酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖熱田~伊勢〗猿田彦神社のグレードの高そうな御朱印

今回は猿田彦神社の御朱印とみどころをご紹介します。0泊3日の強行軍で熱田神宮、伊勢神宮外宮、内宮とまわり、そのあとが猿田彦神社です。この先月讀宮、倭姫宮、月夜見宮とまわる予定です。

内宮の最寄りの神社であるためお伊勢参りの際はセットでお参りすることが多いようです。天孫降臨の際に高千穂までの道案内を務めた猿田彦大神を祀っているため、みちひらきの神とされています。

 

神話の要所要所で登場する「みちひらき」の神

猿田彦神社は内宮の近くに位置しているため伊勢神宮とセットのような存在となっています。おはらい町通りの入り口に近く、まさに聖なる空間の入り口のような場所に位置していました。

猿田彦神社の社号標

御祭神である猿田彦大神は「みちひらき」の神とされています。天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を出迎え、天宇受賣命(あめのうずめのみこと)と共に高千穂までご案内したのが猿田彦大神です。案内を終えると猿田彦大神は伊勢の五十鈴川河畔の地に鎮座しました。
後に倭姫命が御神体の「八咫鏡」を祀る地を求めて各地を巡幸した際、猿田彦大神の子孫の太田命が五十鈴川上流の地をお勧めした結果この地に皇大神宮が造営されました。そのため猿田彦神社は物事の始まりの際に道標となってくれる神様とされています。

猿田彦神社のグレードの高そうな御朱印

御朱印所

御朱印所は社務所です。こちらでは猿田彦神社と佐瑠女神社の2種類の御朱印を頂けますが、佐瑠女神社に関してはこちらから言わないといけないようです。(特に案内もなかった)

初穂料300円

御朱印

何も言わなかったため猿田彦神社の御朱印のみとなりました。

猿田彦神社の御朱印朱印と「奉拝」と日付だけというシンプルな御朱印です。伊勢神宮や熱田神宮、出雲大社といったグレードが高い神社によく似た御朱印を頂きました。

 

猿田彦神社のみどころ

拝殿

猿田彦神社の拝殿

 古殿地の方位石

猿田彦神社の古殿地に置かれた方位石

昭和11年まで御神座のあった神聖な場所です。

たから石

蛇が乗っているように見えるたから石

舟型の石は宝船を連想することから縁起がよいとされていますが、この石は蛇が乗っているように見えるという事で特に縁起がよいとされています。

さざれ石

猿田彦神社のさざれ石歳を重ねて成長すると将来は岩になるという、これも大変に縁起の良い物です。

佐瑠女神社

佐瑠女神社の社殿

猿田彦大神の妻である天宇受賣命を祀っています。

天宇受賣命は天照大御神を岩戸から出すために神楽を舞った逸話で知られており、天孫降臨の際は猿田彦大神と共に先導役を務めました。そういったことから芸能関係や縁結びを求める人々の信仰の対象となっています。

子宝池

宇治土公家の産霊神が祀られる子宝池

猿田彦大神の直径の子孫とされる宇治土公家の産霊神が祀られています。

御神田

猿田彦神社の御神田

毎年5月5日には豊作を祈って早苗を植えるお祭である「御神田祭」がおこなわれ、これは初夏を告げる伊勢の風物詩となっています。

本居宣長墨跡

猿田彦神社の本居宣長墨跡

江戸時代の国学者である本居宣長が参宮した際に宮司の宇治土公家に宿泊し、その際詠んだものです。「神代より神の御末とつたへ来て名くはし宇治の土公わがせ」と記されています。

 

猿田彦神社のお参りを終え、この後伊勢神宮の別宮である月讀宮に向かいました。ここから先が大変でした。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆「熱田・伊勢の旅①」熱田神宮の記事

www.goshuinbukuro.com◆「熱田・伊勢の旅②」伊勢神宮外宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅③」伊勢神宮内宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅⑤」月讀宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅 ⑥」倭姫宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅⑦」月夜見宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆「熱田・伊勢の旅⑧」二見興玉神社の記事

www.goshuinbukuro.com