酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖老舗〗「太常うどん」は野菜の天ぷらが極上だった

今回は銀座7丁目にある太常うどん銀座本店をご紹介します。江戸時代から続く老舗の八百屋が運営するうどん屋で、うどんもさることながらトッピングとしてカウンターにずらりと並んだ野菜の天ぷらの美味さが大変に印象的でした。

さっぱりとした冷たいうどんが食べたかった

太常うどん銀座本店は築地場外市場に隣接した波除神社のお参りを終えてから向かいました。

まだ梅雨が明けていないにもかかわらず東京は連日真夏のような暑さが続いています。例年でしたら蒸し蒸しするような暑さとなるところですが、今年は暑さの質が例年と違うようで、皮膚に突き刺さってくるような刺激を感じます。こういう時はさっぱりとした冷たいうどんが最高です。

築地場外市場でラーメン屋ならいろいろありそうですが、どうやらうどん屋はなさそうです。築地周辺も含めて検索して引っかかってきたのが「太常」(だいつね)でした。

江戸時代から続く老舗の八百屋が始めたうどん屋だった

太常うどんの行列これまで築地市場には何回か来ていてもがんセンターの裏側のエリアに入り込むのは初めてです。しかし店の前にできていた行列ですぐにわかりました。

太常うどんの看板オープンしてまだ7年という事ですが、それを感じさせない貫録を感じさせる看板です。

f:id:minamimachida0706:20180429213928j:plain江戸時代から続く老舗の八百屋が始めたうどん屋ということで美味しそうな野菜も並んでいました。

店内に入るとトッピングの天ぷらがカウンターにズラリと並んでいましたが、そのほとんどが野菜の天ぷらで、讃岐うどんの定番であるとり天やちくわ天がありません。(ちくわ天はメニューには載っていますが、私が行った日にはなかった)野菜以外のものといえば煮卵の天ぷらだけでした。

スポンサードリンク

日本一受賞米 究極のコシヒカリ【美食市】

野菜の天ぷらが極上だった

かけうどんと野菜の天ぷら

当初は冷たいうどんを熱いつけ汁で食べる辛みそ肉うどんにするつもりでしたが、煮卵の天ぷら(左下)を見てかけうどんに急きょ変更しました。やはりうどんと半熟卵のコラボは最高なのです。何種類も並んでいる野菜の天ぷらの中から他に「新じゃが」(右下)と「トウモロコシ」を選びました。

煮卵を投入したかけうどん煮卵の天ぷらをかけうどんに投入して準備完了です。

うどんが少し硬かったのが気になりましたが、基本的に美味しくいただきました。

うどん以上に野菜の天ぷらの美味しさが際立っていました。新じゃがもトウモロコシも天ぷらにすることにより甘さが引き出され、これまで食べたことの無いような味になっていました。さすが老舗の八百屋だけのことはあると感心させられました。天ぷらだけでも食べにくる価値はあると思います。

太常うどん 銀座本店

住所:東京都中央区銀座7-15-17

営業時間:11:00~15:00 17:30~23:00

定休日;土・日・祝

スポンサードリンク 

※炊きたてはもちろん冷めても美味い!食感はもちろん香りが違う!コンテストで223点の中から日本一に輝いた阿部助次さんの究極コシヒカリ!詳しくはコチラ

日本一受賞米 究極のコシヒカリ【美食市】

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆築地の波除神社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆最近見つけたうどんの名店の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com