酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗深大寺の白鳳仏は国宝指定された途端に撮影禁止になった

この度深大寺の銅造釈迦如来倚像(白鳳仏)が新たに国宝に指定されました。深大寺は既にお参りして御朱印も頂いておりましたが、三種類頂けるうち白鳳仏のものについては「新国宝指定」の限定御朱印を頂けるという事で、改めてお参りしてきました。

 

私は学生時代までは京王線を日常的に利用していた関係で深大寺という名前には親しみがありましたが、駅からかなり遠いというイメージがあってお参りしたことはありませんでした。仕事で日常的に通っていた鶴川街道が一体どこまで延びているのか地図を辿ってみたら深大寺にたどり着き、それなら行ってみようと思ったのが昨年の5月です。

本堂や元三大師堂という木造の由緒ありそうな建物を続けて拝観した後、それらと全く様子の違う博物館のような建物にたどりつきました。それが釈迦堂で、ガラスの向こうに安置されていたのが当時まだ重要文化財であった白鳳仏です。やはり普通の仏像とは違う「ただものではない」雰囲気に満ちていました。

後にこのようなブログを始めるとは予想だにしていなかったため、当時は寺社をお参りする際に写真などほとんど撮っていませんでしたが、この白鳳仏だけは撮影禁止の表示がないことを念入りに確認したうえでスマホで撮影しました。

平日という事もあって釈迦堂内は閑散としていてお寺の職員も誰もおらず、のんびりとした雰囲気の中で好きなだけ拝むことが出来たものです。

 

正式に国宝指定された白鳳仏は国立博物館で開催された「新指定国宝・重要文化財展」に出品されていましたが、深大寺に帰ってくるのに合わせて再びお参りしてきました。

深大寺の配置図です。

f:id:minamimachida0706:20170625135826j:plain

寺院と土産物屋、そば屋がコンパクトにまとまっていて、何やら映画村のような雰囲気でした。

f:id:minamimachida0706:20170625135901j:plain

f:id:minamimachida0706:20170625135936j:plain

国宝指定を祝うのぼりや垂幕をいたるところで目にしました。

f:id:minamimachida0706:20170625140011j:plain

深大寺の山門です。

f:id:minamimachida0706:20170625140114j:plain

深大寺は奈良時代の733年に満功上人により開山された浅草寺に次ぐ歴史のある寺院です。満功上人の父福満がとある豪族の娘と恋に落ちますが、娘の両親の反対にあって娘は湖上の島に隔離されてしまいます。そこで福満は深沙大王に祈願したところ霊亀が現れ,彼を島へ連れて行きました。これには娘の両親も折れて二人の仲を許し,そして生まれたのが満功上人です。父の願いに従って上人が深沙大王を祀ったのが深大寺です。なんともロマンティックな話であることから深大寺は縁結びの寺として知られています。

深大寺は1646年と1865年に火災に遭い、特に1865年には建物の大半を失いましたが、この山門はその時の災禍を逃れることができました。

 

深大寺本坊旧庫裡です。幕末に再建された台所棟になります。都内では貴重な茅葺屋根の大建築です。

f:id:minamimachida0706:20170625140153j:plain

f:id:minamimachida0706:20170625140247j:plain

f:id:minamimachida0706:20170625140320j:plain

深大寺の本堂です。

f:id:minamimachida0706:20170625140407j:plain

元三大師堂(がんさんだいしどう)です。

f:id:minamimachida0706:20170625140443j:plain

開山の満功上人を祀る開山堂です。

f:id:minamimachida0706:20170625140529j:plain

例年ゴールデンウィークに満開となる「なんじゃもんじゃの木」です。まるで雪が降り積もったかのような真っ白な花が咲き乱れるそうです。

f:id:minamimachida0706:20170625140602j:plain

さていよいよ新国宝を祀る釈迦堂へと向かいます。

f:id:minamimachida0706:20170625140638j:plain

 

平日にもかかわらずかなり混んでいました。「撮影禁止」という表示があちこちに貼られ、職員の方が目を光らせていました。昨年のようなのんびりとした雰囲気は全くなく、やはり国宝となると違うようです。

f:id:minamimachida0706:20170625140714j:plain

しかたがないので撮影禁止となる以前に撮影した写真を貼ります。

f:id:minamimachida0706:20170625140756j:plain

延命観音です。

f:id:minamimachida0706:20170625140824j:plain

奥の大石に延命観音の像が描かれています。昭和41年に秋田県の象潟港の工事の際に海底から引き揚げられ、深大寺に寄進されたものです。

f:id:minamimachida0706:20170625140856j:plain

御朱印は元三大師堂で頂けます。

f:id:minamimachida0706:20170527230555j:plain

f:id:minamimachida0706:20170527230625j:plain

白鳳仏については新国宝指定の印の押してあるものを今回改めて頂きました。

f:id:minamimachida0706:20170527230659j:plain

昨年はすぐに書いて頂いた記憶があるのですが今年は30分待ちでした。「国宝」というものの威力の凄さを感じました

 

◆国宝の魅力を堪能できる寺社の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

 

 最後までお読みいただきありがとうございます。