沢万葉亭」はモチモチしていてのど越しが良かった

今回は水沢うどんの「うどん茶屋水沢万葉亭」をご紹介します。約4km進む間にうどん店が14店並ぶ水沢うどん街の入り口付近にある有名店で、団体のバス旅行などにも良く利用されるお店であるため、大型バスでも余裕で停められるほどの大きな駐車場が完備されています。

400年の歴史をもつ水沢うどん

水沢うどん街水沢うどんが誕生したのは400年くらい前だといわれています。水沢観音にお参りする人を門前でねぎらい、うどんでもてなすことを目的として提供され、水沢観音の前を通る県道15号線では寺の前後約4kmにわたってうどん店が14店並び、水沢うどん街とまで呼ばれています。

材料は粉と塩と水だけで、しかも群馬の名山「榛名山麓」の湧水を使わなければなりません。

やや太めのコシのあるうどんをざるで食べるのが特色となっていて、つけ汁は店ごとに異なったものを提供していて、それぞれのオリジナリティを打ち出しています。

独特のコシを出すためかなり濃いめの塩水で粉を練っているため、茹で方が不十分だと塩が抜けきらず、塩辛いうどんになってしまうそうです。

日本三大うどんの一つともいわれる水沢うどん

水沢うどんは香川の讃岐うどん、秋田の稲庭うどんと並び日本三大うどんの一つと言われています。ただ「日本三大〇〇」の三つめがいつも怪しいのは「日本三大東照宮」や「日本三大天満宮」と同じであり、うどんにおいても讃岐と稲庭以外の三つ目については諸説あります。水沢うどん以外にも名古屋のきしめんや長崎の五島うどん、富山の氷見うどんといった声もあるようです

モチモチしていてのど越しも良かった

うどん茶屋水沢万葉亭

「うどん茶屋水沢万葉亭」は水沢うどん街の入り口付近にあり、大型バスの団体客が何組来てもさばけてしまいそうな巨大な駐車場と広い店内が特徴的です。

大ざるうどんメニューはうどんに天ぷらやご飯ものをセットにした「○○御膳」というものが主体となっていましたが、単純にうどんを味わってみたかった私は迷わず「大ざるうどん」を注文しました。

つけ汁にゴマを入れるのがこの店の特色のようで、お土産用のうどんにも麺つゆに加えてゴマがセットで入っています。ネギとわさびも入れて一気にすすり込みました。海苔と一緒にうどんの上にのっている茶色いものについては最後までよくわかりませんでした。

完食した大ざるうどん決して硬くなく適度な柔らかさでしたが、噛めば押し返してくる弾力があります。全体的にモチモチしていて口の中の粘膜に心地よくまとわりついてき、飲み込む際ののど越しもなかなか良かったと思います。そのまま一気に完食しました。

大ざるで1,000円以上というのはやはり高い

正直言って大ざるうどんで1,000円以上するというのは観光客相手の商売とはいえ高いと思いましたが、それでもとっかえひっかえ入ってくる客がみんな満足しているようですから大したものです。すべては「水沢」というブランドの力だと思うので、これを大切にしてほしいと思います。

うどん茶屋水沢万葉亭

住所:群馬県渋川市伊香保町水沢48-4

営業時間:10:30~16:00(LO15:30)

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆東京で一番うまい讃岐うどんだと思う「丸香」

www.goshuinbukuro.com

◆稲庭うどんの名店である「佐藤養助」

www.goshuinbukuro.com

 ◆水沢観音の記事

www.goshuinbukuro.com