酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖必見!〗浄光明寺の芸術的御朱印と年に一日だけ公開される裏庭

今回は浄光明寺の御朱印をご紹介します。住宅街の中に位置する小さな寂れた寺院に見えますが、もともとは北条氏や足利氏の庇護を受け鎌倉でも有数の大寺院で、鎌倉幕府滅亡以降の激動の中を現在まで生き抜いてきた寺院です。凝灰岩質の山腹から削りだして造成された三段に渡る敷地には様々な見どころがあり、境内全体が国の史跡に指定されています。梅が咲く頃に開催される梅鎌倉寺社特別参拝においては、ブラタモリでも紹介された非公開の裏庭を鑑賞できます。

浄光明寺の激動の歴史

赤橋流北条氏の菩提寺

浄光明寺は1251年に鎌倉幕府第6代執権の北条長時により創建された寺院で、後に北条氏の中でも赤橋流と言われる家系の菩提寺となりました。もともと北条氏の屋敷だったものを寺としたようです。鎌倉時代に2度の火災に見舞われましたが、幕府の支援によりその都度再興されています。

特定の宗派にとらわれない「書宗兼学」の寺院として多くの高僧が集い、最盛期には数百人の僧がいたと伝えられています。

浄光明寺敷地絵図(重要文化財)

浄光明寺敷地絵図平成12年に鎌倉市内の旧家で発見されたもので、鎌倉幕府滅亡直後に寺領の確認を新政権に求めるために作成されたと考えられる絵図で、全盛期の境内の様子がはっきりと描かれています。

敷地の境界部分に太線が引かれて三角形のマークが描かれていますが、これは足利尊氏の従兄弟である足利重能の花押です。

山門に面した緩やかにカーブした道など、絵図に描かれた鎌倉時代の地形はほぼそのまま現在まで残されています。

足利氏による庇護

足利尊氏が赤橋守時の妹婿であったことから、浄光明寺は鎌倉幕府滅亡後は足利氏の庇護を受けました。

幕府滅亡直後の鎌倉は尊氏の弟の直義が治めていましたが、最期の執権であった北条高塒の遺児である時行による反乱の際、直義は現在の鎌倉宮の地に幽閉されていた護良親王を殺して鎌倉から逃亡します。乱の鎮定のため鎌倉に向かった尊氏は直義と合流して時行を討伐しますが、その後出された後醍醐天皇からの上洛命令を無視して蟄居した場所が浄光明寺です。

護良親王を殺したことに対する謝罪と謹慎という体裁をとっていますが、その一方で後醍醐天皇方の新田義貞を挑発します。後に義貞討伐を大義名分として出陣し、最終的に後醍醐天皇まで打倒して建武の新政を崩壊させました。

荒廃と再興

室町時代後半以降、鎌倉の他の寺院と同様に浄光明寺は荒廃し、住職もおらず本堂さえ失われてしまうような状態でした。しかし1668年に仏殿が再興され、その後数度の復興を経て現在に至っています。

浄光明寺の芸術的御朱印

御朱印所

御朱印は客殿向かって左手の庫裏で頂けます。

志納金300円

御朱印

御朱印

覚園寺と同様に「達筆の極み」といった風の御朱印です。

スポンサードリンク

開運の財布

浄光明寺の境内

境内配置図

浄光明寺の境内配置図浄光明寺敷地絵図の仏殿の場所に客殿、僧堂の場所に庫裏、庫院の場所に不動堂、慈光院の場所に仏殿という配置になっています。

山門

浄光明寺の山門もともと英勝寺の惣門として17世紀半ばに建てられたもので、大正15年に移築されてきました。

客殿

浄光明寺の客殿手前が愛染明王を祀った客殿、奥が庫裏です。

不動堂

浄光明寺の不動堂1745年に建てられたもので、八坂不動と呼ばれる不動明王像を祀っています。

石段

="浄光明寺の仏殿までの石段"仏殿と収蔵庫は凝灰岩を削り出して造成した上部のスペースにあり、そこまでは石段を上がります。ここから上の拝観は木、土、日、祝だけです。(雨天中止)

仏殿

浄光明寺の仏殿1668年に建立されました。手前の槇の木は市の天然記念物です。

収蔵庫

浄光明寺の収蔵庫国の重要文化財である阿弥陀三尊像が安置されています。中央に阿弥陀如来、両脇に観世音菩薩と勢至菩薩像が祀られていますが、かなりの大きさです。寺が荒廃して本堂が失われていた間に祀られていた場所については全くの謎なのだそうです。

年に一日だけ公開される「裏庭」

「僧侶と巡る特別参拝」の看板2月から3月にかけて鎌倉では様々な寺社で「梅かまくら寺社特別参拝」が開催されますが、浄光明寺においては「僧侶と巡る特別参拝」ということで、境内の全ての施設を住職による説明付きで拝観することができます。

往復はがきによる当選通知浄光明寺の場合は往復はがきによる事前申し込みが必要で、先着順で30名までとなっています。

浄光明寺の裏庭はNHKの「ブラタモリ」でも取り上げられた「知る人ぞ知る」名園ですが、日頃は非公開であり年に一度だけ、この特別参拝時においてのみ公開されます。

岩を削って造園したものとしては瑞泉寺の庭園が有名ですが、私の個人的感想としては瑞泉寺以上の美しさであったように思います。

浄光明寺の裏庭

写真も撮らせていただきましたが「SNSに投稿しない」という条件付きであったため、ご紹介できるのはここまです。

スポンサードリンク 

※「開運はお財布から」色々開運に関するお財布があるけれども、ここのお財布は正真正銘ホントに運気が上がったという人がごろごろいるらしい。詳しくはコチラ ☟

★最後までお読みいだだきありがとうございます。
 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真が良くわかります。
 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆鎌倉の寺院で楽しめる美しい庭園まとめ

www.goshuinbukuro.com

◆同じく一年で一日だけ公開される海蔵寺庭園

www.goshuinbukuro.com

◆足利尊氏ゆかりの寺院

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com