酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗榛名神社にお参りするなら大修理前の今しかない

今回は榛名神社の御朱印をご紹介します。

群馬最強パワースポットの榛名神社

榛名神社は赤城山、妙義山と並んで上毛三山と呼ばれる榛名山の南西麓に位置しています。586年に創建したと伝えられ、927年にまとめられた全国の主要な神社一覧である「延喜式」において、朝廷が官社として認めた式内社として既に記載されています。

 古くから山岳信仰を受けてきた榛名神社

榛名山は古くから山岳信仰を受けてきた山であるため、山麓に住む農民は作神として榛名神社を信仰してきました。戦国時代になると武田信玄が必勝祈願をするなど武将たちの厚い信仰を受け、近世になると榛名神社への信仰を広める「御師」の活動により「榛名講」と呼ばれる講組織が関東全域と信濃、越後、甲斐といった国々に幅広く分布するようになります。

 最後まで沈没しなかった戦艦榛名

榛名山は大正時代に建造された日本海軍の戦艦榛名の艦名の由来となり、艦内には榛名神社から分祠した艦内神社が設けられました。先の大戦においてはすでに艦齢26年の老朽艦であるにも拘らず最前線にあって主要海戦の多くに参加しており、しばしば損害を受けたにもかかわらず日本に帰還した数少ない軍艦の内の一つです。最終的に呉軍構内に停泊している際に米軍の空襲を受けて浸水し、着底した状態で終戦を迎えるのですが、最後まで沈まなかったのは神社の御神徳でしょうか。

ちなみに戦後は解体されて復興資材となり、艦内神社は長い月日がかかったものの、榛名神社へと奉還されたとのことです。

榛名神社へのアクセス

一の鳥居

f:id:minamimachida0706:20170714233105j:plain

榛名神社には関越道の高崎ICから草津街道を経由して向かいました。途中から分岐している県道安中・榛名線を進んでいると、まだまだ神社までかなり距離がある地点でいきなり榛名神社の一の鳥居が出現し驚かされました。

榛名山ヒルクライム(ハルヒル)

f:id:minamimachida0706:20170714233123j:plain

定期的に「〇km地点」という標識が現れます。

途中で思い出したのですが、榛名山を登るこの道は「榛名山ヒルクライム(ハルヒル)」と呼ばれる自転車ロードレースのコースとなっていて、標識はスタート地点からの距離を表していたのです。この道は自転車競技をする人にとっての聖地であるようです。

 大鳥居

f:id:minamimachida0706:20170715151521j:plainf:id:minamimachida0706:20170715151555j:plain

ここはハルヒルの中級者向けの榛名神社コースのゴール地点にもなっています。(上級者はさらに上の榛名湖がゴールです。)

榛名講とは

交通手段が整っていなかった時代では登山は誰にでもできるものではありませんでした。そのため江戸時代に各地に広まった講組織においてはメンバーの中の数人が代表してお参りのために山に登りました。こうした人々を迎えて食事や宿舎を提供し、神楽の奉納などを請け負ったのが宿坊です。そして御師の案内で榛名神社にお参りした後、講に戻ってメンバーに神札を配ったのです。

f:id:minamimachida0706:20170715151630j:plain

参道まで一直線に伸びる坂道の両側には宿坊が連なっています。

f:id:minamimachida0706:20170714233516j:plain

登録有形文化財の宿坊です。

f:id:minamimachida0706:20170714233541j:plain

坂の傾斜がこれ以上ないくらいよくわかります。

f:id:minamimachida0706:20170714233606j:plain

宿坊の看板は往時の様子を再現したものです。

榛名神社の参道

石鳥居

f:id:minamimachida0706:20170714233638j:plain

ここから本殿まで約15分。その間に随分といろいろな物がありそうです。

f:id:minamimachida0706:20170714233707j:plain

隋神門(重要文化財)

f:id:minamimachida0706:20170715151711j:plain

もともとは仁王門でしたが、神仏分離令により二力士が取り除かれ、隋神が置かれました。

みそぎ橋

f:id:minamimachida0706:20170715151730j:plain

下を川が流れています。

f:id:minamimachida0706:20170714233825j:plain

ここから参道は川に沿って延びていきます。

f:id:minamimachida0706:20170714233853j:plain

千本杉

f:id:minamimachida0706:20170715151813j:plain

このあたりは樹齢百年以上の杉が千本以上ある事から「千本杉」と呼ばれています。

布袋様

f:id:minamimachida0706:20170714234000j:plain

数えきれないくらい大勢の人からお腹を撫でられたことが伺えます。

三重塔

f:id:minamimachida0706:20170714234028j:plain

明治2年に再建された県内唯一の三重塔です。

神橋

f:id:minamimachida0706:20170715151844j:plain

朝日岳

f:id:minamimachida0706:20170715151905j:plain

中腹に祠があります。

東面堂

f:id:minamimachida0706:20170714234134j:plain

岩壁にはめこまれた扉は東面堂と呼ばれた建物の名残です。

瓶子(みすず)の滝

f:id:minamimachida0706:20170715151944j:plain

瓶子は神様に供える神酒を入れる器で、滝の両側の岩を瓶子岩と呼んでいることから名付けられました。

矢立杉と神幸殿(重要文化財)

f:id:minamimachida0706:20170715152014j:plain

武田信玄が戦勝祈願で矢を立てたのが矢立杉です。

神門

f:id:minamimachida0706:20170715152035j:plain

神門と双竜門が重なって見えます。

双竜門(重要文化財)

f:id:minamimachida0706:20170715152114j:plain

巨岩と巨木に囲まれた拝殿周辺

拝殿(重要文化財)

f:id:minamimachida0706:20170715152150j:plain

1806年に再建されました。

国祖社・額殿(重要文化財)

f:id:minamimachida0706:20170715152213j:plain

享保年間(1716~35)の建物で、1814年に増築されました。

神楽殿(重要文化財)

f:id:minamimachida0706:20170715152246j:plain

1764年に再建されました。

御姿岩

f:id:minamimachida0706:20170715152344j:plain

本殿の裏側にそびえたつ御姿岩です。御姿岩内の洞窟を神聖な本殿として御神体が祀られているそうです。岩がくびれたところに「おおぬさ」がありました。

f:id:minamimachida0706:20170715152412j:plain

遥か彼方にも巨岩がそそり立っているのが望めました。

重要文化財の4棟が順々に大修理に入ります

巨岩や森林といった大自然のなかに社殿がちりばめられた圧倒的な印象の神社でした。
尚、重要文化財の4棟が今年から2025年にかけて順々に大修理に入ります。完全な姿の榛名神社は修理が始まるとしばらく見ることはできなくなります。交通の便に難がある場所ですが、一度お参りされることをお勧めします。

御朱印

御朱印は授与所で頂けます。

f:id:minamimachida0706:20170715152625j:plain

「奉拝」から最後の日付まで流れるような印象的な書体の御朱印を頂きました。

 

 ◆伊香保姫を窮地から救った女性の味方である水沢観音の記事

www.goshuinbukuro.com

◆同じように神秘的なパワーを感じた場所

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

 最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると嬉しいです。

※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。