酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗吉原神社は遊郭の守護神だが遊女の悲劇の場でもあった

「遊女の投げ込み寺」として知られた浄閑寺のお参りを終えてから遊郭の守護神であった吉原神社へ向かいました。

 

かつて浄閑寺から音無川の排水路として山谷堀が延びていて、待乳山聖天のあたりで隅田川とつながっていました。堀に沿ってずっと土手があり、吉原へ行くためには必ず通らなければならないため、「吉原土手」「通いなれたる土手八丁」などと呼ばれていました。山谷堀は現在埋め立てられ土手の痕跡は全くありませんが、三ノ輪2丁目交差点で明治通りから分岐した道が「土手通り」という名前となっています。

f:id:minamimachida0706:20170624105916j:plain

吉原が唯一地名として残っている「吉原大門」交差点です。

f:id:minamimachida0706:20170624110005j:plain

游客がここで身なり整えることに由来する衣紋坂です。遊郭が外部から見えないようS字カーブとなっています。

f:id:minamimachida0706:20170624110038j:plain

かつて吉原の唯一の出入り口である大門があった場所です。

f:id:minamimachida0706:20170624110117j:plain

街の中心部を貫く道を進むと吉原神社に到着しました。

f:id:minamimachida0706:20170624110151j:plain

本殿です。

f:id:minamimachida0706:20170624110235j:plain

かつて吉原には遊郭の守護神として入り口と四隅に5つの稲荷神社が置かれていました。

⓵玄徳稲荷社②榎本稲荷社③明石稲荷社④開運稲荷社⑤九郎助稲荷社

f:id:minamimachida0706:20170624110303j:plain

明治5年にこれら5社を合祀して吉原神社と名付け、①の玄徳稲荷社の場所にお祀りしましたが関東大震災にて焼失してしまいます。昭和9年に現在の地に新社殿を造営し、その際に吉原弁財天も合祀しました。

 

恋い焦がれている人に初めて会うという意味を持つ御神木の逢初桜です。

f:id:minamimachida0706:20170624110332j:plain

境内社の「お穴さま」です。地中で神社の敷地を護る神様です。

f:id:minamimachida0706:20170624110410j:plain

浅草出身の俳人である久保田万太郎の句碑です。

f:id:minamimachida0706:20170624110446j:plain

吉原今昔図が貼りだされていました。大変参考になります。

f:id:minamimachida0706:20170624110523j:plain

吉原神社から先、街の中央を貫く道は再びS字にカーブします。

f:id:minamimachida0706:20170624110606j:plain

徒歩1分ほど先の飛び地に吉原弁財天本宮があります。

f:id:minamimachida0706:20170624110656j:plain

江戸時代初期までこの辺りは湿地帯で多くの池が点在していましたが、遊郭が造成された際もこの地の池は残り、いつしか池畔に弁天祠が建てられました。

関東大震災においては逃げ場を失った遊女がこの池に殺到し、490人もの溺死者が発生する悲劇の舞台となります。

 

震災の殉難者を慰霊する観音像です。

f:id:minamimachida0706:20170624110733j:plain

吉原弁財天本宮の社殿です。東京芸大の学生による壁画が描かれています。現在吉原弁財天は吉原神社に合祀されているため、吉原神社をお参りすれば弁財天もお参りしたことになります。

 

かつて悲劇の舞台となった池はビル建設のために埋め立てられ、現在はかすかな名残を残すのみとなっています。

f:id:minamimachida0706:20170624110806j:plain

吉原遊郭の歴史を長くとどめることを目的に建てられた「花吉原名残碑」です。

f:id:minamimachida0706:20170624110839j:plain

 

吉原神社の社務所で神社と弁財天両方の御朱印を頂くことができます。

f:id:minamimachida0706:20170624110907j:plain

哀しくも美しい御朱印を頂きました。江戸というものを語る上でどうしても避けて通れない吉原遊郭に関しては別の機会にしっかりとまとめてみたいと思います

◆遊郭で亡くなった遊女が投げ込まれた浄閑寺の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

◆すぐ隣なのに雰囲気が真逆の鷲神社の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

  最後までお読みいただきありがとうございます。