酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

松屋の「ごろごろチキンカレー」が期間限定で本日大復活した!

最近御朱印と麺類にばかり一生懸命になっていて激辛カテゴリーはすっかりお留守にしていましたが、本日思いがけないことにYAHOOトップ画面の「話題なう」に心躍る情報を発見してしまいました。何と松屋の「ごろごろチキンカレー」が復活したというのです。

 

本来牛丼屋であるはずの松屋のカレーが実は本格的で美味いということは当ブログでも以前ご紹介しました。昨年の4月に町田駅前で「ごろごろチキンカレー」の看板に惹かれて食べてみたのが松屋のカレーとの出会いですが、単なる牛丼屋のサイドメニューというようなものではなく、神保町の専門店にも決して引けをとらないようなスパイスの効いた本格的な味わいでした。

「ごろごろチキンカレー」は期間限定であったため程なくメニューから姿を消し、それ以降は仕方なく「ハンバーグカレー」で自分を納得させてきました。しかし鶏もも肉がごろごろしていた「ごろごろチキンカレー」ほどは心躍るものではなく、いつしか麺類のネタ探しのためのラーメン屋やうどん屋の新規開拓に熱中してしまい、激辛カテゴリーは当ブログにおける完全な過疎地となってしまいました。

 

そのような状態の時に飛び込んできたのがこのニュースです。さっそく近所の松屋に行ってきました。

f:id:minamimachida0706:20170621155755j:plain

今回は「ごろごろチキン煮込みカレー」という名前になっていました。

f:id:minamimachida0706:20170621155810j:plain

生野菜セットの普通盛です。

f:id:minamimachida0706:20170621155827j:plain

その名の通り鶏肉がごろごろしていて、数を数えたらなんと8個入っていました。鶏の甘辛味噌定食で仕入れた肉を流用していることは明らかですが、美味ければ何でも許します。

松屋ですからやはり味噌汁が付いていますが、よく見ると何とお椀に蓋が付いていました。

 

松屋のカレーについてはチマチマとスプーンですくってご飯にかけるようなことはしません。いつものようにカレー皿の中身を全てご飯の上に注ぎます。

f:id:minamimachida0706:20170621155849j:plain

チキンカレーというよりカレー味のチキンといったような眺めとなりました。これで準備は完了で、あとは食べるのみです。

 

店頭に貼られたポスターには「このメニューは辛いメニューです」と注意書きがありましたが、私にとってはスパイスが程よく効いていて濃厚な味わいでした。鉄板で焼き上げた鶏もも肉がよく合っています。普通このようなカレーを食べる時は肉を食べるペース配分が重要になりますが、これだけ沢山入っているとそんなことを考える必要はありません。下手をするとご飯がなくなって肉だけ残るという事もあり得ます。

 

松屋のカレーというとどうしても前回酷評した味噌汁のことを考えなければなりません。とりあえずカレーを全部食べ終わってから味噌汁だけ別に味わおうかとも思っていましたが、終盤になって気が変わりました。カレーと味噌汁は合わないとやはり思いましたが、昨年感じたほどの違和感はありませんでした。ひょっとすると味噌汁に合うカレーということで松屋も研究しているのかもしれません。

 

期待していた通り大変に美味しいカレーでした。期間限定というスタイルで定期的に出現させるのは恐らく松屋としての戦術でしょうから、食べられる間にしっかりと通うしかなさそうです。

 

◆辛いものといったらやはりこれ

www.goshuinbukuro.com

◆「話題沸騰」あの藤井四段の勝負メシである豚キムチうどんを食べてみた

www.goshuinbukuro.com

◆当ブログの本筋である御朱印ネタも読んでいただけるとうれしいです。

www.goshuinbukuro.com

 最後までお読みいただきありがとうございます。