酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

鎌倉の「太陽堂」はパンチの効いた動物系+魚介系ラーメンだった

東京の西部である町田に住む私のような物が御朱印集めをするという事になるとどうしても鎌倉が主戦場になります。昨年8月に当ブログを立ち上げてからとにかく鎌倉に行く機会が増えました。

以前不動産の営業をしていた時代に川崎から茅ヶ崎まで駆け回り、「相模川から手前の神奈川は全て庭同然」と豪語していた時代もあるのですが、実はその時でも鎌倉は全くの空白地域でした。何しろ鎌倉の物件をご紹介できるようなセレブな顧客は持ったことがありませんので。

 

2年前のゴールデンウィークに鶴岡八幡宮→成就院というルートで本格的鎌倉デビューをして以来、当ブログでご紹介した神奈川県内の57件の内、何と43件が鎌倉でした。ガイドブックに掲載されるような寺社はほぼまわったと思います。

テレビで鎌倉が取り上げられている時に「ここはまだ行っていない。」ということは少なくとも寺社に関してはなくなりました。先日もとある番組で源頼朝ゆかりの地ということで補陀洛寺が紹介されていましたが、「ここ行った」と言える人はそうはいないのではないでしょうか。

しかしこれだけ通っていても「お勧めの店」ということになると実に心もとないもので、たまたま見つけた裏小町の「鎌倉みよし」くらいしかありません。善光寺、高尾山、日光と有名寺院の門前の店で玉砕を続けてきたトラウマと、いつ行っても狂ったように混んでいる小町通のあの雰囲気が鎌倉で食事をしようという気持ちをなくす原因となっていたのです。

いつまでもこの状態ではいかんということで最近は鎌倉でも新規開拓に努めているのですが、店が見つからなかったり、「このあと貸切だから」と断られたりでなかなか成果に結びつかないのが辛い所です。

 

北鎌倉の長寿寺と扇ヶ谷の海蔵寺をお参りした後、前から目を付けていた御成町の太陽堂を訪れてみました。

f:id:minamimachida0706:20170623233009j:plain

土曜日の時刻は13時過ぎという事で行列ができていないか心配でしたが、カウンターのみの店が私が入ってちょうど満卓という状況でした。

 

こちらは動物系と魚介系をブレンドしたスープで知られた店です。初めて訪れた店でいつもするように基本メニューである「らーめん」を注文しました。

f:id:minamimachida0706:20170623233036j:plain

見るからに濃厚そうなスープです。動物系+魚介系ラーメン特有の複雑でパンチの効いた味わいが中太のモチモチした麺によく絡んで大変おいしく頂きました。こちらの店のモチモチ感が私は一番好きです。これ以上硬いと名古屋の味噌煮込みうどんのようになってしまうし、柔らかくなるとスープに負けてしまいます。この位がちょうどいい硬さではないかと思いました。

 

店内は空調というものがまったくないようで、窓を全開にして営業していました。この日は真夏を思わせる天候だったため、満席だったカウンターが空いてくると皆さん道路側の席に移動していました。陽気なご主人の湘南を思わせる開放的な店でした。

太陽堂

住所:鎌倉市御成町10-8

営業時間:11:30~20:00

定休日:水曜日

アクセス:鎌倉駅西口徒歩2分

 

◆鎌倉で一番お勧めできる「鎌倉みよし」の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

◆麺類ネタで常に一番人気の「まる彦」の「みさみさセット」の記事

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。