酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗長寿寺は鎌倉で最大の穴場スポットである

今回は北鎌倉の穴場中の穴場である長寿寺をご紹介します。紅葉とあじさいの時期の週末だけ限定で公開するという鎌倉でも珍しい寺院で、明月院や建長寺の混雑と比べると別世界のような静かな環境で美しい庭園を鑑賞することができます。私個人としては鎌倉最大の穴場スポットだと思っています。

有名寺院の近隣にある超穴場スポットの長寿寺

あじさいが見頃となった時期の週末です。予想通り北鎌倉駅からは大勢の観光客が線路沿いの道を進んでいきます。

明月院に向かう人々

その大半の人たちは別の参道の方へ折れ曲がっていきました。

鶴岡八幡宮へ向かう坂道が亀ヶ谷坂と分岐する手前に長寿寺があります。

長寿寺の階段

ここを歩いている人々のほとんどは建長寺に向かって坂を上って行ってしまい、この階段を上る人はほんの数人でした。少しばかり優越感を感じます。

長寿寺の御朱印

御朱印所

御朱印は本堂内でいただけます。

志納金300円

御朱印

御朱印

しっかりと腰の据わった御朱印です。

スポンサードリンク

開運の護符・霊符販売【開運】商品の決定版:手書き護符

鎌倉最大の穴場スポットである長寿寺の境内

長寿寺の山門です。

長寿寺の山門

長寿寺の本堂です。

長寿寺の本堂

長寿寺はもともと足利尊氏が自ら屋敷としていた場所に1336年に創建したものです。尊氏の死後鎌倉公方足利基氏が父の菩提を弔うために伽藍を整備しました。境内には尊氏の遺髪を埋めた墓地があります。

 

境内の案内図

まずは本堂に上がってお参りします。本堂内に御朱印所があるのでいったん御朱印帳を預け、いよいよ庭園の鑑賞です。

向かって右の建物が本堂です。そして渡り廊下を渡った左の建物が書院です。

本堂と書院

書院の縁側から見た庭園です。

庭園

書院に直交する角度で向かって左に小方丈があります。

小方丈

小方丈から見た庭園です。

庭園

庭園

再び書院に戻り、こんどは山門方向の庭園を鑑賞しました。

山門方向の庭園

書院の内部です。

書院の内部

ここで御朱印帳をいただき、今度は建物周辺を散策しました。

室町時代の建物を奈良から移築した観音堂です。

観音堂

足利尊氏の墓は京都の等持院と長寿寺の2か所にあります。

足利尊氏の墓への案内

西御門の源頼朝の墓は知られていますがこちらはほとんど知られていないのではないでしょうか。

足利尊氏の墓

歴史上の人物の中で最も評価が難しいのが尊氏ではないでしょうか。「戦争には強いが政治的センスはまるでない」という記述を見た時には笑ってしまいました。

 

ここから先も亀ヶ谷坂に面した出口まで美しい光景が広がっていました。

美しい光景

美しい光景

美しい光景

北鎌倉の穴場で静かに美しい庭園を鑑賞しよう

寺社の庭園としては古峯神社に隣接した古峯園が最も見事だったと思っていますが、長寿寺の庭園もそれに匹敵するものがありました。

長寿寺が公開されるのは春季(4月~6月)秋季(10月~11月)の金・土・日・祝だけです。限定公開ということであまり多くの方には知られていないようで、土曜日にもかかわらずそれほど混雑はしていません。昨年のこの時期訪れた明月院が平日にもかかわらず朝の渋谷駅のような状況であったのに比べると雲泥の差がありました

貼り紙「室内ではお静かに」という貼り紙があちこちにあり、中には職員から注意されている人がいるなど、静かに庭園を鑑賞することが出来るよう最大限に配慮されていました。

スポンサードリンク

※「一枚一枚」「全身全霊」を込めて筆書きした護符。心願の成就の希望に向かってさらなる力を授けます。護符で成功した体験談とは?詳しくはコチラ☟

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆鎌倉の寺院で楽しめる美しい庭園まとめ

www.goshuinbukuro.com

◆どこも大変に魅力的な北鎌倉の寺院

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com