酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗英勝寺は人力車夫が選ぶ鎌倉裏デートスポットである

薬師ヶ谷の覚園寺の後は扇ヶ谷の英勝寺をお参りしました。

英勝寺は徳川家康の側室として知られるお勝の方(英勝院)が先祖の供養と自身の後生を祈るために1636年に創建した寺院です。明治になって縁切り寺として知られる東慶寺が尼寺としては終焉したため、英勝寺は鎌倉に残る唯一の尼寺であり、創建当時の建物がそのままの状態で数多く残されている貴重な寺院です。

英勝寺の総門です。通常は閉じられていて出入りできません。

f:id:minamimachida0706:20170626163032j:plain

閉じられている総門に変わりこのような洋風の門が入り口となっていて、少し意外な感がありました。

f:id:minamimachida0706:20170626163051j:plain

まぶしいばかりの新緑が大変に綺麗でした。

f:id:minamimachida0706:20170626163117j:plain

鎌倉では英勝寺にしか存在しない袴腰造りの鐘楼です。英勝院の一周忌に建立されたもので、国の重要文化財です。

f:id:minamimachida0706:20170626163139j:plain

同じく英勝院の一周忌に建立された総門です。関東大震災の際に全壊して後に建て直されたもので、国の重要文化財です。

f:id:minamimachida0706:20170626163200j:plain

1636年に英勝院により創建された国の重要文化財である仏殿です。

f:id:minamimachida0706:20170626163228j:plain

徳川家光が寄進した運慶作の阿弥陀三尊立像が安置されており、お堂の窓を開けてこれを拝む大変に珍しいシステムとなっています。

f:id:minamimachida0706:20170626163306j:plain

扇ヶ谷はもともと源頼朝の父義朝の屋敷が建っていた場所で、後に北条政子が寿福寺を建立するなど鎌倉幕府と結びつきの強いエリアでしたが、江戸城の築城で知られる太田道灌の屋敷も後にここに建てられました。

豊臣秀吉により江戸に移された徳川家康は関東に拠点を築くために地元で名門とされる家柄の末裔を積極的に招きました。源氏であることを自称していた家康にとって鎌倉は先祖の地という事になり、道灌が暗殺されて以降没落していた家の娘であったお八は道灌の子孫であるという事で家康に迎えられ運命が大逆転します。

お八は名をお梶と改め戦場にまで従うようになりますが、お梶が来ると戦に勝つということでお勝という名を与えられ、家康の寵愛を受けました。

家康が家臣と談笑している際に「美味い物、不味い物」という話題になった時、「どちらも塩」と答えた逸話があります。「どんな食べ物でも塩で味を調えなければ美味くならず、かといって入れ過ぎれば不味くて食べられない」という内容に家康は大層感心したといいます。

 

境内にはこのような鎌倉特有の地形も見られます。

f:id:minamimachida0706:20170626163337j:plain

左手が三霊社権現の洞窟です。

f:id:minamimachida0706:20170626163357j:plain

右手の階段を上った場所に祀られている石像です。

f:id:minamimachida0706:20170626163414j:plain

国の重要文化財の唐門です。

f:id:minamimachida0706:20170626163505j:plain

唐門の奥には華麗な色彩装飾が施された祠堂が鞘堂に収まるかたちで建っています。祠堂は徳川光圀により建てられたもので、英勝院の位牌が納められています。

f:id:minamimachida0706:20170626163531j:plain

お勝の方は後に水戸藩初代藩主の頼房の養母として水戸徳川家の基礎を築きます。家康が亡くなると出家して英勝院と称し英勝寺を創建するのですが、水戸頼房の娘が初代住職として入寺して以降、水戸家の姫君が代々住職を務めることとなりました。水戸家出身の住職は6代で跡絶えますが、それ以降も英勝寺は水戸家の御寺として歴史を重ねてきました。

徳川家の影の権力者として春日局が知られていますが、英勝院の序列は春日局より上位にあったといわれ、それだけ徳川家において大切な存在であったという事ができます。

 

これを見たら行かない訳にはいきません。

f:id:minamimachida0706:20170626163557j:plain

確かに美しい竹林でした。

f:id:minamimachida0706:20170626163626j:plain

f:id:minamimachida0706:20170626163645j:plain

竹林に隣接した書院です。抹茶席が用意されることもあるようです。

f:id:minamimachida0706:20170626163717j:plain

御朱印は入り口で頂けます。最初に御朱印帳を預け、拝観終了後に受け取る仕組みです。

f:id:minamimachida0706:20170526002519j:plain

独特の味わいのある御朱印を頂きました。

 

英勝寺は妙本寺でも触れた「人力車夫が選ぶ鎌倉の裏デートスポット」で第2位にランクされた場所です。扇ヶ谷は御朱印集めを始めた初期の頃に寿福寺をお参りしただけでほとんど空白地域に近かったのですが、これまで素通りしていた場所にこんな素敵な空間があったことに驚かされました。鎌倉はそろそろ切り上げて他の地域に重点を移そうかと思っていましたが、鎌倉を極めるまでまだまだ時間がかかりそうです。

 

 ◆鎌倉の奥深さを知るために是非お勧めしたい寺院 

minamimachida0706.hatenablog.com

minamimachida0706.hatenablog.com

◆書くことがいっぱいあってまとめるのに苦労した浄光明寺の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございます。