酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

【御朱印】海蔵寺を象徴する「十六の井戸」が掘られた目的はわかっていない

先日期間限定公開の長寿寺のお参りを終えてから亀ヶ谷坂を下り、海蔵寺をお参りしてきました。

以前覚園寺をお参りした際に「古都鎌倉十三佛霊場」というものが存在することを知ったのですが、よく見るとその内の十二寺は既にお参りしていて、唯一海蔵寺だけまだであることを知りました。このことが心の中に引っかかっていたため、北鎌倉の北鎌倉の長寿寺の次に扇ヶ谷の海蔵寺という少々強引なルートを選択することとなったのです

風光明媚な渓間の道を扇ヶ谷の最北まで進んだところに海蔵寺は位置しています。

f:id:minamimachida0706:20170622225309j:plain

初夏に色づく紅葉というものもあるのですね。

f:id:minamimachida0706:20170622225340j:plain

この地にはもともと真言宗の寺院があったのですが1253年に七堂伽藍をもつ臨済宗建長寺派の寺院が建てられました。しかし鎌倉幕府滅亡に伴う混乱の中で焼失します。その後1394年に鎌倉公方足利氏満の命により再建されました。

1791年の資料によれば主な建物の配置は現在とほとんど変わっていないようです。

 

海蔵寺の山門です。

f:id:minamimachida0706:20170622225405j:plain

山門をくぐると左手に仏殿(薬師堂)があります。1776年に浄智寺から移築したものです。

f:id:minamimachida0706:20170622225432j:plain

ここに祀られている薬師如来像の胎内には土中から発掘されたという古い仏面が納められています。

ある年毎夜のように赤子の鳴き声が聞こえてくるため、開山の源翁禅師が発信源を辿ると古ぼけた墓石の下から聞こえてきました。しかも墓石からは金色の明かりが漏れ、周囲には芳香が漂っているではないですか。

禅師が経を読み袈裟で墓を覆うと鳴き声がやみました。翌朝そこを掘ってみると薬師如来の御顔がでてきたということです。この御顔は61年ごとに御開帳されます。

 

本堂です。関東大震災で倒壊したのち再建されたものです。

f:id:minamimachida0706:20170622225505j:plain

本堂の裏にある非公開の庭園です。立ち入りが許されるギリギリのところに立つと辛うじてのぞき見できました。

f:id:minamimachida0706:20170622225535j:plain

庫裏です。1785年の建物で、鎌倉を代表する庫裏建築の一つです。

f:id:minamimachida0706:20170622225612j:plain

海蔵寺はよく手入れされた境内に咲く四季の花の美しいことでも知られています。

f:id:minamimachida0706:20170622225648j:plain

鐘楼にも花が植えられていました。

f:id:minamimachida0706:20170622225726j:plain

境内の様子で、中央の赤い傘が印象的です。

f:id:minamimachida0706:20170622225804j:plain

ここには十六井戸の案内が書かれていました。

f:id:minamimachida0706:20170622225857j:plain

境内脇のトンネルの先に海蔵寺を象徴する十六の井戸があります。

f:id:minamimachida0706:20170622225933j:plain

ここが十六の井戸の入口です。境内の南隅の岩窟の中にあります。

f:id:minamimachida0706:20170622230003j:plain

窟の中央に観音菩薩像と弘法大師像を祀り、直径70㎝、深さ50㎝程度の穴が縦横4つずつ並んでいて、水が枯れることがありません。

f:id:minamimachida0706:20170622230037j:plain

何のために掘られたかは不明だそうです。

 

「水の寺」として知られる海蔵寺にはもう一つ有名な井戸があります。山門脇にある鎌倉十井の一つである「底抜の井」です。

f:id:minamimachida0706:20170622230158j:plain

中世の武将の娘である千代能がここに水を汲みに来た際に桶の底が抜けてしまい、それによって心の底かぬけてわだかまりが解け、悟りが開けたという井戸です。

「千代能がいただく桶の底抜けて水たまらねば月もやどらず」と歌を詠んだことからこの名前になったといわれています。

 

御朱印はこの鐘を静かに叩いてお願いします。

f:id:minamimachida0706:20170622230246j:plain

f:id:minamimachida0706:20170622230354j:plain

品格を感じさせられる御朱印を頂きました。

 

◆鎌倉で頂ける魅力的な御朱印の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

  最後までお読みいただきありがとうございます。